So-net無料ブログ作成
検索選択

教団X [本]

5月11日(木)
中村文則『教団X』(集英社)読了。

教団X

教団X

  • 作者: 中村 文則
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/12/15
  • メディア: 単行本


寺崎透は、友人で探偵事務所に勤めている小林に、人探しを頼む。
恋人の立花涼子が突然姿を消したのだ。
涼子は今、新興宗教の教団にいるらしい。
楢崎はその教団の本部に行く。
予想と違って、教団の人々はフレンドリーだったが、涼子はいないと言う。
涼子は他の信者数名とともに、教祖の金を持ち逃げし、新たな教団を作った。
それは、教団Xと呼ばれていた……。

中村文則氏の本はこれが15冊目。
単行本で567ページ、読了するのに3日かかった。
中身も、宗教論、現代史、政治、宇宙論、セックスなど、様々なテーマに満ち溢れ、ひたすら重い。
読み応え十分ではあったが、脇道に逸れることがあまりにも多く、もちろんそれは意図的なのだろうが、ストーリー自体は些か物足りなかった。
また、現代史を語る部分では、政治的な偏りが少々見られ、残念だった。

『素敵なセリフのしゃべり方』第4回
修飾語の過剰な強調は避けるべきです。
「俺の車の前にいきなり飛び込んできたんですよ、『若杉君!』て。俺の反射神経が鈍かったら、完全に轢き殺してました。」
上記のセリフ、「いきなり」と「完全に」を強調するのは妥当だと思います。
が、若い役者はしばしば、それを過剰にやる。
「いきなり」を「いっきなり」と言ったりする。
「すごく」を「すっごく」、「とても」を「とっても」というのもよく見かけます。
が、日常の会話でそんなことする人はあまりいません。
いや、若い人が親しい友達に向かって、「このアイス、すっごくおいしい!」と言うことはあるでしょう。
が、上記のセリフはホテルの従業員が上司に向かって言うセリフ。
そのような時に「いっきなり」と言ったら、社会常識を疑われます。
高校演劇では、この過剰な強調をよく見かけますが、その結果、その登場人物は幼く見え、セリフにもおかしな抑揚がついてしまう。
過ぎたるは猶及ばざるが如しです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

誰も教えてくれない男の礼儀作法 [本]

5月11日(木)
小笠原敬承斎『誰も教えてくれない男の礼儀作法』(光文社新書)読了。

誰も教えてくれない 男の礼儀作法 (光文社新書)

誰も教えてくれない 男の礼儀作法 (光文社新書)

  • 作者: 小笠原敬承斎
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2010/10/15
  • メディア: 新書


700年続く小笠原流礼法初の女性宗家である小笠原敬承斎が、男の礼儀作法を解説する。

2010年に出版された本だが、重版が続き、たくさんの人に読まれるいるらしい。
確かにためにはなったが、精神論が多く、もっと具体的な作法を解説してほしかった。

『素敵なセリフのしゃべり方』第3回
セリフは基本的に棒読みの方がリアルですが、1文につき1単語、強調した方がメリハリがつき、聞き手に理解しやすくなります。
強調とは、その部分を強く言ったり、ゆっくり言ったりして、目立たせること。
一番単純な方法は、強調したい単語の第一音を強く言うこと。
「それより、救急病院の方が先だ。本当に事故に遭ったんだとしたら、あそこに運ばれてるはずですから」
1つ目の文の「それより、救急病院の方が先だ。」なら、強調するのは「救急病院」。
しかし、「先」もちょっと強調した方がいい。
2つ目の文は2つの節から成るので、まず1つ目の節の「本当に事故に遭ったんだとしたら、」は、「本当に」を強調。
1つ目の節の「あそこに運ばれるはずですから。」は、「あそこに」を強調。
しかし、「遭った」と「はず」もちょっと強調した方がいい。
つまり、
「それより、●救急病院の方が●先だ。●本当に事故に●遭ったんだとしたら、●あそこに運ばれてる●はずですから。」
●をつけた単語の第一音「き」「さ」「ほ」「あ」「あ」「は」を強く言うのです。
ただし、「それより、」の読点(、)は区切らない。
上記はあくまでも僕の解釈で、強調の方法は他にもあると思いますが、一つの例として、参考にしてください。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

