So-net無料ブログ作成
検索選択

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅 [映画]

7月6日(木)
ジェームズ・ボビン監督『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』(2016年)WOWOWで鑑賞。



19世紀、イギリス。
アリス(ミア・ワシコウスカ)は父の跡を継いで船長になった。
マラッカ海峡で海賊に襲われたが、無事に帰国。
しかし、母は船長を辞めて、船を売れと言う。
迷い込んだ部屋の鏡から、アリスはワンダーランドへ行く。
マッドハッター(ジョニー・デップ)が家族を失った過去を思い出し、苦しんでいた。
アリスは家族を取り戻すため、時間の番人タイム(サシャ・バロン・コーエン)の元へ向かう。
しかし、そこにいたのは、赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター)だった……。

『アリス・イン・ワンダーランド』の続編で、監督は変わったが、キャストはすべて続投。
白の女王もアン・ハサウェイのまま。
しかし、俳優たちの容貌の劣化が目立ち、悲しかった。
とは言え、この映画のヘレナ・ボナム=カーターは本当にすばらしい。
ミア・ワシコウスカやジョニー・デップより、断然目立っている。

今日は14時から、原宿のAiiA 2,5 Theater Tokyoへ行き、『黒子のバスケ OVER-DRIVE』を見てきました。
キャラメルボックスの鍛治本大樹が出演しているのです。
「歌のない2,5次元」ということでしたが、バスケットボールの試合のシーンが迫力に満ち、非常に見応えがありました。
演出は柿喰う客の中屋敷法仁君。
見るたびに腕を上げていて、本当に凄いと思います。
鍛治本大樹はコメディリリーフとしてしっかり役割を果たし、とても目立っていました。
『黒子のバスケ』は7月9日(日)までです。
19時から、キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の本番2ステージ目。
大森美紀子、西川浩幸、筒井俊作、石原善暢、実川貴美子、元劇団員の井上麻美子が見に来てくれました。
終演後、楽屋にやってきた井上麻美子は、泣きすぎたのでしょう、顔面が完全に崩壊状態。
この顔が、大いに励みになりました。
井上麻美子、ありがとう。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2