So-net無料ブログ作成

ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 [映画]

2月28日(火)
サム・ペキンパー監督『ビリー・ザ・キッド 21才の生涯』(1973年)WOWOWで鑑賞。

ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 特別版 [DVD]

ビリー・ザ・キッド 21才の生涯 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


19世紀末、アメリカ、ニュー・メキシコ。
無法者のビリー・ザ・キッド(クリス・クリストファーソン)は、仲間たちとフォート・サムナーで暮らしていた。
ある日、ビリーの友人で、一匹狼のバット・ギャレット(ジェームズ・コバーン)がやってくる。
パットは町の有力者から保安官に任命され、ビリーの逮捕を命じられていた。
が、パットはビリーに5日以内に去れ、と告げる。
ビリーがそれを無視すると、留置所にぶち込んだ。
縛り首の8日前、パットが留守の間に、ビリーは他の保安官2名を射ち殺して、逃亡する……。

主演は、サム・ペキンパー作品の常連のジェームズ・コバーン。
ビリー役のクリス・クリストファーソンはシンガーらしい。
脇役で、ボブ・ディランも出ていた。
原題が『Pat Garrett and Billy The Kid』で、要するに2人の友情を描いた映画だか、ジェームズ・コバーンの渋さだけが目立つ。
『ワイルド・バンチ』や『戦争の犬たち』の迫力には到底及ばない。

キャラメルボックス2018スプリングツアー『夏への扉』の稽古13日目。
稽古前にまた2キロ走りました。
タイムは10分50秒で、5秒短縮!
死ぬかと思いました。
13時から、衣裳合わせ。
役が45もある上に、一部の役には着替えもあるので、衣裳の点数は50以上。
全部見るのに、1時間半以上かかりました。
が、スタイリストの花谷律子さんは色使いが華やかなので、見ているだけで楽しかった。
井俣太良さんの「カーチス」役、原田樹里の「ベル」役の衣裳は必見です。
15時から台本稽古。
8・10・11場の動きつけをしました。
残るは9場と12場の二つだけ。
うまく行けば、明日完成です。
頑張るで!
nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2