So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

わたしの容れもの [本]

10月23日(月)
角田光代『わたしの容れもの』(幻冬舎)読了。

わたしの容れもの

わたしの容れもの

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2016/05/26
  • メディア: 単行本


小説家・角田光代の、「身体」「加齢」「健康」をテーマにしたエッセイ集。
「星星峡」2012年9月号~2013年11月号、「幻冬舎plus」2013年11月~2015年4月に連載されたもの。

角田光代氏の本はこれが78冊目。
角田氏は1967年生まれで、僕の6歳下。
よってこの本は、角田氏が45歳から48歳の間に書かれた。
まさに加齢による変化が出始める時期だ。
四十肩や味覚の変化など、身に覚えのある話がいっぱい出てくる。
これから、という人にはきっとためになると思う。

10時より、キャラメルボックス俳優教室卒業公演『クローズ・ユア・アイズ』の稽古。
11・12場の半立ち稽古をしました。
14時より、文化庁+日本劇団協議会『ケンジ先生』の稽古23日目にして最終日。
歌・ダンス・パフォーマンスの復習をして、16時より、第四回通し稽古。
役者たちに大分余裕が出てきて、ミスはほとんどナシ。
充実したおもしろい芝居になりました。
上演時間はちょっとだけ短くなって、1時間37分44秒。
稽古でやれることはすべてやり切ったと思います。
明日はいよいよ小屋入り。
10時から仕込みです。
中野ポケットスクエアのテアトルBONBONは、旋風計画(アネモイプロジェクト)で使ったことがありますが、脚本・演出として乗り込むのはこれが初めて。
10月26日の初日に向けて、さらに頑張ります!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

劇場 [本]

10月22日(日)
又吉直樹『劇場』(新潮社)読了。

劇場

劇場

  • 作者: 又吉 直樹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/05/11
  • メディア: 単行本


東京。
永田は大阪出身で、小劇場の脚本家・演出家。
ある日、街で、専門学校生の沙希に声をかける。
永田の異様な態度に、沙希は最初警戒していたが、結局、二人で喫茶店に行く。
永田は友人4人と劇団を作っていたが、3人が辞めてしまう。
しかし、『その日』という3人芝居を書き、ヒロインに沙希を抜擢する。
芝居は好評で、永田に仕事の依頼が来始める。
永田は沙希のアパートに転がり込む……。

又吉直樹氏の小説第二作。
自身の経験を元にしたラブストーリー。
主人公の男の性格がひどくて、女は精神的に壊れていく。
主人公が加害者という話は珍しく、興味深く読んだ。
しかし、『火花』ほどのインパクトはない。
お笑いの世界ではないからだろう。

今日は13時から、西葛西の東京フィルムセンター映画・俳優専門学校のスペシャル公演の稽古に行ってきました。
4場のパフォーマンスを復習した後、1・2・3・4場を復習。
稽古の前に学校の人から、天候が悪化した場合は稽古を中止してもらうと言われていたのですが、何とか予定の19時までやることができました。
今日から台本の4周目に入ったのですが、役者たちはセリフも動きも入って、大分存在感が出てきました。
おかげで、かなり細かいダメ出しをすることができました。
この調子でさらにブラッシュアップしていきたいと思います。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

深読みフェルメール [本]

10月22日(日)
朽木ゆり子+福岡伸一『深読みフェルメール』(朝日新書)読了。

深読みフェルメール (朝日新書)

深読みフェルメール (朝日新書)

  • 作者: 朽木ゆり子
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2012/07/13
  • メディア: 新書


ノンフィクション作家の朽木ゆり子と、生物学者の福岡伸一が、17世紀のオランダの画家ヨハネス・フェルメールについて対談する。

フェルメールは現存する作品が少なく、現在、最大解釈で37作と言われている。
朽木ゆり子氏は『フェルメール全点踏破の旅』の作者。
福岡伸一氏も全点踏破を達成している。
青いターバンで有名な『真珠の耳飾りの少女』は、オランダ・ハーグのマウリッツハイス美術館にある。
『地理学者』は、ドイツ・フランクフルトのシュテーデル美術館。
『ギターを弾く女』は、イギリス・ロンドンのケンウッドハウス。
全部とは言わないが、このあたりの作品はぜひともこの目で見てみたい。
でも、そのためにヨーロッパを回る暇はないなあ。

本書の中で、福岡伸一氏が小林秀雄の有名な言葉を取り上げている。
「美しい『花』がある、『花』の美しさといふ様なものはない」(「文学界」1942年2月号『当麻』)
僕は高校時代にこの言葉と出会い、ずっと信じてきた。
が、福岡氏はこれを否定して、「あらかじめ美しい花なんてない。花を見たときに美しいと思う。自分の思う脳内作用として、美しさというのはある」と語る。
これは目からウロコだった。
日本最大の批評家・小林秀雄の言葉だからと言って、無闇に盲信すべきではない。
肝に銘じよう思う。
nice!(1) 
共通テーマ:演劇

