So-net無料ブログ作成
検索選択

彼女について知ることのすべて [本]

6月27日(火)
佐藤正午『彼女について知ることのすべて』(光文社文庫)読了。

彼女について知ることのすべて (光文社文庫)

彼女について知ることのすべて (光文社文庫)

  • 作者: 佐藤 正午
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/11/08
  • メディア: 文庫


1984年。
鵜川勉は小学校の教員で、同僚の笠松三千代と結婚間近。
ところが、三千代の高校の後輩で、看護婦の遠沢めいに心惹かれてしまう。
めいとデートを重ねるうちに、三千代にバレてしまい、三千代との仲は終わる。
ところが、めいには別に男がいた。
男はヤクザで、めいを食い物にしていて、めいに手を出した鵜川に金を要求してきた……。

佐藤正午氏の本を読むのは、これが14冊目。
そして、1995年に出版されたこの本は、佐藤氏にとって14冊目の著作。
1984年のデビューから、酒と女と競輪に溺れる男を書き続けてきた佐藤氏が、この本から少し変化し始める。
題材は相変わらずだが、話の展開がトリッキーになってきたのだ。
これが後の傑作『Y』『ジャンプ』『身の上話』に繋がっていくのだと思う。
しかし、『彼女について知ることのすべて』はまだその萌芽の段階で、驚きや感動には至らなかった。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古22日目。
1~5場を、それぞれ1回ずつ復習した後、第一回通し稽古。
ハツキスに連載中のマンガ版『スロウハイツの神様』の作者・桂明日香さんと、担当編集者さんが見に来てくれました。
他にも舞台スタッフがたくさん集まったので、役者たちは緊張した様子。
もう2回も通しているのに、ミスがチラホラ。
しかし、芝居は格段によくなって、ホッ。
上演時間は82秒短くなって、1時間59分21秒。
ようやく2時間を切りました。
コミカルな演技が増えてきたのは、うれしい限り。
でも、もっとおもしろくなる。
稽古は残り3日。
さあ、ラストスパートだ!


nice!(1) 
共通テーマ:演劇

中野京子と読み解く名画の謎 旧約・新約聖書篇 [本]

6月25日(月)
中野京子『中野京子と読み解く名画の謎 旧約・新約聖書篇』(文藝春秋)読了。

中野京子と読み解く 名画の謎 旧約・新約聖書篇

中野京子と読み解く 名画の謎 旧約・新約聖書篇

  • 作者: 中野 京子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2012/12/16
  • メディア: 単行本


ドイツ文学者で早稲田大学講師の中野京子による、世界の名画の解説。
この本では「旧約・新約聖書」を題材にした名画31を解説している。

採り上げられ作品は、
ミケランジェロ『アダムの創造』
ブリューゲル『バベルの塔』
ダ・ヴィンチ『受胎告知』
ボス『七つの大罪と四終』
レンブラント『イサクの犠牲』
ボッティチェリ『東方三博士の礼拝』
カラヴァッジョ『聖マタイの召命』
ティツィアーノ『聖母被昇天』
などなど。
聖書にはうといので、とても参考になった。

10時より、キャラメルボックス俳優教室の授業。
14時より、キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古22日目。
7~12場を通した後、一昨日に続いて2回目の、1~12場のランスルー。
上演時間は2時間0分43秒。
41秒伸びてしまいました。
が、芝居の質は確実に上がっています。
終了後、カーテンコールの段取を決めました。
明日はいよいよ、第一回通し稽古。
既にランスルーを2回やったので、準備は万端です。
目標は2時間を切ること。
役者たちの健闘を期待します。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

写真がもっと好きになる。写真を観る編。 [本]

6月25日(日)
菅原一剛『写真をもっと好きになる。写真を観る編。』(ソフトバンク・クリエイティヴ)読了。

写真がもっと好きになる。写真を観る編。

写真がもっと好きになる。写真を観る編。

  • 作者: 菅原 一剛
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2012/03/23
  • メディア: 単行本


写真家の菅原一剛が、好きな写真家16人を紹介する。

紹介された写真家は、ロバート・キャパ、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ダイアン・アーバス、ウィリアム・エグルストン、ウジェーヌ・アジェ、土門拳、ロバート・メイプルソープなど。
どの写真家も、その代表作は物凄い力を持っている。
ソウル・ライター展とこの本で、これからは写真展にも行こうと誓った。

