So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

生涯一度は行きたい春夏秋冬の絶景駅100選 [本]

6月18日(月)
越信行『生涯一度は行きたい春夏秋冬の絶景駅100選』(山と渓谷社)読了。

絶景駅100選  生涯一度は行きたい春夏秋冬の絶景駅

絶景駅100選 生涯一度は行きたい春夏秋冬の絶景駅

  • 作者: 越 信行
  • 出版社/メーカー: 山と渓谷社
  • 発売日: 2017/11/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


駅旅写真家の越信行が、日本国内のフォトジェニックな駅100を写真と文章で紹介する。

日本には約9600の駅があるらしい。
作者の越信行氏は、その中の4500に行ったと書いてあった。
この本は駅の建物でなく、周囲の風景を重視して、選んでいる。
特に印象に残ったのは、
〇緑の田んぼの中にポツンとある、秋田県由利高原鉄道鳥海山ろく線・吉沢駅。
〇ホームが湖の上に突き出した、静岡県大井川鐵道井川線・奥大井湖上駅(この本の表紙)。
〇目の前にオホーツク海が広がる、北海道JR北海道釧網本線・北浜駅。
〇目の前に諫早湾が広がる、長崎県島原鉄道島原鉄道線・古部駅。
などなど。
日本の美しさが堪能できる本。

今日は10時より、キャラメルボックス俳優教室の授業。
2人コントの2回目。
漫才は散々だったけど、コントは皆なかなかの出来で楽しめました。
14時より、キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古11日目。
12場の立ち稽古の後、全体を三分割して、粗通しをしました。
前半はミスの連発でしたが、尻上がりでおもしろくなっていった。
上演時間とトータルで1時間50分30秒。
予想よりも10分も短くて、ビックリ。
が、これならカットの必要はないので、ホッと安心しました。
役者たちはほとんどセリフを入れた様子。
明日から始まる動きつけに向けて、準備は万端です。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

紅楼夢の殺人 [本]

6月17日(日)
芦辺拓『紅楼夢の殺人』(文春文庫)読了。

紅楼夢の殺人 (文春文庫)

紅楼夢の殺人 (文春文庫)

  • 作者: 芦辺 拓
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2007/08
  • メディア: 文庫


18世紀中頃、清代中期の中国。
建国に功のあった「か」(西の下に貝の字)一族は、首都に広大な土地を与えられて、二つの屋敷「寧国府」「栄国府」を建てた。
現皇帝の貴妃となった「か」元春が省親(里帰り」することになり、栄国府当主の「か」赦は、邸内に広大な庭園「大観園」を作る。
元春はいたく気に入り、「大観園」を残し、そこに一族の若い娘たちを住まわせよと命じる。
娘たちは園内で共同生活を始める。
その中には、栄国府の次期当主・「か」宝玉の姿もあった……。

芦辺拓氏の本はこれが13冊目。
「このミステリーがすごい!」2005年度第10位。
中国の長編小説『紅楼夢』を下敷きにした歴史ミステリー。
登場人物があまりにも多くて、おまけにみんな漢字3文字の名前なので、覚えるのに苦労した。
その上、漢字も言葉遣いも難しい。
おかげで読了するのに4日もかかった。
しかし、苦労しただけのことはあって、ミステリーとして十分に読み応えがあり、楽しめた。
台湾でも、『紅楼夢殺人事件』というタイトルで出版されたらしい。
『紅楼夢』は中国圏ではきわめてポピュラーな小説なのだ。
『西遊記』『水滸伝』『三国志演義』『金瓶梅』と並ぶほどらしい。
僕は『西遊記』もちゃんと読んでいないので、とても勉強になった。

今日は西葛西の東京放送芸術&映画俳優専門学校へ行き、ワークショップをやってきました。
今年5回目、2年生の2回目。
助手は、元木諒。
メニューは、ウォーキング、ストップターン、スローウォーク、発声練習、リトミック、二人組朗読、台本練習。
二人組朗読のテキストは1回目と同じく、芥川龍之介『魔術』。
台本練習のテキストも1回目と同じく、成井豊『ブリザード・ミュージック』1場。
みんな前回よりも進歩していたので、かなり褒めてしまいました。
人数の関係で、僕もグループ別の読み合わせに参加して、「清一郎」役のセリフを読みました。
楽しかった!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

死ぬほど読書 [本]

