So-net無料ブログ作成

夏の嵐 [映画]

5月15日(月)
ルキノ・ヴィスコンティ監督『夏の嵐』(1954年)WOWOWで鑑賞。

夏の嵐 [DVD]

夏の嵐 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD


1866年、イタリア、ヴェニス。
フェニーチェ劇場でオペラ『吟遊詩人』の上演中、客席で激しい口論が起こる。
オーストリア占領軍の将校フランツ・マラー(ファリー・グレンジャー)中尉と、反占領軍運動の指導者ロベルト・ウッソーニ(マッシモ・ジロッティ)侯爵の二人。
ロベルトはフランツに決闘を挑む。
リヴィア・セルピエーリ(アリダ・ヴァリ)伯爵夫人は従兄のロベルトを助けるため、フランツに近づく。
しかし、ロベルトはオーストリア軍に逮捕され、一年の流刑に処せられてしまう。
ところが、リヴィアはフランツに恋してしまう……。

オーソドックスなメロドラマだが、さすがに古い。
フランツが見るからに軽薄で、リディアがなぜ彼に夢中になるのか、わからない。
アリダ・ヴァリは初めて見たが、評判通りの美しさだった。

今日は10時からキャラメルボックス俳優教室の授業。
細かな雨が降っていたのに、みんな2キロ走ったようです。
無理しないように、と言っておきました。
今日のエチュードは、4月の初めにやった、インタビューの復習。
四月の初めはみんなコチコチで、テンションが低くて、声も小さなかったのですが、40日の間に大きく成長して、おもしろくできるようになりました。
でも、台本はまだまだだな。
頑張れ、15期生!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2