So-net無料ブログ作成
検索選択

天国でまた会おう(下) [本]

8月6日(日)
ピエール・ルメートル『天国でまた会おう(下)』(ハヤカワ文庫)読了。

天国でまた会おう(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

天国でまた会おう(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者: ピエール ルメートル
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: 文庫


爆弾で下顎を失ったエドゥアール・ペリクールは、家に帰りたくないと言う。
エドゥアールは大富豪の息子で、父のマルセル・ペリクールと激しく対立していた。
アルベール・マイヤールは書類をごまかし、エドゥアールが戦死したことにする。
かわりに手に入れた名前は、ウジェーヌ・ラリヴィエールだった。
数日後、上官のアンリ・ドルネー=ブラデル大尉が一人の女性を連れてくる。
彼女はエドゥアールの姉のマドレーヌ・ペリクール。
アルベールに、エドゥアールの墓に案内してほしいと言う。
彼女はエドゥアールの遺体を引き取りに来たのだ……。

アルベールはエドゥアールとパリで暮らし始める。
エドゥアールはしゃべれず、流動食しか口にできない。
アルベールは何から何まで面倒を見る。
画家志望だったエドゥアールは、ある日、自分の能力を活かした詐欺を思いつく……。
先読みしながら読んだが、予想はすべて裏切られた。
なんとういストーリーテリング!
しかし、ラストは純文学の線を狙ったのだろう、意外ではあるが、全く感動のない終わり方だった。
残念……。

『素敵なセリフのしゃべり方』第48回
自分の役のセリフは、いきなりキャラクターを設定せず、まずは自分自身で読むこと。
普段の自分のしゃべり方を利用して、自分の役のセリフを消化するのです。
しかし、きっといくつか、消化できないセリフ、自然に言えないセリフがある。
当たり前です。
あなたと役は違うキャラクターなのだから。
そこで、自分とは別のキャラクターを設定するのは間違い。
そうではなく、自分のキャラクターをどのように変形したら、そのセリフが言えるかを考える。
もっと短気になったら、とか。
もっと弱気になったら、とか。
台本を読んで、この役はこんなキャラクターではないかと考える。
そして、その分析に基づいて、セリフを言ってみる。
これは演繹法の役作り。
それもけっして間違いとは言いませんが、一つ一つのセリフに当たり、徐々に自分を変形していく帰納法の役作りを、僕はお薦めします。
役の出発点は自分。
こうあったかもしれない、もう一人の自分と考えるのです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

すぐわかる画家別幻想美術の見かた [本]

8月5日(土)
千足伸行『すぐわかる画家別幻想美術の見かた』(東京美術)読了。

すぐわかる画家別幻想美術の見かた

すぐわかる画家別幻想美術の見かた

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2010/08/01
  • メディア: 単行本


成城大学文芸学部教授の千足伸行が、世界の幻想画家62人を解説する。

一番古いのは、15世紀から16世紀にかけて活躍した、オランダのヒエロニムス・ボス。
その後、ドイツのデューラー、グリューネヴァルトと続く。
今話題のアルチンボルドも紹介されていた。
もちろん、ムンク、クリムト、シーレ、ルソー、シャガール、キリコ、ダリ、ミロ、マグリットも。
しかし、半分以上は知らない画家たち。
特に印象に残ったのは、スイスのウジェーヌ・グラッセの『3人の娘と3匹の狼』。
ドイツのヴァルター・シュピースの『別れ』も凄かった。

『15 Minutes Made Anniversary』の演目と出演者が発表になりました。
演劇集団キャラメルボックスは、『ラスト・フィフティーン・ミニッツ』。
脚本演出が私・成井豊で、出演が筒井俊作・渡辺安理。
まず最初に筒井と渡辺に出演をお願いし、それからこの二人でどんな話をやったらおもしろいだろうかと考え、脚本を書きました。
つまり、100パーセントあて書きです。
まあ、新作を書く時は大体そうなのですが、ネタからというのは初めて。
僕の構想ノートに10年以上寝かせていたネタを使いました。
このネタで書けて、本当に満足。
来週の稽古が楽しみです。
『15 Minutes Made Anniversary』は8月23日(水)から27日(日)まで、吉祥寺シアターにて。
ご来場を心よりお待ちしています。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