6月16日(土)
丹羽宇一郎『死ぬほど読書』(幻冬舎新書)読了。

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)

死ぬほど読書 (幻冬舎新書)

  • 作者: 丹羽 宇一郎
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 新書


日中友好協会会長、早稲田大学特命教授、伊藤忠商事名誉顧問、元駐中国大使の丹羽宇一郎が、本の選び方、読み方、活かし方、楽しみ方を伝授する。

丹羽宇一郎氏は財界きっての読書家らしいが、1年間で読む本は150冊。
ジャンルは歴史、政治、経済。
専門書なので、1冊を読了するのに時間がかかるのだろう。
さらに丹羽氏は、よいと思った部分はノートに書き写す。
僕はたまに傍線を引くが、「これはよくない」と書かれていた。
「どうせすぐに忘れる」と。
うーん、確かにその通り。
かと言って、いちいちノートに書き写すのは大変だしなあ……。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古10日目。
9・10・11場の立ち稽古をしました。
今回の音楽は全曲オリジナルで、すべてGOOD-BYE APRILの楽曲。
昨日から、送られてきたデモを稽古で流し始めました。
おかげで11場は凄い盛り上がり。
台本2周目で音楽をかけるのは非常に珍しいこと。
役者たちにとって、きっといい刺激になっていると思います。
でも、まだ曲が足りない!
新しい曲が送られてくるのが楽しみです。





nice!(2) 
共通テーマ:演劇

スチームオペラ [本]

6月15日(金)
芦辺拓『スチームオペラ』(創元推理文庫)読了。

スチームオペラ (蒸気都市探偵譚) (創元推理文庫)

スチームオペラ (蒸気都市探偵譚) (創元推理文庫)

  • 作者: 芦辺 拓
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/04/28
  • メディア: 文庫


蒸気を動力源とした機械が発達した街・倫敦。
エマ・ハートリーは、空中船・極光号の船長タイガー・ハートリーの娘で、技芸学校の学生。
ある朝、登校の途中で、父の乗った極光号が宇宙から帰還したことを知り、埠頭へ向かう。
しかし、埠頭は厳戒体制。
エマは、クラスメートで、巨大産業の社長令嬢のサリー・ファニーホウの名を騙り、極光号内に侵入する。
ある部屋で、透明カプセルに入った少年を発見。
エマが近付くと、少年が目を開けた……。

芦辺拓氏の本はこれが12冊目。
90年代、SF小説の分野でサイバーパンクが流行ったが、その直後に登場したのが、そのパロディ版とも言うべきスチームパンク。
サイバーパンクは未来を先取りして、電脳空間や遺伝子操作が発達した社会を描いていたが、スチームパンクは過去。
19世紀のロンドンを舞台にして、H・G・ウェルズやシャーロック・ホームズが活躍する物語を描いた。
『スチームオペラ』もその類かと思ったら、さすがは芦辺拓氏、一筋縄では行かない。
とんでもないどんでん返しがラストで待っていた。
芦辺ファンなら必読の一冊。
そうでない人も、少女の冒険活劇として楽しめると思う。

2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古9日目。
まずは、昨日、振付が完成したダンスの復習。
何度も繰り返したので、大分揃うようになってきました。
その後は、6・7・8場の立ち稽古。
アクション・シーンが2つあるのですが、その一つを役者たちが作ってくれました。
一発オーケイ!
もう一つは、アクションが大好きで、ヒーローショーに詳しい、島野知也に考えてもらうことにしました。
どんなものができるか、楽しみ楽しみ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

名作の100年 グラフィックの天才たち。 [本]

6月14日(木)
ペン編集部編『名作の100年 グラフィックの天才たち。』(CCCメディアハウス)読了。

ペンブックス24 名作の100年 グラフィックの天才たち。 (Pen BOOKS)

ペンブックス24 名作の100年 グラフィックの天才たち。 (Pen BOOKS)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2017/06/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


グラフィック・デザインのクリエイター19人の実績と作品を紹介する。

古くは、1964年の東京オリンピックのポスターをデザインした、亀口雄策氏。
いいデザインは、何十年経っても古びない。
資生堂のデザインを1970年から続けてきた仲絛正義氏の作品はみんなオシャレ。
1972年のミュンヘン・オリンピックのポスターをデゼインした、オルト・アイヒャーの色使いにシビれた。
青と緑だけで、こんなにカッコいいポスターが作れるのか!

