So-net無料ブログ作成

アナウンサーの日本語講座 [本]

8月8日(火)
塩原慎次朗『アナウンサーの日本語講座』(創拓社出版)読了。

アナウンサーの日本語講座

アナウンサーの日本語講座

  • 作者: 塩原 慎次朗
  • 出版社/メーカー: 創拓社出版
  • 発売日: 2013/09/01
  • メディア: 単行本


元NHKアナウンサーで、京都文化短大名誉教授の塩原慎次朗による、アナウンサーを対象とした、発声・発音の教科書。

アナウンサーに必要なのは、美しい声と、正確な発音。
塩原氏の指導はとても厳しく、ゆえにこの本、とてもためになる。
巻末の難読漢字、難読地名、難読人名の一覧には圧倒された。
これを全部覚えなければならないのか。
アナウンサーって、本当に凄い。

今日は13時から、早稲田実業中学校の3年生の取材。
目的は卒業研究だそうで、いかにして劇作家になったかなど、様々な質問を受けました。
僕の話が役に立つといいのですが。
17時から、15MMAの『ラスト・フィフティーン・ミニッツ』の稽古1日目。
筒井俊作・渡辺安理と3人で、まずは読み合わせから始めました。
1回目のタイムが19分22秒!
これは長すぎる!
それから、カットしては読みを繰り返し、何とか15分台に到達。
最後に立ち稽古を1回やりました。
プロデューサーの仲村和生、Mrs.Fictionsのお二人が見学に来てくれました。
稽古終了後は合計6人でビールを飲みながらおしゃべり。
「20分ならよかったのに」と言ったら、「そう言う人は多いです」と言われてしまいました。
こうなったら、何か何でも15分を目指したいと思います。
頑張ります!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 3