So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

MIZUMA 手の国の鬼才たち [本]

3月25日(日)
三潴末雄『MIZUMA 手の国の鬼才たち』(求竜堂)読了。

手の国の鬼才たちMIZUMA

手の国の鬼才たちMIZUMA

  • 作者: 三潴 末雄
  • 出版社/メーカー: 求龍堂
  • 発売日: 2015/12
  • メディア: 単行本


ミヅマアートギャラリーのエグゼクティブ・ディレクターの三潴末雄が、日本のモダンアートを代表するアーティストたちを紹介・解説する。

登場するアーティストは、会田誠、青山悟、池田学、棚田康司、天明屋尚、山口晃、山本竜基などなど。
そのすばらしい作品の数々に圧倒された。
発想が凄い上に、みんな絵がムチャクチャうまい。
僕は特に、会田誠の絵と、棚田康司の彫刻に惹かれた。
日本のモダンアートがこれほど高いレベルだとは、恥ずかしながら、今日まで全く知らなかった。
俄然、興味を持った。
とにかく、物凄いインパクトの本。
お薦めです。

今日は11時から、ナッポス・プロデュース『スキップ』の第二回美術会議。
石原敬さんがプランを持ってきてくれました。
いろいろな意見が出て、さらにブラッシュ・アップしてもらうことになりました。
会議が開催されたのは、いつもの新中野の事務所の会議室でなく、都内某所のスタジオ。
『スキップ』出演者のパンフレット写真の撮影をしているスタジオの片隅で行われました。
会議をしている横で、長濱慎君、元木諒が撮られていました。
こんな会議は初めてなので、ちょっと新鮮。
いよいよ明日から、『スキップ』の稽古が始まります。

nice!(2) 

さらば愛しき女よ [映画]

3月25日(土)
ディック・リチャーズ監督『さらば愛しき女よ』(1975年)WOWOWで鑑賞。

さらば愛しき女よ [DVD]

さらば愛しき女よ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 復刻シネマライブラリー
  • メディア: DVD


1941年、ロサンゼルス。
私立探偵フィリップ・マーロウ(ロバート・ミッチャム)はある夜、大男のムース・マロイ(ジャック・オハローラン)と出会う。
マロイは7年前、銀行強盗で捕まり、たった今、刑務所から出てきたばかりだと言う。
そして、恋人のベルマ・バレントを探してくれと頼む。
二人はベルマが歌手をしていた、「フロリアンの店」に行く。
マロイは馬鹿力で、黒人バーテンを絞め殺してしまう。
マーロウはマロイを逃がし、「フロリアンの店」でバンドマンをやっていたトミー・レイの家に向かった……。

レイモンド・チャンドラーの傑作ハードボイルド小説の映画化。
ヒロインはシャーロット・ランプリングで、なかなか出てこないし、出てくると「ベルマ」とは違う名前だし、すぐにマーロウを誘惑するし、どうしたって、彼女がベルマだと気づいてしまう。
それにしても、若い頃のシャーロット・ランプリングは氷のような美しさ。
チンピラ役でシルベスター・スタローンが出ていたのはビックリ。
彼が『ロッキー』を撮るのは、この映画の翌年。
まだ無名だったのに、ちょっと目立っていた。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の脚本、全12場中7場まで書き上がりました。
予想通り、予定よりどんどん長くなっている。
このまま行ったら、2時間15分?
まままま、まずい!
たとえば一文字しかない行は、その前の行の文字を何文字か削って、一行減らす。
そんな姑息なことをして、少しでも短くしています。
残るは5場、頑張るぞい!

nice!(3) 

絶唱 [本]

3月25日(土)
湊かなえ『絶唱』(新潮社)読了。

絶唱

絶唱

  • 作者: 湊 かなえ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/01/22
  • メディア: 単行本


大学生の濱野毬絵は一人でトンガ王国にやってくた。
トンガタプ島のファアモツ国際空港で途方に暮れていると、中年の日本人女性に声をかけられた。
彼女の名前は尚美で、自分が経営するゲストハウスに連れていってくれた。
毬絵は5歳の時、神戸で阪神淡路大震災に襲われた。
祖父母と双子の妹・雪絵を亡くした。
トンガにやってきたのは、その時失った心を取り戻すためだった……。
短編4つを収めた連作短編集で、上記は一つ目の『楽園』。

