So-net無料ブログ作成
検索選択

レンブラント [本]

7月5日(水
マイケル・キッソン『レンブラント』(西村書店)読了。

レンブラント (アート・ライブラリー)

レンブラント (アート・ライブラリー)

  • 作者: マイケル キツソン
  • 出版社/メーカー: 西村書店
  • 発売日: 2009/05
  • メディア: 大型本


17世紀のオランダの画家レンブラント・ハルメンソーン・ファン・レインの代表作を紹介する。

バロックの画家と言えば、オランダのレンブラント、フェルメール、イタリアのカラヴァッジョ、フランスのルーベンス、スペインのベラスケス。
しかし、僕はフェルメールとカラヴァッジョしか知らないので、レンブラントも勉強したいと思っていた。
レンブラントは、1606年に生まれ、1669年に亡くなった。
あだ名は,「光の画家」「光の魔術師」。
代表作は『夜警』。
肖像画が多く、描き方は緻密、陰影が濃く、風格があり、深みや哲学を感じさせる。
有名な『夜警』より、『カトリナ・ホーフサートの肖像』に圧倒された。
やはりバロックはいい!

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の本番初日。
1100より場当たりの続き、1400よりゲネプロ、1900より本番。
本番には、原作者の辻村深月さんがいらっしゃって、終演後の初日乾杯にも参加してくださいました。
非常に楽しまれた様子で、ホッとしました。
お客さんの反応も本当によかった。
ミスもほとんどなく、とてもできのいい初日でした。
と、安心していてはいけない。
明日以降ももっとおもしろい芝居にするために頑張ります。

nice!(4) 
共通テーマ:演劇

nice! 4