So-net無料ブログ作成

みんなの少年探偵団2 [本]

8月9日(水)
有栖川有栖他『みんなの少年探偵団2』(ポプラ社)読了。

みんなの少年探偵団2

みんなの少年探偵団2

  • 作者: 有栖川 有栖
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2016/03/08
  • メディア: 単行本


江戸川乱歩『少年探偵団』へのオマージュ短編集の第二弾。
今度の5人は、有栖川有栖、歌野晶午、大崎梢、坂木司、平山夢明。

有栖川氏と歌野氏は、さすがにミステリ作家だけあって、きちんとしたミステリになっていた。
平山氏は平山氏らしく、我が道を行っていた。
もし僕が誘われたら、どんなものを書くだろうと考えてしまった。
やはり、暗号解読と気球による逃亡は欠かせない。
昭和初期と現代を繋げるために、タイムマシンでも出すかな。
でも、それは有栖川氏に先を越されてしまった!
とすると、ゴーストかな。
それとも、本の中から二十面相が飛び出してきて、それを明智小五郎と小林少年が追いかけて……。

今日も17時から、15MMA『ラスト・フィフティーン・ミニッツ』の稽古。
復習の後、動き付けをやりました。
すべての動きを付け終わった後、通してみたら、15分58秒。
まだ58秒も長い!
セリフの数を数えてみたら、筒井俊作も渡辺安理も、約90ありました。
これは、2時間の芝居の脇役のセリフの数。
たった15分なのに、こんなに多いとは。
ちなみに、筒井の風琴工房『ペナルティ・キリング』でのセリフは、約30だったそうです。
15分間、しゃべりまくりの2人。
ぜひこの熱演を見届けてほしいです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2