湊かなえさんの本はこれが19冊目。
トンガが舞台の連作短編かと思ったら、阪神淡路大震災の罹災者たちの物語だった。
四つ目の『絶唱』は、湊さん自身の経験が元になっているらしい。
他の三つも、湊さんが人から聞いた話を元にしているらしい。
事実に基づいているだけあって、どの作品も深い。
同時に、小説としての完成度も高い。
特に『絶唱』は胸に迫る。
お薦めです。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の脚本、全12場中6場まで書き上がりました。
ようやく半分。
これくらいまで書くと、いつも、今書いているものがおもしろいのかどうかわからなくなります。
とても不安になります。
若い頃は、書き続けるのが怖くなりました。
プロデューサーの加藤昌史に「もう書けない」と訴えたこともあります。
「最後まで書いても、駄作にしかならない」と。
でも、今はもう大丈夫。
不安が襲ってくると、「また来たな」「いつものやつだ」と思うようになったから。
若い作家志望の人にはぜひこう言いたい。
とにかく最後まで書き上げよう。
ダメなら、書き直せばいいのだから。

nice!(2) 

大逆転 [映画]

3月24日(金)
ジョン・ランディス監督『大逆転』(1983年)WOWOWで鑑賞。

大逆転 [DVD]

大逆転 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • メディア: DVD


アメリカ、フィラデルフィア。
ルイス・ウィンソープ3世(ダン・エイクロイド)はデューク&デューク商品仲買会社の重役。
会長のランドルフ(ラルフ・ベラミー)とモーティマー(ドン・アメチ)のデューク兄弟にかわって、会社を動かしている。
ビリー・ヴァレンタイン(エディ・マーフィ)はベトナム戦争の傷病兵のフリをして金を稼ぐチンピラ。
ある日、道でルイスにぶつかり、泥棒扱いされて、警察に捕まる。
ランドルフとモーティマーは、ルイスとビリーの立場を入れ換えた時、二人がうまくやっていけるかどうかを賭けた……。

『王子と乞食』のアイディアをアレンジした、オーソドックスなコメディ。
『ブルース・ブラザース』のジョン・ランディス監督だけあって、そこそこ楽しめた。
ダン・エイクロイドもエディ・マーフィーも絶好調。
ジョン・ベルーシのカメオ出演もうれしかった。
でも、今見ると、ちょっとテンポが遅いなあ。

高1の息子が旅行から帰ってきました。
お土産は名古屋の手羽先で、早速夕食でいただきました。
スマホの写真を見せてもらったら、郡上八幡城が美しかった。
21年前に夫婦で行った時は、妻のおなかに娘がいたので、山の上にあるお城まで行けなかったのです。
宿泊は一泊2500円のゲストハウス。
帰りはバスで中央道を7時間。
貧乏旅行を大いに満喫してきたようです。
どうやら僕の出無精は遺伝しなかったみたい。
よかったよかった。

nice!(1) 

神秘なる挿絵画家 エドマンド・デュラック [本]

3月24日(金)
海野弘『神秘なる挿絵画家 エトマンド・デュラック』(マール社)読了。

神秘なる挿絵画家エドマンド・デュラック

神秘なる挿絵画家エドマンド・デュラック

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: マール社
  • 発売日: 2011/11/28
  • メディア: 単行本


フリーライターの海野弘が、イギリスを代表する挿絵画家エドマンド・デュラックの生涯と作品を解説する。

エドマンド・デュラックは1882年、フランスのトゥールーズ生まれ。
1903年、パリに出て、アカデミー・ジュリアンで絵画を学び始める。
1904年、ロンドンに渡り、翌年、『ジェイン・エア』の挿絵でデビュー。
1907年、『アラビアン・ナイト』の挿絵で一躍、人気画家となる。
1912年、イギリス国籍を取得。
1953年、心臓の病気で急死。
20世紀初頭、イギリスではギフトブック(プレゼント用の絵本)が大流行した。
最初の大当たりは、アーサー・ラッカムの『ケンジントン公園のピーター・パン』だった。
デュラックも、『アラビアン・ナイト』や『テンペスト』や『オマル・ハイヤームのルバイヤート』を大ヒットさせる。
その絵はファンタジックで、色彩豊かで、時に美しく時に滑稽で、とにかく楽しい。
また、これほど絵が巧い画家はなかなかいないと思う。
一見の価値あり。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の脚本、全12場中5場まで書き上がりました。
原作は上下2巻なのですが、話は上巻の最後の方まで進みました。
環、公輝、壮太、正義、黒木、すみれ、桃花など、登場人物たちにどんどん愛着が湧いてきました。
さあ、今日は6場を書くぞ!
頑張るぞ!

nice!(0) 

ミッション [映画]

3月23日(木)
ローランド・ジョフィ監督『ミッション』(1986年)WOWOWで鑑賞。

ミッション HDニューマスター版 [DVD]

