So-net無料ブログ作成
検索選択

戦場のコックたち [本]

6月11日(日)
深緑野分『戦場のコックたち』(東京創元社)読了。

戦場のコックたち

戦場のコックたち

  • 作者: 深緑 野分
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2015/08/29
  • メディア: 単行本


第二次世界大戦末期、イギリス。
ティムは19歳、アメリカ陸軍の五等特技兵で、コックをしている。
ティムが所属する第101空挺師団はノルマンディー上陸作戦に参加。
ティムも落下傘でフランス、ノルマディー地方のコタンタン半島の村に舞い降りた。
イースヴィル村の野戦病院に移動し、仲間と食事を作り始める。
仲間たちは最年少のティムを「キッド」と呼んだ……。

2016年版「このミステリーが読みたい!」第2位。
2015年度週刊文春ミステリーベスト第3位。
評判通りの傑作だったが、上下二段で349ページ、読むのに4日もかかってしまった。
ノルマンディー上陸作戦に参加したコックたちが遭遇する、数々の不思議な事件を描く。
深緑野分氏は1983年生まれで、僕の22歳下。
まだ若いのに、70年も前の出来事を、しっかりしたリアリティーで書いている。
謎解きもちゃんとサプライズがあって、お見事と言うしかない。
読み終わった後、心に残るのは、生死を共にした戦友たちの友情。
恐るべき傑作。
お薦めです。

今日は稽古休みで、自宅で執筆作業。
キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の脚本の改訂をやりました。
書き直しがいっぱいあって、今はまだ途中。
一カ所、解決策が浮かばないところがあって、ずっと悩んでいます。
さてさて、仕事に戻りますか。
頑張るぞ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

もっと知りたい東山魁夷 [本]

6月10日(土)
尾崎正明『もっと知りたい東山魁夷』(東京美術)読了。

もっと知りたい東山魁夷―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい東山魁夷―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 鶴見 香織
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2008/03/20
  • メディア: 単行本


日本画家・東山魁夷の生涯と作品を解説する。

東山魁夷は、1908年(明治41年)、神奈川県横浜市生まれ。
父は鈴木商店横浜支店長で、魁夷は次男、本名は新吉。
3歳で、兵庫県神戸市に転居。
18歳で、東京美術学校日本画科に入学。
21歳で、帝展に『山国の秋』を初出品し、初入選。
25歳で、ベルリン大学に留学。
39歳で、日展に出品した『残照』が特選を受賞し、一躍、人気画家となる。
42歳で、日展の審査員となり、代表作『道』を出品。
1999年(平成11年)、老衰のため死去、享年90歳。
東山魁夷の絵はメルヘンチックに見えて、あまり好きではなかったが、いい絵はやはりいい。
『道』『花明り』『夕静寂』には圧倒された。

今日は0930より、15munites madeの初顔合わせ兼打ち合わせ。
参加劇団6つの代表者が顔を揃えました。
キャラメルボックスからは、僕と仲村和生が参加。
まずは、主催者のMrs.Fictionsの方が公演の概要を説明。
その後、1劇団ずつ、どんなものをやるつもりか、説明。
僕も「こんなものがやりたい!」と熱弁をふるいました。
僕と仲村君以外は、みんな若い。
若い人たちの催しに参加できて、本当にうれしいです。
17時より、キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古9日目。
6・7・8場の立ち稽古。
みんなが少しずつ、役のキャラクターに近づいている。
石川寛美と岡田さつきは既に到達。
他のみんなにも頑張ってほしいです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ごはんぐるり [本]

6月9日(金)
西加奈子『ごはんぐるり』(文春文庫)読了。

ごはんぐるり (文春文庫)

ごはんぐるり (文春文庫)

