So-net無料ブログ作成
検索選択

荒野の用心棒 [映画]

3月9日(木)
セルジオ・レオーネ監督『荒野の用心棒』(1964年)WOWOWで鑑賞。

荒野の用心棒 完全版 製作50周年Blu-rayコレクターズ・エディション

荒野の用心棒 完全版 製作50周年Blu-rayコレクターズ・エディション

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray


1872年、ニュー・メキシコ。
小さな町に、アメリカ人のジョー(クリント・イーストウッド)がやってくる。
町は、酒商人のロホ一家と銃商人のバクスター一家が対立し、不穏な雰囲気。
ジョーはバクスター一家の4人を撃ち殺し、ロポ一家に雇われる。
町にやってきたメキシコ軍の一隊が国境に向かうのを見て、ジョーは後を追う。
メキシコ軍は、川岸でアメリカ騎兵隊の一隊と会い、金塊で銃器を買っていた。
ところが、騎兵隊が突然、メキシコ軍を皆殺しにしてしまう。
騎兵隊は、ロホ一家の長男ラモン(ジャン・マリア・ヴォロンテ)と部下たちの変装だった!
ラモンは、夫と幼い息子がいるマリソル(マリアンネ・コッホ)を誘拐し、自分の愛人にしていた。
ジョーはメキシコ軍の兵士2人の死体を墓場に運び、ロホ一家とバクスター一家を誘き出す……。

マカロニ・ウェスタンの代表作。
子供の頃にテレビで見た記憶があるが、改めて見直してみた。
この映画が、黒澤明監督の『用心棒』の盗作として裁判になり、原告の東宝か勝訴したのは有名な話。
確かにストーリーは『用心棒』そのまま。
うまく西部劇に仕立て直してあり、楽しめた。

キャラメルボックス2017スプリングツアー『鍵泥棒のメソッド』東京公演、今日を入れて、残り4日となりました。
今日は2回目にして、最後の新人抜擢ステージ。
大変なのは新人二人だけでなく、役や段取りが変わってしまう出演者全員。
しかし、オリジナルキャストのステージに負けないおもしろさがあります。
今日は自宅の作業を中断して、このステージを見てきます。
それでは行ってきます。

nice!(0) 

nice! 0