So-net無料ブログ作成

季刊高校演劇241号 [本]

6月4日(月)
黒羽英二他編『季刊高校演劇241号』(高校演劇劇作研究会)読了。

高校演劇コンクールの、2017年度全国大会で上演された10の戯曲を収録した本。

特に印象に残ったのは、優勝した兵庫県立東播磨高校の、藪博晶『アルプススタンドのはしの方』。
学校の命令で応援に来た生徒たち4人が、最初は乗り気でなかったのに、徐々に試合に熱くなっていく姿がおもしろかった。
アイディアの勝利だが、人物もセリフもよく書けていて、非常に質が高いと思った。

10時より、キャラメルボックス俳優教室の授業。
今日から第二クールに入りました。
午前は畑中智行コーチによる、初めてのボクササイズ。
午後は初めての漫才。
第一回セリフ発表会は非常によい出来だったのに、漫才はボロボロでした。
でも、まだ2回チャンスがある。
お笑いのビデオを見るなど勉強して、上達してほしいです。
1630より歯医者。
18時より、日本劇作家協会の戯曲セミナーの卒業生の個別指導の2回目。
先週とは別の人と、その人が書いた戯曲について、2時間話し合いをしました。
僕のアドバイスが役に立つといいのですが。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1