  • 作者: 西 加奈子
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 文庫


小説家・西加奈子の、料理をテーマとしたエッセイ集。

西加奈子氏の本はこれが17冊目。
西氏は「正解すぎる」のがお嫌いらしい。
西氏の初デートの正解はお好み焼き屋か焼鳥屋で、いい感じに汚くて、いい感じのツマミがあって、その人がいい感じに店長と仲がいいのがいい。
が、もし実際にそんなデートに誘われたら、相手を「信用ならない」「女の扱いに慣れてる」と思ってしまうらしい。
自分でも「面倒臭い女」と書いているが、本当に面倒臭いと思う。
僕は料理にも店にも、何のこだわりもないので、全く理解できない。
どうでもいいじゃん、と思ってしまう。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古8日目。
3・4・5場の立ち稽古。
最初に、1~6場のセリフの修正を配布しました。
全体の半分は、スロウハイツの食堂が舞台なのですが、住人たちが揃って登場するので、大混雑。
立ち位置、導線を探すのが本当に難しい。
1場につき3回返しているのですが、なかなかうまく行かない。
そう言えば、『ブリザード・ミュージック』も『カレッジ・オブ・ザ・ウィンド』も、大人数の場面が多くて、大変だった。
僕は演出したことがないけど、『十二人の怒れる男』はさぞかし大変だろうと思います。
何しろ、12人が出づっぱりですから。
まあ、愚痴はこれくらいにして、明日も頑張ります。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

もっと知りたい片岡球子 [本]

6月8日(木)
土岐美由紀+中村麗子『もっと知りたい片岡球子』(東京美術)読了。

もっと知りたい片岡球子―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい片岡球子―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 土岐 美由紀
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2015/03/26
  • メディア: 単行本


日本画家・片岡球子の生涯と作品を解説する。

片岡球子は1905年(明治38年)、北海道札幌区生まれ。
父は酒・味噌・醤油の醸造業で、球子は8人兄弟の長女。
18歳で、女子美術学校日本画科高等科に入学。
21歳で、横浜市立大岡尋常小学校の教諭となる。
同時に、日本画家・吉村忠夫、洋画家・富田温一郎に師事。
25歳で、院展に出品した『琵琶』が初入選。
が、その後は落選が続き、「落選の神様」と呼ばれる。
41歳で、安田鞆彦に入門。
50歳で、女子美術大学日本画科学の専任講師となる。
55歳で、『渇仰』が芸術選奨文部大臣賞を受賞し、日本美術院評議員となる。
84歳で、文化勲章を受賞。
2008年(平成20年)、急性心不全て死去。享年103歳。
遅咲きだったが、長命だったため、様々な絵に挑戦し、数々の傑作を残すことができた画家。
なんと、76歳で初めて「裸婦」を描いている。
凄いとしか言いようがない。

キャラメルボックス2017サマー・プレミア『スロウハイツの神様』の稽古7日目。
ダンスの振付の1回目。
振付はもちろん、世界の川崎悦子先生。
「今回の曲は難しい」と言いながら、ガンガン振り付けてくださいました。
その後は、1・2場の復習。
台本の2周目に入ったので、選曲担当の元キャラメルボックス演出部・有坂美紀が選んだ曲を、有坂自身がかけました。
今回は台本2周目で選曲を確定してしまう予定。
明日はどんな曲がかかるか、とても楽しみです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

パレードの明暗 [本]

6月7日(水)
石持浅海『パレードの明暗』(光文社)読了。

パレードの明暗 座間味くんの推理

パレードの明暗 座間味くんの推理

  • 作者: 石持 浅海
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2016/10/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


南谷結月(みなみやゆづき)は警視庁女性特別機動隊に所属する巡査で、羽田空港の保安検査場で働いている。
が、体を張って国民を守りたいと思っていた南谷にとって、今の仕事は不満だった。
ある日、教官の向島から、「この人に会いに行け」とメモを渡される。
非番の日、南谷は新宿で、その人に会った。
警視庁のナンバー3である、大迫警視長だった。
大迫は、一緒に民間人らしい男を連れてきた。
それは、かつてハイジャック事件を解決に導いた、「座間味くん」と呼ばれる男だった……。
短編7つを収録した連作短編集で、上記は一つ目の『女性警察官の嗅覚』。

石持浅海氏の本はこれが29冊目。
「座間味くん」は、『月の扉』で探偵役を果たした男。
その「座間味くん」の短編シリーズの第三弾。
南谷・大迫・「座間味くん」の3人が食事をする。
大迫が事件の話をする。
「座間味くん」が名推理で事件を解決に導く。
話はこのワンパターンなのだが、どれもよく考えられていて、しっかり驚き、かつ楽しむことができた。
「座間味くん」の本はこれで4冊目だが、いまだに本名が明らかになっていない。
『月の扉』で、「座間味」と書かれたTシャツを着ていたから、「座間味くん」と呼ばれるようになった。
それがいまだに続いているのだ。
こういう名探偵って、珍しいよね。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古6日目。
今日から、ゲストの玉置玲央君が参加。
期待通り、初日から元気に演じてくれました。
稽古は、10・11・12場の立ち稽古。
これで、台本が一周しました。
修正が必要な箇所は、全部で9。
これからガンガン書き直していきたいと思います。
やったるでええ。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