里山資本主義 [本]

5月10日(水)
藻谷浩介+NHK広島取材班『里山資本主義』(角川新書)読了。

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

  • 作者: 藻谷 浩介
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2013/07/10
  • メディア: 新書


株式会社日本総合研究所調査部酒席研究員の藻谷浩介と、NHK広島取材班が、地方再生、日本経済再生の方法として、「里山資本主義」を提案する。

2013年に出版され、ベストセラーとなった本。
地域の赤字は、外から買うエネルギーとモノ。
これを地域の中で手に入れば、当然黒字になる。
中国山地やオーストリアでは、木材生産の際に出る木屑を燃やして、電気を作る。
その電気を自分たちで使い、かつ外に売る。
建物も鉄筋コンクリートでなく、木で作る。
作者たちはこのような試みを「里山資本主義」と名付け、その実例として、中国山地やオーストリアなどを取材し、紹介する。
なるほど、この手があったか、と目からウロコがボロボロ落ちる。
ベストセラーになるのも当然のおもしろさ。
まだという方はぜひともご一読あれ。
お薦めです。

『素敵なセリフのしゃべり方』第2回。
日本語の文には、読点(、)と句点(。)があります。
若い俳優の中には、セリフの中に読点(、)が出てくるたびに区切る(間を空ける)人がいます。
が、これは間違い。
読点(、)は黙読の際に読みやすくするための記号であって、音読の際に「必ず区切りなさい」という指示ではありません。
だから、どんどん無視していい。
「新聞なんか読んじゃって、ずいぶん暇そうですね。ところで、さっき頼んだ仕事、やっておいてくれましたか?」
上記のセリフ、「。」と「?」で区切るのは当然として、3つの「、」はどうしますか?
3つとも区切る?
若い俳優はそうするでしょう。
が、普段の会話を思い出してください。
区切るとしても、「さっき頼んだ仕事、」の一カ所だけではないですか?
僕だったら、そこも区切りませんけど。
読点(、)で区切れば区切るほど、セリフ臭くなる。
そう肝に銘じてください。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

十三番目の陪審員 [本]

5月9日(火)
芦辺拓『十三番目の陪審員』(角川文庫)読了。

十三番目の陪審員 (角川文庫)

十三番目の陪審員 (角川文庫)

  • 作者: 芦辺 拓
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2001/08
  • メディア: 文庫


鷹見瞭一は26歳で、作家になるため、会社を辞めたが、いまだにデビューできない。
ある日、大学の先輩の船井から、驚くべき仕事を持ちかけられる。
冤罪事件の犯人となり、嫌疑が晴れた後、自分の経験を文章するという仕事。
成功すれば、デビュー作がベストセラーになるかもしれない。
承諾した鷹見は、東京郊外の病院に連れて行かれ、手術を受ける。
船井の話によれば、その手術によって、鷹見のDNAを変わるらしい……。

芦辺拓氏の本はこれが11冊目。
最新の医学知識と本格ミステリの融合。
しかし、犯人の仕掛けた罠があまりにも大がかりすぎて、荒唐無稽の一歩手前という印象だった。
意欲作と言うべきだろう。

