So-net無料ブログ作成

高校演劇Selection2004上 [本]

10月31日(火)
坊丸一平他編『高校演劇Selection2004上』(晩成書房)読了。

高校演劇Selection (2004上)

高校演劇Selection (2004上)

  • 作者: 坊丸 一平
  • 出版社/メーカー: 晩成書房
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 単行本


高校演劇コンクール全国大会で上演された脚本5つを集めた脚本集。

中屋敷法仁氏の『贋作マクベス』が読みたくて、図書館から借りた。
中屋敷氏は青森県の高校生だった頃、この脚本で全国大会に進出し、創作脚本賞を受賞した。
僕は以前、福島県大会でこの脚本の上演を見たが、あまりおもしろいと思わなかった。
が、あれはかなりカットしたものだったようで、今回読み直してみて、非常によくできた脚本だと気づいた。
青森県の高校の演劇部が『マクベス』の通し稽古をしているのだが、演出でマクベス役の「マナブ」以外の部員たちは、劇中でモノマネをしたり、携帯電話を使ったり、好き勝手なことをする。
ギャグが入るたびに『マクベス』の世界は壊れるが、それでも作者は『マクベス』の物語を最後まできっちり描こうとする。
それはまるで、今、中屋敷氏が取り組んでいる『女体シェークスピア』シリーズのよう。
15MinutesMadeで中屋敷氏と話をした時、「あれは100パーセント、実話です」と言っていた。
それにしたって、高校生でこんな脚本を書いてしまうとは、凄いとしか言いようがない。

「鉄腕原子」様、「@ミック」様。
いつも「nice!」をありがとうございます。
とても励みになっています。
これからも頑張って書き続けますので、ぜひ読んでください。
よろしくお願いします。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 3