ミッション HDニューマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD


1750年代、南米ウルグアイ。
イエズス会の神父ガブリエル(ジェレミー・アイアンズ)は、布教のため、イグアスの滝の上のジャングルに住むガラニ族の部落に向かう。
弓矢や槍を持った戦士たちに囲まれたが、オーボエを吹いて、親交を結ぶことに成功する。
ある日、ガラニ族の数人が罠にはまり、連れ去られる。
犯人は、奴隷商人のロドリゴ・メンドーサ(ロバート・デ・ニーロ)だった。
アスンシオンに戻ったメンドーサは、恋人のカルロ(チェリー・ランギ)から、別れを告げられる。
彼女を奪ったのは、メンドーサの実の弟のフィリッポ(エイダン・クイン)だった!

若き日のロバート・デ・ニーロとジェレミー・アイアンズが主人公の歴史劇。
リーアム・ニーソンも脇役で出ていたが、若い若い。
それにしても、南米ウルグアイでも奴隷狩りが行われていたとは知らなかった。
ためにはなかったが、おもしろかったかと聞かれると……。

高1の息子は今日、郡上八幡へ行ったようです。
僕も結婚5年目に、妻と二人で行きました。
僕が書いた『ハックルベリーにさよならを』に郡上八幡が出てくるのです(名前だけですが)。
「コーキチくん」が、長良川は日本で2番目に水がキレイな川だ、と言う。
「瀬古先輩」が、カヌーで郡上八幡から下った、と言う。
実際に見た長良川は本当に美しく、郡上八幡の町中には、細い水路が流れていました。
妻のおなかには娘がいました。
今から21年も前の話です。

nice!(2) 

きのうの影踏み [本]

3月23日(木)
辻村深月『きのうの影踏み』(角川書店)読了。

きのうの影踏み (幽BOOKS)

きのうの影踏み (幽BOOKS)

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/09/26
  • メディア: 単行本


ミサキとマヤは同じ団地に住む小学5年生。
二人の友達のなっちゃんが、ある日突然、姿を消してしまった。
その団地には、「十円参り」というおまじないがあった。
消えてほしい人の名前を紙に書き、十円を入れて丸め、真夜中に裏山の神社の賽銭箱に投げ込む。
これを十日続けると、願いがかなうと言う。
なっちゃんは「十円参り」で消されたのではないか?
ミサキもマイも、前に一度だけ、なっちゃんの名前を書いて、「十円参り」をしたことがあった。
自分たちの二回で、合計十回になったのではないか……。
短編ホラー13を収録した短編集で、上記は一つ目の『十円参り』。

辻村深月氏の本はこれが23冊目。
辻村氏が他の人から聞いた話として語っていくという形式で、帯にも「本作は全くのフィクションではなく、現実と地続きの物語です」と書いてある。
どれもセンスがよく、楽しめたが、最後の『七つのカップ』には深い感動があった。
やっぱりこの人は凄い。

高1の息子が、名古屋へ旅行に行きました。
往復は夜行バスで、宿泊はゲストハウス。
二泊三日で、名古屋にいる友達に会い、近辺を観光してくるとの話でした。
一人旅は初めてなので、ちょっと心配です。
我が家は息子がいないと、本当に静かで、ちょっと淋しいです。

nice!(1) 

僕はベーコン [本]

3月22日(水)
キティ・ハウザー『僕はベーコン』(パイ インターナショナル)読了。

僕はベーコン (芸術家たちの素顔)

僕はベーコン (芸術家たちの素顔)

  • 作者: キティ・ハウザー
  • 出版社/メーカー: パイインターナショナル
  • 発売日: 2014/11/18
  • メディア: 単行本


オーストラリア在住の作家キティ・ハウザーが、イギリスの画家フランシス・ベーコンの生涯と作品を解説する。

フランシス・ベーコンは1909年、アイルランドのダブリン生まれ。
哲学者フランシス・ベーコンの異母兄の子孫。
父エドワードは競走馬の訓練士。
ベーコンは小児喘息のため、学校に行かず、正規の美術教育も受けていない。
が、1926年頃から水彩や素描を描き始め、1929年からロンドンで家具設計や室内装飾の仕事を始めた。
1934年、ロンドンのサンダーランド・ハウスで初の個展。
1944年、ロンドンのルフェーヴル・ギャラリーで『ある磔刑の下の人物のため3つの習作』を発表。
1950年、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの教師となる。
1992年、死去。
フランシス・ベーコンは、20世紀後半で最も重要な画家と言われている。
抽象絵画が全盛の時代に、あくまでも具象絵画にこだわり続け、現代美術に多大な影響を与えた。
特に、代表作の『ある磔刑の下の人物のための3つの習作』に描かれた謎の生物は、映画監督のデイヴィッド・リンチやデザイナーのハンス・ルドルフ・ギーガーに強いショックを与えたようだ。
リンチ監督の『イレイザー・ヘッド』には、これによく似た生物が出てくる。
ギーガーがデザインした『エイリアン』シリーズのエイリアンも、この生物にそっくり。
確かに、一度見たら忘れられない恐ろしさ。
ゲイでマゾヒストで大酒飲みだったが、若死にせずに、83歳まで生きた。
真の天才だったと思う。