今日は西葛西の東京フィルムセンター映画・俳優専門学校へ行き、高校生向けのワークショップをやってきました。
高校生向けは今回が2回目。
参加者は、関東近県の高校生22人と、東京FCの在校生6人。
コーチは、キャラメルボックスの山崎雄也。
今日のメニューは、シアターゲームのカウントジャンプ、リズム練習、発声練習、二人組朗読。
二人組朗読のテキストは、芥川龍之介の『魔術』。
わずか1時間半のワークショップでしたが、参加者がみんな積極的に取り組んでくれたおかげで、とても充実したものになりました。
終了後は、東京FCの久野先生の司会で、高校生たちと質疑応答。
キャラメルボックスの公演を見たことがある、僕の脚本を上演したことがある、という生徒が多かったので、たくさん質問が出て、40分近く話をしました。
この中の何人かは、来年、東京FCに入学して、また一緒にワークショップをやることになるかも。
その日が来るを楽しみにしています。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

写真がもっと好きになる。 [本]

6月24日(土)
菅原一剛『写真がもっと好きになる。』(ソフトバンク・クリエイティヴ)読了。

写真がもっと好きになる。

写真がもっと好きになる。

  • 作者: 菅原 一剛
  • 出版社/メーカー: SBクリエイティブ
  • 発売日: 2008/04/26
  • メディア: 単行本


1960年生まれの写真家・菅原一剛による写真入門。
インターネットwebサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』に2005年12月から2007年3月まで掲載された文章をまとめたもの。

プロになるためのノウハウでなく、アマチュアとして写真を楽しむためのコツを伝授する。
専門用語がほとんど出てこないため、とてもわかりやすかった。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古21日目。
稽古前に2キロ走ったら、10分44秒で、昨日より1秒短縮。
もうヘロヘロ。
稽古は、7~12場を通した後、1~12場をランスルー。
全部通したのはこれが初めて。
しかし、特に混乱することなく、無事に最後まで通すことができました
上演時間は、2時間0分2秒。
役者たちが盛んにギャグを入れてくれたので、ちょっと長くなりました。
しかし、同時に、一週間前とは見違えるほど、明るく楽しくエネルギッシュになった。
稽古はまだ一週間も残っているので、ガンガン通して、さらに熱い芝居にしたいと思います。
やるずら。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

シャドウ・ストーカー(下) [本]

6月23日(金)
ジェフリー・ディーヴァー『シャドウ・ストーカー(下)』(文春文庫)読了。

シャドウ・ストーカー 下 (文春文庫)

シャドウ・ストーカー 下 (文春文庫)

  • 作者: ジェフリー ディーヴァー
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/11/10
  • メディア: 文庫


ボビー・プレスコッドは劇場で奈落に落ち、そこに照明の機材が落ちてきて、焼け死んだ。
事件の直前、ケアリー・タウンに電話がかかってきた。
相手は話をせず、ケアリーの曲を流した。
ボビーの死に方は、その曲の歌詞と一致していた。
そして、再び、ケアリーに電話がかかってくる。
犯人は2コーラス目の歌詞通りの殺人を犯すつもりなのか?
キャサリン・ダンスのもとに、ニューヨークから客が来る。
以前から「一度遊びに来て」と誘っていた、全米一の犯罪学者、リンカーン・ライムだった!

ジェフリー・ディーヴァーの小説は「ジェットコースター・ミステリー」と呼ばれ、クライマックスはツイスト(どんでん返し)の連続になる。
この本も、残りがあと〇ページあるから、もう一回ツイストがあるな、と先読みできてしまった。
しかし、リンカーン・ライムの登場シーンには胸が震えた。
キャサリン・ダンスが主人公の小説なので、視点はあくまでもダンス。
ライムの視点はない。
だから、ライムが客観的に描かれ、それがやたらとカッコよくて、シビれてしまった。
主人公の時はやたらと気難しいオッサンだが、脇役の時はまぎれもない天才。
なんと魅力的なキャラクターだろう。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古20日目。
ダンス振付の3回目。
残り20秒が付け終わり、ついに振付が完成しました!
このラストの20秒が本当に凄くて、ただただ圧倒されてしまいました。
川崎悦子先生に「これは何ですか?」と聞いたら、「ちょっとコンテンポラリー寄り」との答え。
キャラメルでこんな振付をするとは、ご自分でも思っていなかったそうです。
とにかく、「カッコいい」と言うより、「凄い」振付。
これに負けない芝居を作らなくちゃ。
頑張るでえ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

シャドウ・ストーカー(上) [本]