スター・ウォーズ論 [本]

6月6日(火)
河原一久『スター・ウォーズ論』(NHK出版新書)読了。

スター・ウォーズ論 (NHK出版新書)

スター・ウォーズ論 (NHK出版新書)

  • 作者: 河原 一久
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2015/11/07
  • メディア: 新書


TVディレクターの河原一久が、ジョージ・ルーカス監督の映画『スター・ウォーズ』とそのサーガを解説する。

『スター・ウォーズ』を語る時、必ず引き合いに出されるのが、神話との類似性と、日本文化の影響。
しかし、河原氏はそれを「聞き飽きた」と否定する。
そして、ルーカスが参考にしたと思われる映画を次々と挙げていく。
『意志の勝利』『暁の出撃』『633爆撃部隊』『真昼の決闘』『隠し砦の三悪人』『用心棒』『椿三十郎』『デルス・ウザーラ』『頭上の敵機』『捜索者』などなど。
その分析は鋭く、非常にためになった。
『スター・ウォーズ』ファンなら必読の書だろう。

15時から、キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の第3回美術会議。
美術プランナーの伊藤保恵さんが前回の修正案を持ってきてくださいました。
これにさらに修正が加わって、ついに美術が決定!
17時から、稽古4日目。
役者たちに、決まったばかりの美術を説明し、7・8・9場の立ち稽古をしました。
初舞台の元木諒が苦戦しています。
演技は下手じゃないけど、キャラクターが違う。
いろいろダメ出しするうちに、『恋のからさわぎ』のヒース・レジャーを思い出し、DVDを貸すことにしました。
というわけで、元木は明日から、ヒース・レジャーを目指します。
乞ご期待!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

アレクサンダー・テクニーク [本]

6月5日(月)
パトリック・J・マクドナルド『アレクサンダー・テクニーク』(幻冬舎)読了。

アレクサンダー・テクニーク ある教師の思索

アレクサンダー・テクニーク ある教師の思索

  • 作者: Patrick J. Macdonald
  • 出版社/メーカー: 幻冬舎
  • 発売日: 2017/04/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


「アレクサンダー・テクニーク」の開発者F・マセアス・アレクサンダーの直弟子であるパトリック・J・マクドナルドによる、「アレクサンダー・テクニーク」の解説書。

翻訳者の細井史江さんからいただきました。
「アレクサンダー・テクニーク」は演劇界では有名な、リラックスを目的とした訓練法。
ではあるが、僕は名前だけしか知らなかった。
この本で、その具体的な方法がわかるかと思ったが、理念の解説に終始し、訓練の詳細は一切書かれていなかった。
つまり、これは入門書ではなく、「アレクサンダー・テクニーク」を既に学んでいる人への参考書なのだ。

10時より、キャラメルボックス俳優教室の授業。
終了後、ストレッチをして、2キロ走ってきました。
精一杯走ったのですが、タイムは11分07秒。
あまりに遅くて、ガッカリしました。
17時より、キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古4日目。
4・5・6場の立ち稽古をしました。
今日は客演中の大内厚雄が、最初から最後まで参加。
いろいろアイディアを出してくれました。
実際に立ってみると、脚本の問題点が次々と見つかる。
書き直しをしなければならないところが一気に増えました。
でも、時間はまだまだたっぷりある。
とりあえず、ラストまで立ってみてから、書き直しをしようと思います。
負けへんで!

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

桜風堂ものがたり [本]

6月4日(日)
村山早紀『桜風堂ものがたり』(PHP)読了。

桜風堂ものがたり

桜風堂ものがたり

  • 作者: 村山 早紀
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


月原一整は銀河堂書店の店員。
生まれてすぐに母を亡くし、7歳の時に父と姉も亡くして、祖父母に育てられた。
寡黙だが、仕事ぶりはまじめで、良い本を見つけるのがうまいため、「宝探しの月原」と呼ばれている。
ある日、元・人気シナリオライターの団重彦の小説『四月の魚』の話を耳にし、これはいい本なのでないかと興味を持つ。
別の日、店内で中学生の男の子が万引きするのを目撃。
後を追いかけると、男の子は道路に飛び出し、車に撥ねられた。
月原に激しいバッシングが襲いかかる……。

