So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年07月| 2017年08月 |- ブログトップ
前の10件 | -

キャラクタードラマの誕生 [本]

8月16日(水)
成馬零一『キャラクタードラマの誕生』(河出書房新社)読了。

キャラクタードラマの誕生: テレビドラマを更新する6人の脚本家

キャラクタードラマの誕生: テレビドラマを更新する6人の脚本家

  • 作者: 成馬 零一
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2013/12/25
  • メディア: 単行本


テレビドラマ評論家の成馬零一が、6人の脚本家の作品を通して、現代のテレビドラマを分析・解説する。

6人の脚本家とは、岡田恵和、坂元裕二、遊川和彦、宮藤官九郎、木皿泉、古沢良太。
(ただし、木皿泉は、夫婦である和泉努と妻鹿年季子のペイネームなので、正確には7人)
僕はテレビドラマをほとんど見ないので、どなたもお名前だけしか存じ上げない。
が、それぞれの脚本家がデビューから現在まで、何を書き、何を追求してきたかがよくわかった。
キャラクタードラマとは、マンガやアニメを原作とした、主人公や主演俳優のキャラクターに強く依拠したドラマのこと。
脚本では岡田恵和が、演出では堤幸彦が、その開祖らしい。
小説における、ライトノベルに近いのかもしれない。
勉強になる本でした。

演劇の世界で、上記のキャラクタードラマに当たるのは、2,5次元の芝居だと思います。
僕が所属している小劇場の世界にはほとんど存在しない。
しいて言えば、マンガやアニメが原作ではないけれど、新感線の「轟天」シリーズや「五右衛門」シリーズがこれに近いかもしれない。
僕も「迅助」シリーズというのを書いているけど、ちょっと違う気がする。
キャラクタードラマについて、もっと考えてみようと思いました。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

砂の惑星 [映画]

8月16日(水)
デヴィッド・リンチ監督『砂の惑星』(1984年)WOWOWで鑑賞。

西暦10000年。
人類は宇宙に進出したが、皇帝、恒星間輸送を独占する宇宙協会、惑星を領土とする大公家連合の三勢力に分裂していた。
皇帝シャッダム4世(ホセ・フェラー)は、公爵レト・アトレイデス(ユルゲン・プロホノフ)に砂漠の惑星アラキス、別名「デューン」を与えた。
アラキスは、不老不死の薬物メランジの唯一の産出地だった。
皇帝は、アトレイデス家の仇敵ハルコネン家にアラキスを襲わせる。
公爵は自害したが、息子ポール(カイル・マクラクラン)と、妾妃でポールの母ジェシカ(フランセスカ・アニス)は辛くも砂漠へと逃げのびた……。

アメリカSF小説の古典的名作『デューン/砂の惑星』の映画化。
デヴィッド・リンチらしいグロテスクな映像がたまに出てくるが、それ以外はわりと真っ当なスペースオペラになっていた。
とは言え、今となってはいかにも古い。
当時はまだ「ポリス」のメンバーだったスティングも出演していたが、セリフはほとんどなく、少々情けない扱われ方だった。

今日も自宅で執筆。
題名を明かせない脚本の第一稿、全12場中8場まで、つまり2/3が書き上がりました。
いつもキャラメルボックスでやっている脚本は110ページ前後で2時間なのですが、既に80ページに達してしまいました。
ということは120ページ?
間違いなく2時間を越えてしまう!
でも、今はとにかく書き続けるしかない!
というわけで、執筆に戻ります。

デューン/砂の惑星 日本公開30周年記念特別版 Blu-ray BOX

デューン/砂の惑星 日本公開30周年記念特別版 Blu-ray BOX

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray



nice!(2) 
共通テーマ:演劇

四月物語 [映画]

8月15日(月)
岩井俊二監督『四月物語』(1998年)WOWOWで鑑賞。

四月物語 [DVD]

