So-net無料ブログ作成

百年の恋 [本]

5月5日(土)
篠田節子『百年の恋』(集英社文庫)読了。

百年の恋 (集英社文庫)

百年の恋 (集英社文庫)

  • 作者: 篠田 節子
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/01/01
  • メディア: 文庫


岸田真一は30歳の理系フリーライター。
SF小説の翻訳家を目指しているが、今は年収200万円のギリギリの生活。
ある日、取材で日本橋の大手信託銀行本社ビルに行き、大林梨香子という女性と会う。
梨香子は33歳独身で、東大大学院の出身で、とてつもない美人。
しかし、全く偉ぶらない態度に、真一は心惹かれてしまう。
真一はセスナの免許を持っていたが、梨香子が乗りたいと言うので、知人の医師に頼み、プライベート・セスナを1日だけ借りる。
セスナ・デートの後、2人は結婚。
ところが一緒に暮らし始めてみると、梨香子は呆れるほどの不精女だった……。

篠田節子氏の本はこれが3冊目。
これがまたとんでもなくおもしろかった。
梨香子のキャラクターが抜群で、美人で年収800万で抜群に仕事ができるのだが、中身は子供。
汚れた食器も汚れた下着も始末できない家事能力ゼロ、いやマイナス100のダメ女なのだ。
真一はすぐに離婚を決意するが、なかなか言い出せない。
ついに宣言、と思ったら、梨香子の妊娠が発覚してしまう。
梨香子は出産するが、もちろん育児もできはしない。
話は要するに、一組の男女の出会いから結婚、出産、育児という、普通のラブトーリーなのだが、これが梨香子によって、信じられないほど波瀾万丈の物語になってしまった。
2005年に、NHKでドラマ化されている。
「真一」役が筒井道隆、「梨香子」役が川原亜矢子だが、僕は見ていない。
今なら、源とガッキーのコンビかな?
強くお薦めします。

今日は神楽坂の絵空箱へ行き、キャラメルボックスの大内厚雄が主宰するStory Dance Paformance Blue『Sky and Blue』を見てきました。
出演者は、大内厚雄、畑中智行、原田樹里、そして去年の『ケンジ先生』に出演してくれた河内美里さん。
ダンスよりセリフの場面が多いので、これはもはや芝居と言っていいと思う。
80分と短めでしたが、しっかり楽しむことができました。
『Sky and Blue』は明日が千秋楽です。


nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2