6月22日(木)
ジェフリー・ディーヴァー『シャドウ・ストーカー(上)』(文春文庫)読了。

シャドウ・ストーカー 上 (文春文庫)

シャドウ・ストーカー 上 (文春文庫)

  • 作者: ジェフリー ディーヴァー
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/11/10
  • メディア: 文庫


アメリカ。
カリフォルニア州捜査局モンテレー支局捜査官のキャサリン・ダンスは、休暇でフレズノに行く。
そこにはダンスの友人で、人気カントリー歌手のケイリー・タウンが住んでいた。
ケイリーは今、ストーカーに悩まされていた。
シアトルに住んでいたエドウィン・シャープという男で、今はフレズノ市内に家を借りていた。
ある日、ケイリーの元恋人で、ロードクルーのチーフのボビー・プレスコッドが劇場で殺される。
はたしてシャープの仕業なのか……。

ジェフリー・ディーヴァーの本はこれが18冊目。
リンカーン・ライム・シリーズのスピンオフとして始まった、キャサリン・ダンス・シリーズの3冊目。
ダンスは、相手のボディ・ランゲージから、隠された心理を読み取る、キネシクスの遣い手。
相手の嘘を100パーセント見破る。
ところが、妄想型のストーカーは、自分が作った嘘を本当だと思い込んでしまうので、つまり嘘をついている自覚がないので、ボディ・ランゲージはきわめて自然。
ダンスにとって、ストーカーのシャープは史上最大の難敵となるのだ。
下巻も楽しみ。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古19日目。
稽古前にストレッチをして、2キロ走りました。
『スロウハイツの神様』の稽古で走るのは、これが7回目。
タイムは10分45秒で最短記録。
うれしいけど、2月は10分36秒が出たので、まだまだ。
稽古は、昨日の続きの尻取り稽古。
6・7場から始めて、11・12場まで到達し、最後は12場のみで終了しました。
役者たちに徐々に余裕が出てきているように感じます。
芝居全体に明るさが増してきたようにも思います。
でも、もっとよくなる。
休憩中に、松村泰一郎君がヨーヨーをやっていたのですが、あまりにうまくてビックリしました。
でも、お客さんにお見せする場面はないだろうなあ。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

人参倶楽部 [本]

6月20日(火)
佐藤正午『人参倶楽部』(光文社文庫)読了。

人参倶楽部 (光文社文庫)

人参倶楽部 (光文社文庫)

  • 作者: 佐藤 正午
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/12/06
  • メディア: 文庫


九州、西海市。
「いさむ」は「人参倶楽部」という名のバーの経営者兼バーテンダー。
妻子がいるが、しばしばと客をつまみ食いし、時には数カ月、付き合ったりしている。
ある晩、「陽子」という名の客が一人でやってくる。
「いさむ」は「陽子」の仕事を、化粧品の美容部員と言い当てる。
一カ月後、また「陽子」が来る。
午前5時の閉店後、家まで送っていき、体を重ねた……。

佐藤正午氏の本はこれが13冊目。
1991年の出版で、佐藤氏にとって11冊目の本。
水商売の男女を描いた小説で、僕にはあまり興味のない世界だった。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古17日目。
9・10場の復習の後、前後半に分けて、粗通しをしました。
前半は54分、後半は67分で、合計121分。
正確には、2時間0分52秒。
しかし、後半はテンポが遅かったので、稽古を重ねれば、2時間を切ると思われます。
クライマックスの11場は、またしても泣いてしまいました。
ところが、セリフを手直ししたいところが3カ所も見つかってしまった!
急いで、書き直さなければ!
頑張るぞい!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

コロボックルの小さな画集 [本]

6月19日(月)
村上勉『コロボックルの小さな画集』(講談社)読了。

コロボックルの小さな画集

コロボックルの小さな画集

  • 作者: 村上 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/12/16
  • メディア: 単行本


イラストレーターの村上勉による、エッセイとイラストの本。

村上勉は1943年、兵庫県生まれ。
1965年、佐藤さとるのコロボックル・シリーズ第一作『だれも知らない小さな国』の挿絵でデビュー。
以降、コロボックル・シリーズのすべての挿絵・装丁を手がけてきた。
この本では、デビュー当時の思い出が語られていて、非常に興味深かった。
イラストはすべてコロボックル。
色はすべて、村上氏が大好きな「ペインズグレー」という色。
この色がとても素敵で、僕も気に入った。
清潔感、知性、詩情が感じられて、コロボックルにぴったりだと思う。