四月物語 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビデオメーカー
  • メディア: DVD


4月、北海道。
楡島卯月(松たか子)を乗せた電車が、家族に見送られて、駅を出発する。
卯月は東京・武蔵野にある大学に通うため、独り暮らしを始める。
引越し屋が運んできた荷物は、部屋が狭すぎて、入りきれなかった。
大学では友人に誘われ、釣りのサークルに入った。
しかし、卯月がこの大学に入学したのは、ある人に会うためだった。
それは、高校の1年先輩の山崎(田辺誠一)だった……。

わずか67分の映画だが、とてもよかった。
19年前の松たか子が途轍もなく瑞々しい。
オープニング、駅で見送る家族が、松本幸四郎、市川染五郎など、松たか子の本当の家族なのだ。
これだけで、「すげー!」と唸ってしまった。
大学に入学した女の子の最初の1カ月を描いただけの映画で、事件もドラマもどんでん返しもないが、そのナイーブさ、優しさ、映像の美しさが、僕にはどストライク!
参りました、と降参するしかない。
『耳をすませば』が好きな人にはきっとわかってもらえると思う。
お薦めです。

今日も自宅で執筆。
『光の帝国』の改訂第一稿が完成しました。
僕と真柴あずきの二人で改訂案を話し合い、真柴あずきが一人で書きました。
現時点で、90~100分ぐらいになるのではないかと思います。
初演は60分だったのでかなりの駆け足でしたが、今回はじっくりと物語が進みます。
新しい登場人物もいます。
初演を見た人も、きっと楽しめると思います。
9月5日の稽古開始までに、真柴あずきが第二稿を書く予定です。
ご期待ください!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

AX [本]

8月14日(月)
伊坂幸太郎『AX』(角川書店)読了。

AX アックス

AX アックス

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/07/28
  • メディア: 単行本


「兜」は40代の殺し屋。
普段は文房具の会社で営業をしていて、妻、高校生の息子と3人暮らし。
「兜」は極端な恐妻家で、いつも妻の顔色を伺いながら、生活している。
長年人を殺めてきて、もう引退したいと思っているが、仲介業者の医師には、先行投資を回収するために、もっと仕事をしてからと言われている。
進路相談のため、息子の高校に行くことになっていた日、新たな殺しの依頼が入った。
「兜」は妻に、進路相談には行けなくなった、とは言えない……。

キャラメルボックス・プロデューサーの仲村和生から借りました。
伊坂幸太郎氏の本はこれが34冊目。
『グラスホッパー』『マリアビートル』に続く、殺し屋シリーズの第三弾。
前2作に登場した「蝉」「檸檬」「蜜柑」「スズメバチ」などの殺し屋たちの名前も出てくる。
『マリアビートル』の、日本一運の悪い殺し屋もおもしろかったが、この本の、日本一の恐妻家の殺し屋というのも実におもしろい。
ラストには感動まであった。
父と息子の話なので、父でもあり息子でもある僕にはたまらなかった。
強くお薦めします。

今日は『15 Minutes Made』の止め通し稽古。
6劇団が集まり、1本ずつ上演し、お互いの芝居を見せ合いました。
集まった出演者は、全部で40人以上。
その前でいきなり演じるのですから、出演者はさぞかし緊張したことと思います。
キャラメルボックスの『ラスト・フィフティーン・ミニッツ』は、最初ミスが連発しましたが、中盤からは落ち着き、ラストはしっかり盛り上がりました。
上演時間は15分21秒で、何とか16分を切ることができました。
と言っても、まだ21秒オーバーなのですが。
6劇団のカラーが大きく異なるため,とても楽しむことができました。
僕が一番笑ったのは「梅棒」でした。
稽古終了後は、その場で親睦会。
「柿喰う客」の中屋敷法仁君、七味まゆ味さん、Mrs.fictionsの今村圭佑君、岡野康弘君など、たくさんの人と話すことができました。
とても楽しい1日でした。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

俳優の教科書 [本]

8月13日(日)
三谷一夫『俳優の教科書』(フィルムアート社)読了。

俳優の教科書 (撮影現場に行く前に鍛えておきたいこと)

俳優の教科書 (撮影現場に行く前に鍛えておきたいこと)