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古8日目。
13時からダンス振付の2回目。
16時についにラストまで完成!
物凄いスピードで付けたので、役者たちはうろ覚えですが、なかなかカッコいい振りが付きました。
たくさん練習して、早くカッコよくなってほしい。
その後は台本稽古。
4・5場の立ち稽古をしました。
台本一週目で大体の段取りはつけましたが、今日もガンガン直しました。
もっともっとよくするために!
明日も頑張るぞ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

猫を拾いに [本]

6月13日(水)
川上弘美『猫を拾いに』(新潮文庫)読了。

猫を拾いに (新潮文庫)

猫を拾いに (新潮文庫)

  • 作者: 川上 弘美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/05/29
  • メディア: 文庫


川上弘美が雑誌「クウネル」に連載した掌編21を収録した本。

川上弘美氏の本はこれが37冊目。
いつも通り奇妙な話、摩訶不思議な話ばかりだが、その中ではわりと真っ当な『クリスマス・コンサート』という作品がおもしろかった。
キュンとした。

今日は午前中、妻と二人で乃木坂の国立新美術館へ行き、『ルーヴル美術館展』を見てきました。
テーマは「肖像芸術」。
紀元前2000年のエジプトの女性の小像から、19世紀のフランスの家族の肖像まで、様々なものが展示されていました。
絵が少ないのがちょっと残念でしたが、ボッティチェリ、ベラスケス、ゴヤ、アングルなどの作品があったのはうれしかった。
『ルーヴル美術館展』は9月3日まで開催中です。
そして、夕方から、キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古7日目。
台本2周目に入り、1・2・3場の立ち稽古をしました。
2周目は転換の段取りを決めながら。
主役だろうが、ゲストだろうが、空いている役者みんなに転換してもうらのが、僕の演出。
でも、今回はいつもよりちょっと少なめ。
明日はこの続きと、ダンス振付の2回目。
楽しみです。


nice!(2) 
共通テーマ:演劇

俳優 原田美枝子 [本]

6月12日(火)
鈴木隆『俳優 原田美枝子』(毎日新聞社)読了。

俳優 原田美枝子   映画に生きて生かされて

俳優 原田美枝子   映画に生きて生かされて

  • 作者: 鈴木 隆
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2011/10/21
  • メディア: 単行本


毎日新聞に1年3カ月にわたって連載された、俳優・原田美枝子のインタビュー。

原田美枝子は1958年、東京生まれ。
1974年、『恋は緑の風の中』の主役でデビュー。
1976年、『大地の子守歌』『青春の殺人者』でキネマ旬報主演女優賞、ブルーリボン新人賞など9賞を受賞。
1985年、黒沢明監督『乱』出演。
1998年、平山秀幸監督『愛を乞うひと』出演。
10代で演技派と目されたがゆえに、かなり鼻っ柱の強い俳優だったらしい。
デビュー作で知り合った松田優作が人生の師で、困った時には相談に行っていた。
「女優」でなく「俳優」という肩書を選んだのは、「女優」には余分なものがついていると思うから。
僕の3つ上だから、59歳。
デビューから44年も経つのに、なぜかいまだにスレていないように見える不思議な人。
大好きな俳優さんです。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古6日目。
10・11・12場の立ち稽古をしました。
これで全シーンの大まかな段取りがつきました。
ホッ。
主役の三浦剛はほぼ出づっぱり。
息子役の関根翔太と田中亨君もかなりの出番ですが、みんな元気にやっています。
明日からは台本2周目。
頑張ります。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル [映画]

6月12日(火)
ブノワ・プショー監督『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』(2017年)WOWOWで鑑賞。,


『たかが世界の終わり』でカンヌ国際映画祭グランプリを受賞した映画監督グザヴィエ・ドランの人物と作品を紹介するドキュメンタリー。

グザヴィエ・ドラン監督は2009年に『マイ・マザー』でデビュー。
若干19歳だった。
そして、2017年、『たかが世界の終わり』で、カンヌ映画祭グランプリを受賞。
僕はこの『たかが~』しか見ていないが、アップを多用した、静かな、しかしスリリングな会話劇だった。
ドラン本人は自信家で、ハイテンションで、饒舌。
本人がこれほどしゃべるドキュメンタリーは初めて見た。
『マイ・マザー』『胸騒ぎの恋人』『わたしはロランス』『マミー』など、他の作品も見たくなった。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古は、昨日で5日を経過。
9場まで立ち稽古が進みました。
今日も稽古は17時からなので、自宅で9場までのセリフの修正を行いました。
並行して、アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』の脚本第一稿のカットもしなければなりません。
頑張ります。


nice!(1) 
共通テーマ:演劇

人面屋敷の惨劇 [本]