先日の同窓会で29年ぶりに再会した教え子から電話をもらいました。
出席してくれてありがとう、というお礼の電話でした。
僕だけでなく、ほとんどの人間が29年ぶりの再会だったそうで、僕は一次会で帰りましたが、三次会までやったとのこと。
それだけ盛り上がったわけです。
僕が教員になったのは1984年の4月。
最初は1年生の副担任でした。
翌年の1985年、新入生の担任になり、彼らが卒業するまで付き合いました。
キャラメルボックスを作ったのは、1985年の6月30日。
彼らの担任になってすぐでした。
芝居を始めたことは、彼らにも言いました。
が、作ったばかりのキャラメルボックスはまだプロ指向ではない、普通の社会人サークルだったし、活動も週に一度。
生徒たちには、芝居を趣味にしている、ちょっと変わった先生、いう印象だったと思います。
が、キャラメルボックスは1986年の3月に旗揚げ公演を行うと、1987年3月には下北沢ザ・スズナリに進出、9月に新宿モリエールに進出。
教職との両立が難しくなっていきました。
で、1988年3月、彼らが卒業してすぐに、僕も退職したのです。
同窓会で、何人もの生徒から、キャラメルボックスを見に行った、と言われました。
時期は大体、1990年代の前半でした。
卒業してしばらしくしてから、僕とキャラメルボックスの噂を聞き、新宿シアターアプルに来てくれたようです。
それならそうとその時言ってくれればよかったのに。
今回の同窓会を機に、また見に来てくれるといいのですが。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

キャラクター・パワー [本]

5月8日(月)
青木貞茂『キャラクター・パワー』(NHK出版新書)読了。

キャラクター・パワー ゆるキャラから国家ブランディングまで (NHK出版新書)

キャラクター・パワー ゆるキャラから国家ブランディングまで (NHK出版新書)

  • 作者: 青木 貞茂
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2014/02/06
  • メディア: 新書


法政大学社会学部教授の青木貞茂が、ゆるキャラの分析を通して、日本文化の深層を考察する。

要するに、アニミズムなのだなと思った。
近代西洋文化の立場に立てば、アニミズムは原始的な宗教文化となってしまう。
が、日本人の自然に対する畏敬の念、動植物への愛情、物や道具を慈しむ気持ちは、けっして古くも遅れてもいない。
この心性が、ゆるキャラを生み出したのだ。
題材に比して、中身は哲学から文化人類学まで考察していて、意外と深い。
お薦めです。

今日は10時から、キャラメルボックス俳優教室の授業でした。
コーチは木村玲衣。
途中30分の休憩を挟んで、15時までみっちり稽古しました。
15期生は元気で明るい生徒が多く、クラスの雰囲気も非常に活発。
授業が始まってまだ1カ月ですが、例年より成長が早く感じます。
この調子なら、23人全員が卒業公演まで耐え抜いてくれそう。
今から、12月の卒業公演が楽しみです。
頑張れ、15期生!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

路上観察で歩くパリ [本]

5月7日(日)
稲葉宏爾『路上観察で歩くパリ』(角川oneテーマ21)読了。

路上観察で歩くパリ 角川oneテーマ21 (C-101)

路上観察で歩くパリ 角川oneテーマ21 (C-101)

  • 作者: 稲葉 宏爾
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2005/11/10
  • メディア: 新書


元「クロワッサン」「アン・アン」のアートディレクターで、87年からパリ在住の稲葉宏爾が、パリの街角で発見した様々な不思議を紹介する。

パリの広さは山手線を一回り大きくしたくらいで、意外と小さい。
そこに212万人が住んでいる。
空き缶回収ボックスも、道路清掃車も、グリーンで統一されている。
あちこちの壁の下の方に、鉄の輪の半分が突き出ていて、これは靴の底についた犬のフンをこそぎ落とすものらしい。
そう言えば、以前、パリは犬のフンが至る所に転がっていて、意外と汚いと聞いたことがある。
が、今は飼い主が回収するようになったらしい。

今日は西葛西の東京フィルムセンター映画・俳優専門学校へワークショップに行ってきました。
今年度は2回目、2年生の1回目。
今日の助手は山崎雄也。
2年生に会うのは去年の7月以来でしたが、みんなうまくなっていて、驚きました。
メニューは、リズム練習、発声練習、二人組朗読、台本練習。
二人組朗読のテキストは、芥川龍之介『魔術』。
台本練習のテキストは、『不思議なクリスマスのつくりかた』。
この学年は明るく、チームワークがよいそうです。
おかげで、楽しいワークショップになりました。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ソロモンの偽証(6) [本]