恥ずかしながら、フランシス・ベーコンのことは、この本を読むまで全く知りませんでした。
『ある磔刑の下の人物のための3つの習作』を初めとして、彼の作品はどれも衝撃的でした。
美術って、本当に奥が深い。
もっと知りたい、勉強したいと思いました。

nice!(2) 

セイ・エニシング [映画]

3月22日(水)
キャメロン・クロウ監督『セイ・エニシング』(1989年)レンタルDVDで鑑賞。

セイ・エニシング [DVD]

セイ・エニシング [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
  • メディア: DVD


アメリカ、シアトル。
ロイド・ドブラー(ジョン・キューザック)は高校3年で、姉とその息子の家に住んでいる。
卒業式の朝、ロイドは女友達のコリー・フラッド(リリ・テイラー)に、ダイアン・コート(アイオン・スカイ)を好きになったと告白する。
ダイアンは美人で成績は学年で一番、父のジェームズ(ジョン・マホーニー)は養老院を経営する金持ちだった。
リリーは絶対に無理だと言ったが、ダイアンに電話して、卒業式の後のパーティーに誘い出すことに成功。
ところが、ダイアンは奨学金を獲得し、イギリスに留学することになった……。

何とも古風なラブストーリー。
ジョン・キューザックが若くてカッコよかったが、キック・ボクシングに夢中と言うわりに、あまりうまくない。
姉の息子と遊ぶシーンは微笑ましかったが。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の脚本第一稿、ようやく三分の一まで書き上がりました。
スロウハイツという名のアパートに住む若者たちの群像劇なのですが、そう言えば、僕は群像劇というものをあまり書いていない。
『ブリザード・ミュージック』『TRUTH』『BREATH』ぐらいしか浮かびません。
だから、なかなか書き進められないのか……。
でもでも、本当に大好きな原作なので、何とかおもしろいものにしたいと思います。
頑張るで。


nice!(0) 

取り扱い注意 [本]

3月21日(火)
佐藤正午『取り扱い注意』(角川文庫)読了。

取り扱い注意 (角川文庫)

取り扱い注意 (角川文庫)

  • 作者: 佐藤 正午
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2001/07
  • メディア: 文庫


鮎川英雄は「あかつき缶詰株式会社」の社員。
父が1人、母が2人、姉が1人、妹が3人、叔父が1人いる。
叔父の名前は西丸陽助で、あだ名は酔助。
無職で住所不定、おまけにロリコンだった。
3年前まで、英雄は県庁に勤めていた。
が、叔父が起こした犯罪に巻き込まれ、退職せざるを得なくなった。
その犯罪とは、幼女誘拐だった……。

佐藤正午氏の本はこれが11冊目。
現在と3年前が複雑に入り乱れ、少々わかりづらかった。
英雄の女性関係も、相手が多すぎて、混乱。
しかし、佐藤氏がこの頃から「普通でない小説」を書き始めたことはわかった。
これが『Y』や『ジャンプ』へと続いていくのだ。

高1の息子が昨日、僕の両親とお墓参りに行ってきました。
成井家のお墓は、神奈川県愛甲郡愛川町という所にあります。
ご先祖様はそこで代々、農家をやっていたようです。
僕の祖父は海軍の軍人だったのですが、退役して、神奈川県川崎市で硝子屋を始めました。
父はそこで生まれました。
が、太平洋戦争中、埼玉県飯能市に家族で疎開。
祖父はそこでも硝子屋を開き、祖父の死後は父が跡を継ぎました。
その後、僕が生まれたわけで、愛川町にはお墓参りでしか行ったことがありません。
僕にとってのふるさとは、生まれてから22歳まで過ごした飯能市です。
東京都民になって、今年で26年目を迎えましたが、今でも自分は埼玉県民のような気がします。
「ダサイタマ」という言葉を聞くと、少しイラッとします。


nice!(2) 
前の10件 | -