So-net無料ブログ作成

あんまりな名前 [本]

12月6日(火)
藤井青銅『あんまりな名前』(扶桑社)読了。

あんまりな名前

あんまりな名前

  • 作者: 藤井 青銅
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2008/07/29
  • メディア: 単行本


作家の藤井青銅が、日本国内の残念なネーミングの数々を紹介する。

ネタは抜群におもしろかったが、紹介文が短く、イラストばかりでスペースを取り、本としてはスカスカだった。
1時間もかからずに読めた。
おもしろかったのは、
「馬鹿川」→青森県にある。
「貧乏川」「盗人川」→神戸にある。
「北品川駅」→品川駅の南にある。
「南あわじ市市市」→南あわじ市に市市という地名があるのだ。
「大町町」→佐賀県杵島郡大町村が町に昇格したのだ。
「鶴岡市日本国」→なんと山の名前。
「トゲナシトゲトゲ」→ハムシの一種。
「チビオオキノコ」→小さいのか大きいのか迷う上に、これはキノコでなく、昆虫の名前。
「エミネント葉山町」→長崎県にある町。
「日本の棚田百選」→農林水産省が選んだが、全部で134ある。
「日本の歴史公園百選」→全部で250ある。
「ふるさとおにぎり百選」→五平餅や冷や汁が入っている。
「1839峰」→北海道日高山脈にある山で、標高からこの名前が付けられたが、その後、正しくは1942メートルと判明した。
「ラフォーレ原宿新潟」→もちろん新潟にある。

キャラメルボックス2017ウィンターツアー『ティアーズライン』の稽古21日目。
7~12場を通した後、1~12場を通しました。
全部通したのはこれが初めて。
やはりミスが目立ちましたが、芝居自体は進むに従って、尻上がりにおもしろくなりました。
役者たちに「後半がおもしろかった」と言ったら、ビックリしていました。
上演時間は1時間53分弱。
明日はいよいよ正式な第一回通し稽古。
今日の反省を踏まえて、よりおもしろいものにしたいと思います。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2