昨年度の本屋大賞の候補作。
キャラメルボックスのお客さんからいただきました。
添えられたお手紙に、キャラメルボックスでの舞台化を希望すると書かれていたが、これはちょっと難しい。
いい話だが、動きが少なく、劇的でないのだ。
舞台化より映画化がふさわしいと思った。

今日は西葛西にある東京フィルムセンター映画・俳優専門学校へワークショップに行ってきました。
今年4回目で、1年生の2回目。
助手は石森美咲。
メニューは、シアターゲーム、リズム練習、発声練習、台本練習。
台本練習のテキストは、前回に引き続き、『不思議なクリスマスのつくりかた』のエレベーターのシーン。
入学してからまだ2カ月なので、仕方ないとも思うのですが、テンションが低く、声の小さい生徒が多い。
テンションを上げることの大切さを、かなり長く説明しました。
でも、口で言われただけではなかなかわからないんですよね。
来月の3回目も、しつこく繰り返そうと思います。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

鉄道世界遺産 [本]

6月3日(土)
櫻井寛『鉄道世界遺産』(角川oneテーマ21)読了。

鉄道世界遺産 (角川oneテーマ21)

鉄道世界遺産 (角川oneテーマ21)

  • 作者: 櫻井 寛
  • 出版社/メーカー: 角川グループパブリッシング
  • 発売日: 2008/11/10
  • メディア: 新書


写真家の櫻井寛が、ユネスコの世界遺産に認定された5つの鉄道と、櫻井が世界遺産に認定すべきと考える46の鉄道を紹介する。

作者が写真家だけあって、どの写真も美しく,心を洗われた。
ケニア鉄道は工事中に作業員が200人以上もライオンに襲われたため、「人食い鉄道」というニックネームがついた。
ケニア鉄道のマークは線路の上を二本足で闊歩するライオン。
この茶目っ気は凄い。

キャラメルボックス2016サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古3日目。
今日からいよいよ立ち稽古。
1場から3場までやりました。
ほとんどの役者が複数の役を演じるのですが、岡田さつきの変幻自在な演技がおもしろいおもしろい。
ゲストの森山栄治さんはさすがの安定感で、安心して見ることができました。
同じくゲストの松村泰一郎君は、実年齢30歳なのに、若い若い。
立ち稽古の初日とは思えないほど、楽しかった。
でも、脚本の問題がまた一カ所見つかってしまいました。
頑張って、書き直さねば。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

翼をください(下) [本]

6月2日(金)
原田マハ『翼をください(下)』(角川文庫)読了。

翼をください (下) (角川文庫)

翼をください (下) (角川文庫)

  • 作者: 原田 マハ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/01/24
  • メディア: 文庫


1939年、暁星新聞は飛行機による世界一周を企画。
航空部のカメラマン・山田順平は、搭乗員の一人に選ばれた。
飛行機は国産で、公募により、「ニッポン」号と名付けられた。
メンバーは7人だったが、機内にはなぜか8人目の座席があった。
8月26日、羽田を飛び立った「ニッポン」号は、第一の寄港地・札幌を目指した……。

巻末の原田氏の「あとがき」により、やはりこの小説が事実に基づいたものだとわかった。
1939年、毎日新聞社の「ニッポン」号は世界一周を成功させた。
この小説では、この飛行機に、隠密裏に、アメリカの女性飛行士エイミー・イーグルウィングが乗り込む。
エイミーは、世界一周の途中、太平洋で墜落したが、日本海軍に助けられ、「ニッポン」号に搭乗する。
モデルとなったアメリア・イヤハートも、太平洋で行方不明になった。
この小説のように、アメリアも生きていたら、と願わずにはいられない。
おもしろい小説だったが、いささか盛り上げすぎを感じた。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古2日目。
今日は2回目の読み合わせ。
全12場を三分割して、4場ずつ読みました。
4場まで読んだところで、客演中の大内厚雄が登場。
5場以降は、大内が「千代田公輝」を読みました。
並行して、脚本の修正について、ディスカッション。
大幅な改訂はありませんが、いくつか書き直すべきポイントが見つかりました。
もっとおもしろくなるなら、どんどん書き直しますよ。
明日からいよいよ立ち稽古。
頑張るでえ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