So-net無料ブログ作成

管見妄語 とんでもない奴 [本]

8月2日(水)
藤原正彦『管見妄語 とんでもない奴』(新潮文庫)読了。

管見妄語 とんでもない奴 (新潮文庫)

管見妄語 とんでもない奴 (新潮文庫)

  • 作者: 藤原 正彦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/06/28
  • メディア: 文庫


数学者の藤原正彦が、週刊新潮に連載中のエッセイ『管見妄語』をまとめた本の5冊目。
2013年9月5日号から2014年9月4日号までを収録。

3~4年前に書かれたエッセイなので、時事問題はやや古く感じるが、ストレートな物言いはいつもながら小気味いい。
ご自身を「美男」「セクシー」と断定する傍若無人ぶりも健在。
「宮崎美子のすずらん本屋堂」の収録の時、一度だけお会いし、ご挨拶したが、もう覚えていらっしゃらないだろうなあ。
でも、大ファンです。

今日は1230より、キャラメルボックス俳優教室の第2回セリフ発表会。
キャラメルボックスの1年目・2年目の新人たちと、阿部丈二が見学に来てくれました。
テキストは『ブリザード・ミュージック』の1場。
僕が見るのは10日ぶりくらいだったのですが、ほとんどの生徒がよくなっていた。
みんなテンションが上がって、うるさいったらありゃしない。
第二クールの終わりで、ここまでテンションが上げられるようになったのは、15年間で初めてかもしれない。
問題はユーモアで、4組が発表する中、僕が笑えたのは2回だけ。
漫才やコントはおもしろかったのに、台本になると全然笑えない。
これが今後の課題だなと思いました。
終了後は、講師の成井豊、石川寛美、白坂恵都子、マネージャーの水谷友香梨の4人で職員会議。
第3クールのテキストとキャスティング、卒業公演の演目について話し合いをしました。
演目、一応決まりました。
でも、発表は10月以降。
ご期待ください。


nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2