6月11日(月)
石持浅海『人面屋敷の惨劇』(講談社ノベルス)読了。

人面屋敷の惨劇 (講談社ノベルス)

人面屋敷の惨劇 (講談社ノベルス)

  • 作者: 石持 浅海
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2011/08/04
  • メディア: 新書


美菜子は5年前に夫を亡くし、幼い息子・勇作と2人暮らし。
買い物に出かけて、勇作だけを先に帰したら、行方不明になった。
それから10年。
東京西部で起きた連続幼児消失事件の被害者たちが、ある屋敷にやってくる。
週刊誌でその事件の犯人と指摘された、土佐という資産家の屋敷。
その家の塀には人の顔らしき模様が浮かび上がっていて、近所の住人から「人面屋敷」と呼ばれている。
住人は土佐1人のはずなのに、最近、若い人の姿が目撃されたのだ。
自分たちの息子・娘ではないか?
家族会のメンバーは雑誌の取材という名目で、屋敷内に入っていく……。

石持浅海氏の本はこれが33冊目。
予想外の出来事が次々と起きて、ビックリの連続。
判明した真相は、あまりにも残酷で猟奇的。
最後、少しだけ希望を残してくれたのが救いだった。

10時より、キャラメルボックス俳優教室の稽古。
今日は漫才の3回目。
先週月曜の1回目よりみんな進歩していて、ホッとしました。
17時より、キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古5日目。
7・8・9場の立ち稽古をしました。
今週は、キャラメルボックス俳優教室の生徒が稽古を見学。
みんな、何かを得てくれるといいのですが。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

もっと知りたいロートレック [本]

6月10日(日)
杉山菜穂子『もっと知りたいロートレック』(東京美術)読了。

もっと知りたいロートレック―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいロートレック―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 杉山 菜穂子
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2011/06/30
  • メディア: 単行本


三菱一号館美術館学芸員の杉山菜穂子が、19世紀末に活躍したフランス人画家トゥールーズ=ロートレックの作品と生涯を解説する。

トゥールーズ=ロートレックは1864年、フランスのアルビ生まれ。
1872年、一家でパリに移住。
1878年、転倒して左足を骨折。翌年、右大腿骨も骨折し、足の成長が止まる。成人した時の身長は152センチだった。
1881年、ルネ・ブランストーの画塾に通う。
1886年、コランクール通りにアトリエを借りる。ゴッホと親しくなる。
1891年、ムーラン・ルージュのポスター「ムーラン・ルージュ、ラ・グーリュ」で大成功を収める。
1898年、この頃より、アルコール中毒となる。
1901年、37歳で死去。

ロートレックはドガを尊敬し、ゴッホと親しかったらしい。
油彩を見れば、その影響がよくわかる。
が、ロートレックと言えば、やっぱりポスター。
こちらは日本の浮世絵の影響が非常に大きい。
ミュシャとともに、ポスターのデザインが高く評価されて有名になった。
古い歴史を持つ伯爵家の嫡男でありながら、酒場や娼館で生きる貧しい女性たちを描き続けた。
芝居が大好きだったというのもうれしい。
代表作は、『フェルナンド・サーカスにて(女曲馬師)』『骨なしヴァランタンによる新入りたちの訓練(ムーラン・ルージュ)』『アリスティド・ブリュアン、彼のキャバレーにて』『ジャヌ・アヴリル』『ムーラン街のサロンにて』『石版画(リトグラフ)集/彼女たち(エル)』などなど。

アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』の脚本第一稿、ついにラストまで書き上がりました!
やったー!
しかし、残念なことに長すぎる!
前作『おおきく振りかぶって』より2,5ページも長い。
このまま上演したら、2時間20分になってしまう。
これは何としてもカットしなければなりません。
できれば、5ページ以上。
というわけで、早速今夜からカットに取りかかろうと思います。
頑張ります!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -