So-net無料ブログ作成
検索選択

美しい日本語の響き [本]

7月12日(水)
篠沢秀夫『美しい日本語の響き』(勉誠出版)読了。

美しい日本語の響き―母国語を知り、外国語を学ぶためのレッスン

美しい日本語の響き―母国語を知り、外国語を学ぶためのレッスン

  • 作者: 篠沢秀夫
  • 出版社/メーカー: 勉誠出版
  • 発売日: 2010/12/20
  • メディア: 単行本


学習院大学名誉教授だった故・篠沢秀夫が、日本語と英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語の発音の違いを解説する。

「地震」の「じ」と、「明治」の「じ」は、発音が違う。
日本語の「じ」は、語頭では頭に「D」の音をつけて発音するのだ。
同じように、「図鑑」の「ず」と、「地図」の「ず」も違う。
確かに、「図鑑」の「ず」の方が、硬口蓋と舌をより強く擦り合わせて音を出す。
55歳になるまで、僕はこのことを知らなかった。
というふうに、日本語の発音に関して、様々な発見があった。
ためになる本。
お薦めです。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の本番7日目。
僕は1030から楽屋で個人面談。
毎年この時期、次の年の出演について、役者一人一人と話し合いをするのです。
一人の時間は30分で、今日はその2日目。
昨日は10人、今日は8人。
役者が出たい公演と、僕が出てほしい公演のすり合わせをしました。
現在、キャラメルボックスに所属する役者は42人もいるので、大変です。
芝居は今日も大入りで、うれしい限り。
久松信美さんが見に来てくれました。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 3