  • 作者: 三谷 一夫
  • 出版社/メーカー: フィルムアート社
  • 発売日: 2017/01/25
  • メディア: 単行本


「映画24区」代表で、映画プロデューサーの三谷一夫が、プロの映画俳優になるためのノウハウを伝授する。

まず映画の現場を詳しく解説し、映画俳優はメンバーの一人に過ぎないと諭す。
そして、脚本を読むことの大切さ、オーディションの事前の準備の大切さを説く。
演技の訓練については特に書いてなかったが、これは三谷氏の前作『俳優の演技訓練』を読めということだろう。
映画俳優を目指す人にはとても役に立つ本だと思う。
僕も映画の現場には行ったことがないので、いろいろためになった。

題名を明かせない脚本の第一稿、ようやく半分完成しました。
予定より大分長くなってしまった。
しかし、のんびりしている暇などなく、今日も続きを執筆。
ただし、これから地元の図書館ヘ行ってきます。
往復2キロですが、健康のために少しでも歩かないと。
では、行ってきます。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

依頼人は死んだ [本]

8月12日(土)
若竹七海『依頼人は死んだ』(文春文庫)読了。

依頼人は死んだ (文春文庫)

依頼人は死んだ (文春文庫)

  • 作者: 若竹 七海
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2003/06/01
  • メディア: 文庫


葉村晶(あきら)は28歳で、長谷川探偵調査所に勤めている。
実の姉・珠洲(すず)は晶を殺そうとし、逮捕された後、自殺した。
晶はそのショックからなかなか抜け出せない。
ある日、実業家でエッセイストの松島詩織の身辺警護を依頼される。
詩織の家のファクシミリには嫌がらせの文章や、うじがたかったが生肉が届き、外に出れば、植木鉢が降ってきたり、スピードを出した車が向かってくる。
犯人は一体何人いるのか……。
葉村晶を主人公にした短編9つを収録した連作短編集で、上記は一つ目の『濃紺の悪魔』。

葉村晶シリーズの第一作。
『さよならの手口』がおもしろかったので読んでみたのだが、40過ぎだった晶が、この本では28歳。
若い晶はやっぱり威勢がいい。
どれも40ページ弱の短編だが、中身が濃く、読み応えがある。
一番いいと思ったのは、表題作の『依頼人は死んだ』。
ラストの一文のキレがすばらしい。

今日も自宅で執筆。
今はまだタイトルを公にできない脚本を書いています。
もうすぐ半分完成。
今日は妻の帰りが遅いため、夕食は大学2年の娘が作ってくれました。
おかずは麻婆春雨とオムレツ。
妻が留守の時はたまにこうして作ってくれるのですが、徐々に腕を上げている気がいます。
何もかもおいしくて、お世辞でなく、褒めることができました。
よかったよかった。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

マルサの女2 [映画]

8月12日(土)
伊丹十三監督『マルサの女2』(1988年)GEOのレンタルDVDで鑑賞。

マルサの女2 [DVD]

マルサの女2 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


板倉亮子(宮本信子)は国税局査察部、通称「マルサ」の査察官。
新人の三島(益岡徹)とともに、ある宗教法人の調査する。
そこの教祖は赤羽キヌ(加藤治子)だったが、実際に動かしているのは管長の鬼沢鉄平(三國連太郎)。
鬼沢は国会議員の漆原(中村竹弥)から依頼を受け、ヤクザの猫田(上田耕一)を使って、地上げを開始する。
その手口は巧妙で、なかなか尻尾がつかめない……。

出来は前作より大分落ちた。
鬼沢の生き様を描くことに時間が費やされ、マルサの調査と告発に凄味と意外性がない。
前作でもそうだったが、伊丹監督はマルサより、悪を描くことに力を入れているように見える。
金の亡者が胸に壮絶な孤独を抱いている。
その姿を、前作の山崎努さんも、今作の三國連太郎さんも、圧倒的な演技で描いてみせる。
しかし、今作にはストーリーの盛り上がりも、ラストのカタルシスもなかった。

