So-net無料ブログ作成

よみがえる東京 都電が走った昭和の街角 [本]

7月3日(月)
三好好三『よみがえる東京 都電が走った昭和の街角』(学研)読了。

よみがえる東京―都電が走った昭和の街角

よみがえる東京―都電が走った昭和の街角

  • 作者: 三好 好三
  • 出版社/メーカー: 学研パブリッシング
  • 発売日: 2010/05
  • メディア: 単行本


乗り物エッセイストの三好好三が、東京の都電を写真と文章で振り返る。

写真は主に昭和30年代後半から40年代前半。
僕は昭和36年に埼玉県飯能市で生まれたので、現在も残っている荒川線以外の都電の記憶はない。
が、昭和の東京の町並みはやたらと懐かしく感じられた。
荒川線以外の路線は、昭和47年までにすべて廃止となった。
地下鉄とバスの時代が来たのだ。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の仕込み1日目。
午前9時に池袋サンシャイン劇場に集合し、搬入開始。
ゲストの3人は今日はお休みのはずなのに、なぜか玉置玲央君は来て、劇団員と一緒に荷物を運んでいました。
動きが敏捷なので、人一倍働いていた。
感謝感謝です。
装置がシンプルなので、予定より早く完成。
シンプルだけど、キレイでノスタルジックで、とても素敵です。
その後は音出し、照明のシュート。
僕は早めに上がり、帰宅しました。
明日は場当たり。
本物の装置と照明の中で、『スロウハイツの神様』がどう見えるか、とても楽しみです。

nice!(3) 

nice! 3