5月6月(土)
宮部みゆき『ソロモンの偽証(6)』(新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第III部 法廷 下巻 (新潮文庫)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/10/28
  • メディア: 文庫


神原和彦弁護人は、大出俊次被告のアリバイを証明する証人を見つけ出す。
しかし、告発状を書いた三宅樹里はあくまでも自分は大出が柏木卓也を屋上から突き落とすのを見たと言い張る。
そして、柏木が死んだ日、柏木の家に電話をかけ続けていた人物が明らかになる。
その人物が最後の証人として法廷に立つ。
その人物は柏木の最期を切々と語り出す……。

最終巻はすべて予想通りに展開し、収まるところに収まった感じ。
感動はなかったが、十二分に楽しむことができた。
ラストは、10年後に城東第三中学にある人物が訪ねてくるエピローグで終わる。
さらに、巻末に、20年後の事件を描いた短編がついている。
34歳の藤野涼子に会えて、うれしかった。

今日は埼玉県立日高高校の1988年度卒業生の同窓会でした。
会場は、西武新宿線本川越駅の駅ビル内にあるレストラン。
教員・生徒を合わせて、100名ほどが参加しました。
僕は23歳から25歳まで、この学年の担任を勤めていました。
今、僕は55歳で、生徒たちは47歳か48歳。
会うのは29年ぶりなのに、意外と見分けることができました。
かつての同僚たちは、校長や教頭になっていました。
すべてが懐かしく、楽しい時を過ごすことができました。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

もっと知りたい長沢蘆雪 [本]

5月5日(金)
金子信久『もっと知りたい長沢蘆雪』(東京美術)読了。

もっと知りたい長沢蘆雪 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい長沢蘆雪 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 金子信久
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2014/12/22
  • メディア: 単行本


江戸中期、京都で活躍した絵師・長沢蘆雪の生涯と作品を解説する。

長沢蘆雪(ろせつ)は1754年、丹波国篠山生まれ。
父は篠山藩士で、後に淀藩に移った。
25歳までに、円山応挙に弟子入り。
32歳の時、紀南に旅行し、作風を大きく変える。
竜や虎の絵が有名だが、子供、雀、猿の絵も多い。
大胆不敵な絵と愛らしい絵を同時並行で描いた。
1799年、46歳で死去。
鍾馗と蝦蟇が睨み合う『鍾馗蝦蟇図』という絵がムチャクチャおもしろかった。
あと、なめくじがのたくった跡がぐるぐる描いてある『なめくじ図』も。
竜や虎にもそこはかとなく諧謔味があり、見飽きない。

ナッポス・プロデュース『スキップ』、本日無事に千秋楽の幕を下ろすことができました。
ご来場くださった皆さんに厚く御礼申し上げます。
今日はカーテンコールでスタンディング・オベーションが起こり、感動しました。
打ち上げには、原作者の北村薫先生がいらして、素敵なスピーチをしてくださいました。
お隣に座れたおかげで、たくさんお話ができました。
役者たちともたくさん話せて、楽しかった。
おかげで、終電ギリギリになり、西武新宿駅の構内を全力疾走しました。
間に合ってよかった……。
次はキャラメルボックス・サマープレミア『スロウハイツの神様』。
第二稿の執筆、頑張ります。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ソロモンの偽証(5) [本]

5月4日(木)
宮部みゆき『ソロモンの偽証(5)』(新潮文庫)読了。

ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)

ソロモンの偽証: 第III部 法廷 上巻 (新潮文庫)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2014/10/28
  • メディア: 文庫