私たちが星座を盗んだ理由 [本]

10月21日(土)
北山猛邦『私たちが星座を盗んだ理由』(講談社文庫)読了。

私たちが星座を盗んだ理由 (講談社文庫)

私たちが星座を盗んだ理由 (講談社文庫)

  • 作者: 北山 猛邦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/04/15
  • メディア: 文庫


アキ、トーコ、シュンの3人は高校2年の仲良し。
アキは、駅のホームで見かける1年上の先輩に片思いしていた。
ある日、トーコが、片思いが両思いになるおまじないを教えてくれた。
放課後、誰もいない校舎の階段を、後ろ向きに12段降りる。
アキは実際に試してみた。
12段降りた後、生徒玄関に行ったら、生徒手帳が落ちていた。
手帳には、憧れの先輩の写真が貼ってあった。
先輩の名前は、海野隆だった……。
ミステリ短編5つを収録した短編集で、上記は一つ目の『恋煩い』。

タイトルがあまりにもカッコいいので、買ってしまった。
結果は大正解!
非常にレベルの高い短編集で、特に3つ目の『嘘つき紳士』にはビックリさせられた。
北山猛邦氏は1979年生まれ。
2002年に『「クロック城」殺人事件』でメフィスト賞を受賞してデビュー。
新本格の旗手らしい。
他の本も読んでみたいと思った。

文化庁+日本劇団協議会『ケンジ先生』の稽古22日目。
第3回通し稽古でした。
上演時間がまたまた伸びて、1時間37分53秒。
さすがにちょっと遅く感じました。
しかし、中身はしっかり詰まっている。
お客さんにもきっと楽しんでもらえると思います。
明日は稽古休みで、明後日は稽古最終日。
最後の最後まて改良に努めたいと思います。
やるでやるで!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ジャングル・ブック [映画]

10月21日(土)
ジョン・ファブロー監督『ジャングル・ブック』(2016年)WOWOWで鑑賞。

ジャングル・ブック MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ジャングル・ブック MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray


インドの奥地。
人間の赤ん坊のモーグリ(ニール・セディ)は、ジャングルの中で独りぼっちでいるところを、黒ヒョウのパギーラ(声/ベン・キングスレー)に拾われた。
パギーラはオオカミの一族にモーグリを預ける。
リーダーのアキーラ(声/ジャンカルロ・エスポジート)は、雌のラクシャ(声/ルピタ・ニョンゴ)にモーグリを育てさせた。
数年後の乾季、トラのシア・カーン(声/イドリス・エルバ)がやってくる。
シア・カーンはモーグリの父親を殺したが、その際、顔を傷つけられた。
その時のことを恨み、モーグリを殺そうとする。
モーグリはパギーラとともに逃げるが、途中ではぐれてしまう。
そこで出会ったのが、クマのバルー(ビル・マーレイ)だった……。

原作はキプリングの小説で、以前、ディズニーがアニメ化したが、今度は実写で映画化。
とは言えと、ほとんどがCGで、実物は人間のモーグリだけ。
CGの発達によって、ジャングルと動物たちが見事に映像化されていた。
クリストファー・ウォーケンが巨大なオランウータン、スカーレット・ヨハンソンが巨大なヘビの声で出演。
非常に豪華なキャスティングだが、エンドロールまで全く気づかなかった。

日本語吹替版のキャスティングは、バギーラが松本幸四郎さん、バルーが西田敏行さん、ラクシャが宮沢りえさん、シア・カーンが伊勢谷友介。
こっちも見てみたいと思った。
ディズニーやピクサーのアニメが公開されるたびに、英語版と日本語版と、どっちを見ればいいか迷う。
まあ、今回はWOWOWで見たので、選択の余地はなかったが。
娘や息子が小さい頃は、迷わず日本語版にした。
マイク・ワゾースキーは爆笑問題の田中さん。
これは絶対に譲れない。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

第2図書係補佐 [本]

10月20日(金)
又吉直樹『第2図書係補佐』(幻冬舎よしもと文庫)読了。

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

第2図書係補佐 (幻冬舎よしもと文庫)

  • 作者: 又吉 直樹
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2011/11/23
  • メディア: 文庫


お笑い芸人で芥川賞作家の又吉直樹の、本をテーマにしたエッセイ集。
吉本興業のフリーペーパーに、2006年3月から2009年7月まで連載したもの。
巻末に、小説家・中村文則との対談を収録。

