So-net無料ブログ作成

モアナと伝説の海 [映画]

3月1日(木)
ロン・クレメンツ+ジョン・マスカー監督『モアナと伝説の海』(2017年)WOWOWで鑑賞。

モアナと伝説の海 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

モアナと伝説の海 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray


モアナはモトゥヌイ島の村長の娘。
幼い頃から珊瑚礁の向こうの海に関心を抱いていたが、父のトゥイから、海に出ることを禁じられていた。
モアナが16歳になった年、島の近海から魚が消え、作物も穫れなくなってしまう。
モアナは珊瑚礁の向こうの海に行くことを提案するが、トゥイは猛反対。
悩むモアナを、祖母タラは洞窟へ連れていく。
そこには、外洋へ出るための大きな船がいくつも隠されていた。
タラはモアナが「海に選ばれし者」であると告げ、緑色の石を手渡し、それがテ・フィティの心であると明かす。
そして、珊瑚礁を越えて、マウイを探し出し、彼と共にテ・フィティへ心を返しに行けと言った……。

ディズニーのアニメは質が高いので、なるべく見るようにしている。
近年では、『ルイスと未来泥棒』『塔の上のラプンツェル』『シュガー・ラッシュ』『ベイマックス』がおもしろかった。
『モアナと伝説の海』は、絵は美しかったが、話はイマイチ。
しかし、ファミリー向けの映画としては充分に及第点に達していると思う。

日本劇作家協会のイベントに出演します。
神奈川支部の「月いちリーディング」というイベントで、日時は3月10日(土)18時~、場所は神奈川県立青少年センターです。
「月いちリーディング」は、アマチュアまたはセミプロの脚本を、プロの俳優がリーディングし、その後、ゲスト・キャスト・観客でディスカッションするイベント。
僕はゲストとして参加します。
今回の脚本は、坂本正彦さんの『ポイズン・グローリアス』。
入場料はタダですが、事前に予約が必要です。
お問い合わせは、日本劇作家協会03-5373-6923までどうぞ。
nice!(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1