So-net無料ブログ作成
検索選択

十二番目の天使 [本]

9月12日(火)
オグ・マンディーノ『12番目の天使』(求龍堂)読了。

十二番目の天使

十二番目の天使

  • 作者: オグ マンディーノ
  • 出版社/メーカー: 求龍堂
  • 発売日: 2001/04/01
  • メディア: 単行本


アメリカ、ニューハンプシャー州ボーランド。
ジョン・ハーティングはミレニアム・ユナイテッド社長で、妻のサリー、息子のリックと3人暮らし。
ある日、交通事故で、サリーとリックが亡くなってしまう。
家に引きこもり、自殺の誘惑と戦う毎日。
ある日、高校時代の親友ビル・ウェストが訪ねてきて、リトルリーグのチーム・エンジェルスの監督をやってくれと言う。
チームのメンバーは12人。
その中で一番体が小さく、下手クソだったのが、ティモシー・ノーブルだった……。

作者のオグ・マンディーノは、1923年生まれ。
世界中で最も多くの読者を持つ人生哲学書作家で、全米屈指の講演家。
1996年に他界したが、その時点で19冊の著書を刊行し、3500万部を売り上げていた。
この本は彼の代表作。
「泣ける本」としてとても有名だが、僕は初めて読んだ。
噂に違わず、とてもおもしろかった。
これからも読み継がれていくだろうとと思う。

今日はキャラメルボックス2017グリーティングシアター『光の帝国』の稽古6日目。
11・12場の半立ち稽古と、9場のパフォーマンス作りをやりました。
これで台本の1周目が終了。
役者の登退場と各場の演技エリアはほぼ確定。
役のキャラクターも大体見えてきました
真柴あずきの脚本の改訂も8場まで進みました。
稽古と改訂の進行は超がつくくらい順調ですが、目標はまだまだ遠い彼方。
2周目はさらに頑張ろうと思います。
yataPro『エール!』は今日が本番4日目。
妻が昼の回を見てきました。
予想通り、「おもしろかった! 竹内都子さんが凄かった!」と言っていました。
そうでしょうとも!
僕も竹内さんがここまで凄い女優さんだとは思っていませんでした。
芝居好きの皆さん、この竹内さんを見逃してはいけませんよ!
明日の開演時間は、1930です!
さっさと決断して、テアトルBONBONへ走りなはれ!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 3