『15 Minutes Made Anniversary』参加劇団のタイトルと出演者が発表になりました。
以下に記しますが、これは上演順ではありません。

演劇集団キャラメルボックス
『ラスト・フィフティーン・ミニッツ』
作・演出/成井豊
出演/筒井俊作、渡邊安理

梅棒
『BBW』
作・演出/伊藤今人、遠山晶司
出演/伊藤今人、飯野高拓、鶴野輝一、遠山晶司、遠藤誠、櫻井竜彦、野田裕貴、池田遼、正安寺悠造、原田康正、五十嵐結也、KENZO MASUDA

柿喰う客
『フランダースの負け犬』
作・演出/中屋敷法仁
音楽/入交星士
出演/七味まゆ味、深谷由梨香、葉丸あすか、田中穂先

吉祥寺シアター演劇部
『ハルマチスミレ』
作・演出/堀越涼
演出助手/金子侑加、白石ほなみ
音楽/吉田能
出演/市村友里江、伊藤美紅、内田幸花、紙屋陽子、齋藤龍之介、里吉うたの、庄司ゆらの、中野亜美、西室桃花、一楽、古川佑紀、室井美生

劇団「地蔵中毒」
『想いをひとつに』
作・演出/大谷皿屋敷
出演/栗原三葉虫、関口オーディンまさお、鈴木理子、かませけんた、宇都宮みどり、東野良平、フルサワミオ、hocoten 、立川がじら、武内慧、礒村夬

Mrs.fictions
『私があなたを好きなのは、生きてることが理由じゃないし』
作・演出/中嶋康太
出演:岡野康弘、岡本篤、徳橋みのり、森谷ふみ

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

あぁ、監督 [本]

8月11日(金)
野村克也『あぁ、監督』(角川oneテーマ21)読了。

あぁ、監督    ――名将、奇将、珍将 (角川oneテーマ21)

あぁ、監督 ――名将、奇将、珍将 (角川oneテーマ21)

  • 作者: 野村 克也
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2009/02/10
  • メディア: 新書


元プロ野球選手・監督・評論家の野村克也が、プロ野球の監督について語る。

野村氏が選ぶ史上最高の監督は、読売ジャイアンツの川上哲治。
それに次ぐ優秀監督は、星野仙一、西本幸雄、上田利治、古葉竹識、広岡達郎、森祇晶、王貞治、鶴岡一人、三原脩、水原茂。
野村氏は自著の中で必ず、王さんを「王」と呼び捨てで書く。
それほど親しいということだろうか、今、日本で王さんを呼び捨てにできるのは、野村氏だけだろう。
また、野村氏はこの本の中でも、古田敦也氏の悪口を書いている。
いつものことだが、本当に執念深い人だなあと呆れてしまう。

15MMAの公演データが届きましたので、ここに転載します。
Mrs.fictions presents
『15 Minutes Made Anniversary』
■参加団体
演劇集団キャラメルボックス
梅棒
柿喰う客
劇団「地蔵中毒」
吉祥寺シアター演劇部 作・演出:堀越涼(あやめ十八番/花組芝居)
Mrs.fictions
■日時
8月
23日(水)19:30-
24日(木)15:00-/19:30-
25日(金)★11:00-/15:00-/19:30-
26日(土)★11:00-/15:00-/19:30-
27日(日)13:00-/17:00-
(★追加公演)
※終演後、「おわりの会」を行います。
おわりの会とは…終演後もお客様になるべく長く劇場という空間を味わっていただくため、劇場を開放する時間です。
毎回参加団体等からゲストを招き、トークセッションも行いま す。
▼アフタートークゲスト
23日(水)19:30 キャラメルボックス
24日(木)15:00 柿喰う客
       19:30 仲村和生(キャラメルボックス チーフプロデューサー)
25日(金)15:00 梅棒
       19:30 柴幸男(劇作家・演出家・ままごと主宰)
26日(土)15:00 劇団「地蔵中毒」
       19:30 Mrs.fictions
27日(日)13:00 吉祥寺シアター演劇部
       17:00 大川智史(吉祥寺シアター 制作)
※追加公演回では「おわりの会」を実施いたしません。
■会場
吉祥寺シアター
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-33-22
(JR中央線・京王井の頭線吉祥寺駅北口下車徒歩5分)
■チケット
前売 4000円 当日4500円(全席指定)
高校生以下 1500円(枚数限定・要学生証)
■チケット取り扱い
カンフェティチケット
http://confetti-web.com/15mm_anniv
※ご購入いただく為にはカンフェティの会員登録(無料)が必要となります。
※ご予約後、セブン-イレブン店頭にてチケットをお受け取りください。(手数料216円/1枚当り)
カンフェティチケットセンター
0120-240-540 (平日のみ 10:00~18:00)
(電話予約でのご購入の場合、会員登録の必要はありません)
■お問い合わせ
info@mrsfictions.com
■Mrs.fictionsホームページ
http://www.mrsfictions.com/
nice!(2) 
共通テーマ:演劇

