So-net無料ブログ作成
検索選択

田村操の朗読教室 [本]

7月16日(日)
田村操『田村操の朗読教室』(子どもの未来社)読了。

田村 操の朗読教室

田村 操の朗読教室

  • 作者: 田村 操
  • 出版社/メーカー: 子どもの未来社
  • 発売日: 2009/04/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


放送表現教育センター講師の田村操が、故・山内雅人氏が提唱した「ドラマチックリーディング」を解説する。

この本の「朗読」は、僕が北千住のシアター1010でやっている「ドラマリーディング」にきわめて近い。
だからだろう、英語では「ドラマチック・リーディング」と言う。
一般的な朗読より、読み手に演技することを要求する。
ただし、僕の考えとは一つだけ違うところがあって、この本では、読点はすべて区切れ、と言う。
僕はこれには反対。
読点は、音読の時に区切れ、という意味の記号ではない。
黙読の時に読みやすくするための記号。
音読の時は無視して構わないのだ。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の本番11日目。
14時から13ステージ目・千秋楽。
1830から14ステージ目・追加公演。
どちらも無事に終演し、幕を下ろすことができました。
バラシも23時に終了。
ゲストの玉置玲央君、松村泰一郎君、森山栄治さんも最後まで手伝ってくれました。
近いうちに再演しましょうと約束して、お別れしました。
僕は全14ステージのうち、13ステージを客席で見ました。
全回泣きました。
誰よりも感動したと自負しています。
本当に幸福な2週間でした。
キャスト、スタッフ、お客さんに心からお礼を言いたい。
本当にありがとうございました。

nice!(4) 
共通テーマ:演劇

nice! 4