天国でまた会おう(上) [本]

8月4日(金)
ピエール・ルメートル『天国でまた会おう(上)』(早川文庫)読了。

天国でまた会おう(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

天国でまた会おう(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫)

  • 作者: ピエール ルメートル
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2015/10/16
  • メディア: 文庫


1918年、第一次世界大戦末期、西部戦線。
アルベール・マイヤールが所属するフランス軍第163歩兵師団はムーズ川畔でドイツ軍と対峙していた。
斥候2人がドイツ軍に撃たれ、突如戦闘が始まる。
アルベールが撃たれた2人に駆け寄ると、傷痕は背中にあった。
ということは、味方に撃たれた?
その時、上官のアンリ・ドルネー=ブラデル大尉に体当たりされ、アルベールは穴に落ちる。
近くに爆弾が落ち、アルベールは生き埋めになる。
土の中から救い出してくれたのは、同じ隊のエドゥアール・ペリクールだった……。

ピエール・ルメートルの一般小説(ミステリではない)で、フランスのゴングール賞受賞作。
戦場で出会った3人の男の、戦争後を描く。
エドゥアールはアルベールを救出した直後、爆発に巻き込まれ、下顎を失う。
しゃべることも、食べ物を噛むこともできなくなる。
アルベールは命の恩人であるエドゥアールを必死で助けようとする。
しかし、この小説はけっして友情ものではない。
先が全く読めない、スリリングな小説。

今日も自宅で作業。
執筆ですが、それが何なのかはまだここに書けません。
情報公開され次第、報告します。
僕は10年ほど前から両耳に補聴器をしています。
それでも普通の人ほど聞き取れないため、いろいろと不便があります。
何度も何度も聞き返すと、相手に不快感を与えるので、聞き返しは2回までにしています。
その結果、途中から話がわからなくなることがある。
これは本当に困ります。
「はい」と言ったら、後で「はい」と言ってはいけなかったことがわかったりとか。
耳が悪いと、本当に不便です。
が、執筆の時は補聴器を外しているので、本当に静か。
集中して書くことができます。
よかったと思うのはこのことだけです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

傷だらけのカミーユ [本]

8月3日(木)
ピエール・ルメートル『傷だらけのカミーユ』(文春文庫)読了。

傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)

傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)

  • 作者: ピエール・ルメートル
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/10/07
  • メディア: 文庫


パリ。
アンヌ・フォレスティエは40歳の独身で、旅行代理店に勤務している。
ある日、宝石店の近くの公衆トイレに入ると、二人組の男がいた。
男はアンヌに暴行を加えた後、宝石店を襲った。
パリ警視庁犯罪捜査部の警部カミーユ・ヴェルーヴェンは、1年前からアンヌと付き合っていた。
被害者が身内である場合、カミーユは捜査を担当できない
カミーユはアンヌとは他人のフリをして、強盗犯を追い始める……。

カミーユ・ヴェルーヴェンを主人公にしたシリーズの3作目。
イギリス推理作家協会賞の2015年度インターナショナル・ダガー賞受賞作。
シリーズ1作目の『悲しみのイレーヌ』、2作目の『その女アレックス』も傑作だったが、この本もなかなか。
アンヌは犯人の殴打により、顔面が崩壊する。
その悲しみ、苦しみ。
そんなアンナを見つめるカミーユの苦しみ、怒り。
人間ドラマと巧みなプロットが融合して、上質のミステリとなった。
この本だけでなく、シリーズ3作を、自信を持ってお薦めします。