章ごとに47冊の本を紹介しているが、その本についてはほとんど書いてない。
専ら、自身の過去と現在について書いている。
又吉氏は、太宰治と町田康がお好きらしい。
僕は二人とも苦手なので、趣味が合わないかと思ったが、『江戸川乱歩傑作選』『イニシエーション・ラブ』『アラビアの夜の種族』『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』『銀河鉄道の夜』『異邦の騎士(完全版)』『夜は短し歩けよ乙女』を採り上げていたのはうれしかった。

文化庁+日本劇団協議会『ケンジ先生』の稽古21日目。
10・11・12場の復習をした後、第二回通し稽古。
上演時間は1時間37分09秒。
昨日より30秒弱伸びたけど、中身は格段に良くなり、限りなく完成に近づきました。
特に良くなったのは、左東広之が演じる「ケンジ先生」と、生田輝さんが演じる「ソラコ」。
たったの1日で、よくここまで変わったものだと感心しました。
稽古は残り2日。
こうなったら、行けるところまで行きますよ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

インフェルノ [映画]

10月20日(金)
ロン・ハワード監督『インフェルノ』(2016年)WOWOWで鑑賞。

インフェルノ [SPE BEST] [DVD]

インフェルノ [SPE BEST] [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


イタリア、フィレンツェ。
ハーバード大学教授のロバート・ラングドン(トム・ハンクス)が病院の一室で目を覚ます。
担当医のシエナ・ブルックス(フェシリティ・ジョーンズ)は、頭部への銃撃による怪我が原因で、記憶喪失に陥っていると告げる。
そこへ、女の殺し屋・ヴァエンサが現れる。
ラングトンはシエナに助けられ、彼女のアパートへ逃げ込む。
ラングドンの所持品の中に、小型のプロジェクター、ファラディーポインターがあった。
ポインターが映し出したのは、ダンテの「インフェルノ(地獄篇)」をモチーフにした、ボッティチェリの「地獄の見取り図(Map of Hell)」だった……。

ダン・ブラウン原作の小説『インフェルノ』の映画化で、『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』に続くラングドン・シリーズの第三弾。
脇役で、オマール・シー、 ベン・フォスター、イルファーン・カーン、エリザベス・シンスキーも出演。
人類の半数を死滅させるウィルスを巡る攻防を描く。
せっかくフィレンツェが舞台だったのに、絵画はあまり見られなかった。

キャラメルボックス2017グリーティングシアター『光の帝国』は、昨日、廿日市公演が終了。
次は鳥取公演です。
今日が移動日で、明日が仕込みで、明後日の10月22日(日)14時が本番。
会場は鳥取市民会館大ホールです。
キャラメルボックス初の鳥取公演。
鳥取にお住まいの皆さん、ぜひぜご来場ください。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

エルム街の悪夢 [映画]

10月19日(木)
ウェス・クレイブン監督『エルム街の悪夢』(1984年)WOWOWで鑑賞。

エルム街の悪夢 [Blu-ray]

エルム街の悪夢 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray


ティナ(アマンダ・ワイス)とナンシー(へザー・ランゲンカンプ)は女子高生。
ティナは、鋼鉄の爪を持った殺人鬼の夢に悩まされていた。
ティナの家で、ナンシー、ナンシーの彼氏のグレン(ジョニー・デップ)と3人で話をすると、なんと、3人の夢にその殺人鬼が登場していることがわかる。
そこへ、ティナのボーイフレンドのロッド(ニック・コリー)がやってくる。
ティナとロッドは寝室に行く。
ナンシーが叫び声を聞いて駆けつけると、ティナが血だるまになって死んでいた。
ティナの腹部には、4本の爪の跡があった……。

その後シリーズ化された、ホラー映画の名作。
なんと、ジョニー・デップのデビュー作だった。
デップはハンサムでのんびり屋の高校生役を地道に演じていた。
殺人鬼フレディは夢と現実の両方に現れるのだが、その法則性がよくわからず、少々混乱した。
まあ、細かいリアリティはどうでもいいのだろうが。

文化庁+日本劇団協議会『ケンジ先生』の稽古20日目。
1~9場を各場1回ずつ復習した後、第一回通し稽古。
昨日ランスルーをやったおかげで、ほとんどミスなしでした。
上演時間はちょっと伸びて、1時間36分41秒。
渡辺安理の「トシコ」が美人で愁いを帯びた人気歌手に見えた!
幸田尚子さんの「シラキさん」も芸能プロダクションのクールでカッコいい社長に見えた!
稽古は残り3日。
みんながどんどん成長してくれるといいなあ。
僕も頑張ります。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

高校演劇Selection2000上 [本]

10月19日(木)
佐々俊之他編『高校演劇Selection2000上』(晩成書房)読了。

高校演劇Selection (2000上)

高校演劇Selection (2000上)

