So-net無料ブログ作成
検索選択

美術の核心 [本]

8月6日(日)
千住博『美術の核心』(文春新書)読了。

美術の核心 (文春新書)

美術の核心 (文春新書)

  • 作者: 千住 博
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/01
  • メディア: 新書


日本画家の千住博が、美術に関する23のテーマについて論じる。

千住氏は世界の美術史を俯瞰で見て論じるので、とてもわかりやすい。
〇宗教画全盛の時代に、ボッティチェリが描いた『ラ・プリマヴェーラ』『ヴィーナスの誕生』はきわめて斬新な絵だった。
〇バルビゾン派によって、世界で初めて風景が絵画の主題となった。
〇伊能忠敬の『大日本沿海輿地全図』は江戸時代を代表する絵画。
〇芸術とは自分のイメージを他者に伝えようとする心のことである。
ためになる知識と言葉がいっぱいあった。
お薦めです。

今日は西葛西の東京フィルムセンター映画・俳優専門学校へ行き、高校生向けのワークショップを行ってきました。
今年度3回目で、助手はこの学校の卒業生の石森美咲。
14人の高校生と、90分間、稽古しました。
メニューは、シアターゲーム、発声練習、台本練習。
90分しかないので、大急ぎでやりました。
終了後は、質疑応答を30分間。
キャラメルボックスに入りたいという子もいて、その子に「今、何をやるべきか」と聞かれたので、「体を鍛えて、芝居を見て、映画を見て、本を読め」と答えました。
参加者の中の何人かは、この学校に入学するのだと思います。
再会を楽しみにしています。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1