8月15日、城東第三中学の体育館で、ついに学校内裁判が始まる。
大出俊次は柏木卓也を殺したのか?
井上康夫判事による裁判のルールの説明、藤野涼子検事による罪状の説明、大出被告による罪状の否認、神原和彦弁護人による弁護方針の説明の後、いよいよ証人喚問。
次々と証人が呼ばれ、宣誓の後、検事・弁護人の尋問に対して、証言していく……。

やはり裁判シーンは緊張感が高まる。
ミステリに法廷ものというジャンルがある通り、裁判シーンは作家にも読者にも人気がある。
井上・藤野・神原の3人は中学生とは思えないほど、高い知性と鮮やかな弁舌で、裁判を引っ張っていく。
ちょっと出来すぎじゃない?と思うくらい。
しかし、法廷ものにつきものどんでん返しは今のところまだない。
不思議なもので、読みながら、検事側も弁護側も応援している。
ただし、一番好きなのは、廷吏の山崎晋吾。
空手家のストイシズムには痺れました。

ナッポス・プロデュース『スキップ』、いよいよ明日が最後となってしまいました。
明日は僕も劇場に駆けつけて、この目で見届けたいと思います。
役者たちがどこまで成長したか、確認するのも楽しみ。
ぜひとも有終の美を飾ってほしいです。
まあ、芝居に完成はないので、自分にできるベストを尽くしてほしいということです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

もっと知りたい河鍋暁斎 [本]

5月3日(水)
狩野博幸『もっと知りたい河鍋暁斎』(東京美術)読了。

もっと知りたい河鍋暁斎―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい河鍋暁斎―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 狩野 博幸
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2013/04/25
  • メディア: 単行本


幕末から明治にかけて活躍した絵師・河鍋暁斎の生涯と作品を解説する。

河鍋暁斎(きょうさい)は1831年、下総古河生まれ。
父は古河藩士の養嗣子で、幼名は周三郎。
周三郎が2歳の時、父が幕府定火消同心の甲斐氏の跡を継ぎ、江戸へ転居。
7歳の時、歌川国芳の画塾に入門するが、2年で辞める。
10歳の時、狩野派の前村洞和に弟子入り、翌年、洞和の師匠・洞白陳信に弟子入り。
19歳の時、洞白から「洞郁陳之」の号をもらい、独立。
28歳の時、「猩々狂斎」と名乗り始める。
明治3年、40歳の時、筆禍事件を起こし、逮捕される。
翌年、「狂斎」を「暁斎」と改める。
明治22年、59歳の時、胃ガンで死去。
暁斎は明治維新の開国後、お雇い外国人たちと親しく交際、建築家のジョサイア・コンドル(鹿鳴館やニコライ堂の設計者)は彼に弟子入りまでした(画号は「暁英」)。
外国人たちの帰国の折りには、自分の絵を餞別として送った。
そのため、外国で人気が出た。
狩野派で基礎を学びながら、その絵は大胆にして鮮烈、諧謔味に溢れている。
これは、幼い頃に薫陶を受けた国芳の影響と言われている。
明治22年まで生きたので、顔写真が残っている。
いかにも頑固一徹という顔だ。

5月6日(土)に、私が高校教師だった時の教え子たちの同窓会が開かれます。
私が勤務していたのは、埼玉県立日高高校で、時期は1984年から88年までの4年間。
2年目の85年から、同校の12期生の担任となり、3年間教えて、卒業を見送りました。
同時に私も退職し、東京都内の私立本郷高校の非常勤講師となりました。
85年に創立した演劇集団キャラメルボックスの活動が忙しくなり、教職との両立が困難になったためです。
教え子たちと会うのは、29年ぶり。
18歳だった彼らも、今では47歳。
果たして顔を見て、名前が思い出せるか、心配です。
そこで、今日、高2の息子に、私の実家へ行って、当時の卒業アルバムを取ってきてもらいました。
写真を見ると、様々な思い出が蘇ってきました。
でも、みんな、きっと、顔が変わってるだろうなあ。
胸に名札でもつけてくれるといいのだけれど……。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