  • 作者: 佐々 俊之
  • 出版社/メーカー: 晩成書房
  • 発売日: 2000/06
  • メディア: 単行本


1999年に上演された高校演劇の脚本5つを収録した戯曲集。

石原哲也『シャドー・ボクシング』、畑澤聖悟『生徒総会』を読むために、図書館で借りた。
どちらも高校演劇の名作。
『生徒総会』は東北ブロック大会の審査員をした時に見た。
18年も前の作品だが、今読んでもおもしろかった。

高校演劇コンクールには上演時間1時間以内という制約がある。
そのため、既成台本を利用するなら、1時間以内にカットしなければならない。
もしくは元々1時間以内のものを探すか。
キャラメルボックスのハーフタイムシアターは1時間ものなので、今までたくさんの高校が上演してくれた。
ハーフタイムシアターを始めた頃、「高校生向けの芝居なんかしやがって」という悪口をよく聞いた。
が、これは全くの誤解。
1989年2月、キャラメルボックスはシアターモリエールを一週間借りていたが、前の年にお客さんの数が急増したため、一週間では入りきらないことが判明。
急遽、1時間ものにして、ステージ数を倍にしたのだ。
中身はいつものキャラメルボックスで、『銀河旋律』というタイムトラベルの芝居。
高校生が3人登場するが、それ以外の6人は大人で、話もラブストーリー。
とても高校生向けの話とは言えない。
その後、ハーフタイムシアターはキャラメルボックスの恒例となり、『広くてすてきな宇宙じゃないか』『ハックルベリーにさよならを』『TWO』『僕のポケットは星でいっぱい』『あしたあなたあいたい』『ミス・ダンデライオン』『すべての風景の中にあなたがいます』『光の帝国』『水平線の歩き方』『南十字星駅で』『ヒア・カムズ・ザ・サン』『隠し剣鬼ノ爪』『盲目剣谺返し』と、合計13本上演してきた。
特に『銀河旋律』『広くてすてきな宇宙じゃないか』『ハックルベリーにさよならを』の3本は、全国の高校生が上演してくれた。
本当にありがたい。
が、高校生向けではないので、これらで高校演劇コンクールに参加しても、勝ち抜くことは難しい。
昔、『ハックルベリーにさよならを』を上演した高校が北関東ブロック大会まで進んだのが最高だと思う。
コンクールは、既成台本よりオリジナル台本の方が有利。
このことはかなり知れ渡っていて、近年は多くの高校がオリジナル台本に取り組んでいる。
僕の脚本はコンクールより、文化祭で上演されることが多くなった。
今でも毎年、200前後の高校から上演許可願が届く。
僕が断ることはほとんどない。
『銀河旋律』なんて、もう28年も前の作品なのだ。
上演してもらえて、本当にありがたい。
今の高校生が『銀河旋律』を上演したいと思ってくれることがとてもうれしい。
これからも続くといいなと思っている。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

気分上々 [本]

10月18日(水)
森絵都『気分上々』(角川文庫)読了。

気分上々 (角川文庫)

気分上々 (角川文庫)

  • 作者: 森 絵都
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/01/24
  • メディア: 文庫


柊也(しゅうや)は中学2年。
4カ月前に亡くなった父の「男は黙って我慢だ」という遺言に従って、口数を減らした。
同級生の依林(いーりん)が好きだが、最近すれ違いばかり。
ある日、同級生の翼に誘われ、中華街の店に行く。
翼と連れの2人は、代金を払わずに出ていってしまう。
しかし、柊也に4人分の代金は払えない……。
短編とショートショート、全9編を収録した短編集で、上記は表題作の『気分上々』。

森絵都氏の本を読むのは.久しぶり。
森氏は1968年生まれで、早稲田大学出身。
児童文学でデビューし、『風に舞い上がるビニールシート』で直木賞を受賞。
代表作は『風ビニ』と、産経児童出版文化賞を受賞しアニメ化された『カラフル』だろう。
この人の特徴は仕掛けに凝るところ。
この短編集も同様で、たとえば『東の果つるところ』のヒロインは「草間由果」と言い、彼女の一族はすべて名前が左右対称。
一族の系図まで出てくる凝りようで、唖然とした。
僕は『気分上々』と『17レボリューション』がおもしろかった。

文化庁+日本劇団協議会『ケンジ先生』の稽古19日目。
昨日、前半の1~6場を通したので、まずは7~12場を通しました。
タイムは55分で、合計95分。
次に、1~12場を通したところ、タイムはやはり95分。
しかし、いろいろミスがあったので、本番ではもう少し短くなるかも知れません。
歌が7曲、パフォーマンスが2カ所(1カ所は歌いながら)、アクションが2カ所と、盛り沢山な芝居。
95分がアッという間に終わります。
前売券はほとんど売り切れましたが、全ステージ、当日券が出るようなので、ぜひぜひ、中野ポケットスクエアのテアトルBONBONへお越しください。
初日は10月26日(木)です。
nice!(2) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -