So-net無料ブログ作成

もっと知りたいパウル・クレー [本]

5月15日(火)
新藤真知『もっと知りたいパウル・クレー』(東京美術)読了。

もっと知りたいパウル・クレー ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいパウル・クレー ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 新藤 真知
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2011/05/10
  • メディア: 単行本


日本パウル・クレー協会代表の新藤真知が、スイス人画家パウル・クレーの生涯と作品を解説する。

1879年、スイスのベルン生まれ。
1900年、ミュンヘン美術学校に入学。
1910年、初の個展。
1912年、カンディンスキーと知り合い、青騎士の展覧会に参加。ミュンヘン新分離派のメンバーとなる。
1916年、ドイツ軍に召集される。
1920年、ドイツの総合工芸学校バウハウスの教授となる。
1933年、ナチスの迫害を避けて、スイスへ亡命。
1940年、死去。
パウル・クレーはヴァイオリンの名手で、音楽を美術で描くことに苦心をしたらしい。
当然、絵は抽象的になる。
代表作は、『パルナッソスへ』『ドゥルマカラ島』『本通りと脇道』『セネキオ』などなど。
よくわからない絵が多いが、色が抜群に美しい。

10時より、キャラメルボックス俳優教室の授業。
みんなの成長が早く、パワースピーチも台本練習もおもしろかった。
17時より、キャラメルボックス2018グリーティングシアター『無伴奏ソナタ』の場当たり。
快調に進み、全5場中4場の途中まで終わりました。
全く関係ありませんが、この5日間で、本を11冊読みました。
まだこのブログに書いていない本が6冊もあります。
なので、明日の朝も更新します。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2