So-net無料ブログ作成
検索選択

コロボックルの小さな画集 [本]

6月19日(月)
村上勉『コロボックルの小さな画集』(講談社)読了。

コロボックルの小さな画集

コロボックルの小さな画集

  • 作者: 村上 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/12/16
  • メディア: 単行本


イラストレーターの村上勉による、エッセイとイラストの本。

村上勉は1943年、兵庫県生まれ。
1965年、佐藤さとるのコロボックル・シリーズ第一作『だれも知らない小さな国』の挿絵でデビュー。
以降、コロボックル・シリーズのすべての挿絵・装丁を手がけてきた。
この本では、デビュー当時の思い出が語られていて、非常に興味深かった。
イラストはすべてコロボックル。
色はすべて、村上氏が大好きな「ペインズグレー」という色。
この色がとても素敵で、僕も気に入った。
清潔感、知性、詩情が感じられて、コロボックルにぴったりだと思う。

今日は10時からキャラメルボックス俳優教室の授業。
14時からキャラメルボックスの稽古があるので、13時までの短縮授業。
大急ぎで、身体訓練、発声練習、2人コント、台本練習をやりました。
で、14時からキャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古16日目。
今日から大内厚雄が正式参加。
11・12場の動きつけをした後、大内の出番だけ復習していきました。
昨日までよその芝居に出ていたのに、結構セリフを入れていて、ビックリ。
稽古は今日から後半戦。
ようやく全員揃ったので、ギアを一段上げて、より熱く、より楽しい芝居にしていきたいと思います。

nice!(2) 

nice! 2