今日は10時からキャラメルボックス俳優教室の授業。
14時からキャラメルボックスの稽古があるので、13時までの短縮授業。
大急ぎで、身体訓練、発声練習、2人コント、台本練習をやりました。
で、14時からキャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古16日目。
今日から大内厚雄が正式参加。
11・12場の動きつけをした後、大内の出番だけ復習していきました。
昨日までよその芝居に出ていたのに、結構セリフを入れていて、ビックリ。
稽古は今日から後半戦。
ようやく全員揃ったので、ギアを一段上げて、より熱く、より楽しい芝居にしていきたいと思います。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

王様の結婚 [本]

6月18日(日)
佐藤正午『王様の結婚』(集英社文庫)読了。

王様の結婚 (集英社文庫)

王様の結婚 (集英社文庫)

  • 作者: 佐藤 正午
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1987/07
  • メディア: 文庫


鐘ヶ江晋は駐車場の管理人。
独り暮らしで、咲子という女性と付き合っているが、3年前に自分を捨てた女が忘れられない。
半年前に、高校時代の同級生で、今は銀行に勤めている坂本と再会する。
坂本には妻がいたが、水商売の若い女と浮気していた。
ある日、坂本が鐘ヶ江に、金を貸してくれと言う。
鐘ヶ兼は即座に断るが、坂本に事情を話せと言った……。
上記は中編『王様の結婚』で、短編『青い傘』も併録。

佐藤正午氏の本はこれが12冊目。
84年の発売で、同年のデビュー作『永遠の1/2』に続く、第二作。
主人公の心情が全くわからず、最後まで乗れなかった。

今日は西葛西の東京フィルムセンター映画・俳優専門学校でワークショップをやってきました。
今年5回目で、2回目の2年生。
助手は石森美咲。
メニューは、ストレッチ、ストップターン、スローウォーク、発声練習、台本練習。
台本練習のテキストは、『時をかける少女』の1場。
組分けをして、それぞれで読み合わせを2回やった後、1組ずつ発表したのですが、最初はなかなかテンションが上がらなくて、大変でした。
が、徐々に調子が上がって、最後の組はなかなかの出来。
まあ、その組には石森も入ってましたけど。
来月も同じ台本を使うので、ぜひとも練習してきてほしいです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

バーニング・ワイヤー(下) [本]

6月17日(土)
ジェフリー・ディーヴァー『バーニング・ワイヤー(下)』(文春文庫)読了。

バーニング・ワイヤー 下 (文春文庫)

バーニング・ワイヤー 下 (文春文庫)

  • 作者: ジェフリー ディーヴァー
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/11/10
  • メディア: 文庫


変電所で爆発事故を起こした犯人は、アルゴンクイン・コンソリデーテッド社に対し、ニューヨーク全域の電圧を30分間低減せよと要求してくる。
CEOのアンディ・ジェッセンはそれを拒否する。
リンカーン・ライムは、変電所に残された微細物件を分析。
火山灰と、ギリシャ料理のタマラサラータが検出される。
はたして第二の現場はどこか?
予告の時間は刻々と迫る……。

さすがはジェフリー・ディーヴァー、シリーズ9作目もしっかり驚かせ、楽しませてくれた。
クライマックスはツイスト(どんでん返し)の連続で、凄い盛り上がり。
ライムと犯人の対決もすばらしい。
さらに、エピローグにまでツイストが仕掛けられていた!
シリーズ最高傑作、とまでは行かないが、きわめて質の高いミステリであることは間違いない。
お薦めです。

今日は13時から、有楽町の出光美術館へ行き、『水墨の風』展を見てきました。
水墨画の展覧会は初めて。
舞台監督の村岡晋さんのお薦めです。
会場に入って、中の暗さにビックリ。
後で村岡さんに聞いたところ、水墨画の展覧会は、作品を光から守るため、必ず暗いそうです。
メインは、雪舟と長谷川等伯の水墨画。
他にも、谷文晁や池大雅の水墨画がありました。
予想通り、長谷川等伯の屏風がすばらしかった。
雪舟も、一目で雪舟の絵がとわかるところが凄いと思いました。
『水墨の風』展は7月17日までです。
17時から、キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古15日目。
9場・10場の動きをつけた後、7~10場の粗通しをしました。
今回の動きつけは本当にスムーズ。
今日もある場面では、役者3人が話し合って、動きを考えてくれました。
僕はそれを見て、ジャッジすればいいので、本当に楽。
いつもこうだといいなあと思いました。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