マルサの女 [映画]

8月11日(金)
伊丹十三監督『マルサの女』(1987年)GEOのレンタルDVDで鑑賞。

マルサの女 [DVD]

マルサの女 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


東京。
板倉亮子(宮本信子)は港町税務署の調査官。
一軒のラブホテルに目をつけ、オーナーの権藤英樹(山崎努)を調査するが、脱税の証拠か見つからない。
やがて、亮子は国税局査察部、通称「マルサ」に抜擢された。
上司の花村(津川雅彦)とともに、再度、権藤の調査を開始する……。

非常に有名な映画だが、今まで見逃していた。
よくできた脚本、快調なテンポの演出、達者な役者たち。
これでつまらなくなるわけがない。
30年も前の映画なので、橋爪功さんや伊東四朗さんがまだ若く、出番も1回だけの軽い扱い。
大滝秀治、芦田伸介、小林桂樹の3名優がイキイキと演じていて、うれしくなった。
参加したメンバーが全員キッチリ仕事をしている、まさに「仕事師映画」。

15MMAの『ラスト・フィフティーン・ミニッツ』は本当にたった15分の芝居ですが、全編クライマックスなので、役者の消耗度が激しい。
筒井俊作も渡辺安理も、稽古が終わって家に帰ると、すぐに寝てしまう、と言っていました。
消耗度は、2時間の芝居と同じか、それ以上なのでしょう。
脚本を書いている時は、まさかここまで過酷な芝居になるとは思っていませんでした。
たったの15分ですが、とても見応えのある芝居になったと思います。
一人でも多くの人に見てほしいです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ことばの遊びと考え [本]

8月10日(木)
土屋耕一『ことばの遊びと考え』(東京糸井重里事務所)読了。

2009年に亡くなった、コピーライター・土屋耕一のコピーとエッセイを、糸井重里がまとめた本。

土屋耕一氏は1930年、東京生まれ。
資生堂宣伝部を経て、1960年に広告制作会社ライトパブリシティに入社。
同僚のイラストレーター・和田誠と組み、コピーライターとして活躍。
1976年に独立し、「土屋耕一の仕事場」を設立。
代表作は、「君のひとみは10000ボルト」「オレ、ゴリラ。オレ、景品」「オレ、社長の代理」「サラダガール」など。
コピーライターとしては超一流の人だったのだろう。
やはりセンスが凄い。
コピーライターの心構えを書いた文章もなかなかためになった。

今日も17時から15MMA『ラスト・フィフティーン・ミニッツ』の稽古。
復習の後、3回通しました。
1回目が16分06秒。
2回目が16分07秒。
3回目が15分31秒。
ようやく16分が切れたけど、まだ31秒長い!
ネビュラプロジェクトの庄村拓也君、持田有美さん、中村友一君、本間浩介君が見学に来てくれました。
終わった後、感想を聞き、アドバイスをもらいました。
稽古は今日でひとまず終了。
あとは、本番までに、6劇団合同の稽古が2回。
そこで何とかさらなる短縮を目指したいと思います。
まだまだ頑張るでえ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -
2017年07月|2017年08月 |- ブログトップ