So-net無料ブログ作成

ニード・フォー・スピード [映画]

12月1日(金)
スコット・ワウ監督『ニード・フォー・スピード』(2014年)WOWOWで鑑賞。

ニード・フォー・スピード DVD

ニード・フォー・スピード DVD

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: DVD Audio


アメリカ。
トビー(アーロン・ポール)は自動車修理工場の経営者で、非合法のストリート・レースのドライバー。
ある日、ライバルのディーノ(ドミニク・クーパー)から、シェルビー・マスタングを完成させて欲しいとの依頼を受ける。
トビーはマスタングを完成させ、セレブに高値で売る。
ディーノは自分に黙って売ったと怒り、トビーに勝負しろと言う。
ディーノ、トビー、トビーの弟分ピートが公道でレースを開始。
が、途中でディーノがピートの車に接触、ピートの車が大破し、ピートは死んだ。
ディーノは逃亡し、ピートを死なせたのはトビーだと証言した……。

ゲームがもとになった映画らしい。
ヒロインのイモージェン・ブーツが目的で見たのだが、意外と完成度が高くて驚いた。
イモージェン・プーツはイギリス人のカーディーラー役で、抜群に魅力的だった。
他に、トビーのモトカノ役でダコタ・ジョンソン、デレオン・レースの主催者役でマイケル・キートンが出演している。

自宅の書斎のカレンダーは、オードリー・ヘップバーン。
12月は『暗くなるまで待って』。
僕の脚本『嵐になるまで待って』のタイトルは、この『暗くなるまで待って』をもじったのですが、みている人は意外と少ない。
サスペンス映画として非常によい出来だと思います。
お薦めです。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 3