So-net無料ブログ作成

サバイバル・ファミリー [映画]

1月9日(火)
矢口史靖監督『サバイバル・ファミリー』(2017年)WOWOWで鑑賞。

サバイバルファミリー DVD

サバイバルファミリー DVD

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


東京。
サラリーマン・鈴木義之(小日向文世)は、主婦の妻・光(深津絵里)、大学生の長男・賢司(泉澤祐希)、高校生の長女・結衣(葵わかな)の4人暮らし。
ある日、家の中の電気がすべて消えてしまう。
義之・賢司・結衣は徒歩で家を出るが、我が家だけでなく、東京中から電気が消えてしまったらしい。
それでも数日間は家で暮らし続けたが、食料と水が尽き、東京を出る決心をする。
目指すは、光恵の父・佐々木重臣(柄本明)が住む鹿児島。
4人はそれぞれ自転車にまたがり、出発する……。

電灯が点かなくなったり、冷蔵庫が止まったするのはわかるが、懐中電灯の電池まで切れるのは、科学的に変。
しかし、そういう現象なのだ、と思えば、後は気にならない。
サバイバル能力のない4人が徐々に逞しくなっていくのが楽しい。
ハリウッド映画なら、暴力や悪意が次から次へと襲いかかるだろうが、日本が舞台だし、監督が矢口史靖氏なので、終始穏やか。
4人のコミカルな旅を楽しむことができた。
小日向文世さんが、気は強いが、隙だらけの父親を好演。
この映画はあまり注目されなかったと思うが、良作です。
お薦めです。

矢口監督の映画を見るのは、
『ひみつの花園』(1997年)
『アドレナリンドライブ』(1999年)
『ウォーターボーイズ』(2001年)
『スウィングガールズ』(2004年)
『ハッピーフライト』(2008年)
『ロボジー』(2011年)
『WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~』 (2014年)
に続いて、8本目。
一番おもしろかったのは『ひみつの花園』、一番好きなのは『ウォーターボーイズ』です。
次の映画に期待したいと思います。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1