NAPPOS PRODUCE『スキップ』がDVDになりました。
プロデューサーの仲村和生から宣伝を頼まれたので、ここに掲載します。
僕自身も『スキップ』は大好きな作品なので、見てない人にはぜひとも見てほしいです。
↓ ↓ ↓
NAPPOS PRODUCE
舞台『スキップ』
原作 北村薫『スキップ』(新潮文庫刊)
脚本・演出 成井豊
CAST
霧矢大夢 深川麻衣/岡田達也 粟根まこと 木村玲衣/碓井将大 深谷由梨香 長濱愼 熊川ふみ 原田樹里/関根翔太 石森美咲 大滝真実 山﨑雄也 元木諒
■発売日:2017/08/07
■本編:125分
■特典映像:100分(稽古風景/霧矢・深川・成井のコメント/千秋楽全キャスト挨拶)
■販売価格 6,500円(内税)
■品番:NUDVD-0003
■発売元:NAPPOS UNITED
ご購入はこちらから
NAPPOS SHOP https://nappos.shop-pro.jp/

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

管見妄語 とんでもない奴 [本]

8月2日(水)
藤原正彦『管見妄語 とんでもない奴』(新潮文庫)読了。

管見妄語 とんでもない奴 (新潮文庫)

管見妄語 とんでもない奴 (新潮文庫)

  • 作者: 藤原 正彦
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/06/28
  • メディア: 文庫


数学者の藤原正彦が、週刊新潮に連載中のエッセイ『管見妄語』をまとめた本の5冊目。
2013年9月5日号から2014年9月4日号までを収録。

3~4年前に書かれたエッセイなので、時事問題はやや古く感じるが、ストレートな物言いはいつもながら小気味いい。
ご自身を「美男」「セクシー」と断定する傍若無人ぶりも健在。
「宮崎美子のすずらん本屋堂」の収録の時、一度だけお会いし、ご挨拶したが、もう覚えていらっしゃらないだろうなあ。
でも、大ファンです。

今日は1230より、キャラメルボックス俳優教室の第2回セリフ発表会。
キャラメルボックスの1年目・2年目の新人たちと、阿部丈二が見学に来てくれました。
テキストは『ブリザード・ミュージック』の1場。
僕が見るのは10日ぶりくらいだったのですが、ほとんどの生徒がよくなっていた。
みんなテンションが上がって、うるさいったらありゃしない。
第二クールの終わりで、ここまでテンションが上げられるようになったのは、15年間で初めてかもしれない。
問題はユーモアで、4組が発表する中、僕が笑えたのは2回だけ。
漫才やコントはおもしろかったのに、台本になると全然笑えない。
これが今後の課題だなと思いました。
終了後は、講師の成井豊、石川寛美、白坂恵都子、マネージャーの水谷友香梨の4人で職員会議。
第3クールのテキストとキャスティング、卒業公演の演目について話し合いをしました。
演目、一応決まりました。
でも、発表は10月以降。
ご期待ください。


nice!(2) 
共通テーマ:演劇

10秒で人の心をつかむ話し方 [本]

8月1日(火)
加藤昌史『10秒で人の心をつかむ話し方』(祥伝社)読了。

10秒で人の心をつかむ話し方

10秒で人の心をつかむ話し方

  • 作者: 加藤昌史
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • 発売日: 2017/08/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


キャラメルボックス製作総指揮の加藤昌史が、前説歴32年の経験を活かして、人の心をつかむ話し方を解説する。

作者本人からいただきました。
今日、地元の図書館へ行き、日本語のコーナーを覗いたら、上手な話し方を伝授する本がいっぱい並んでいた。
それだけニーズがあるということだ。
この本は、作者が32年の経験を踏まえて書いているので、ためにならないわけがない。
それにしても、前説を32年間で通算4000回以上というのは、世界記録なのではないか?
ギネスに申請すれば、きっと世界記録として認定されると思う。
でも、ここだけの話、申請にはちょっとお金がかかるのです。

今日は自宅で作業。
15 Minutes Made Anniversaryの脚本第二稿が完成しました。
早速、プロデューサーの仲村和生と、出演者に送付しました。
稽古は来週やる予定です。
文化庁+日本劇団協議会『ケンジ先生』の脚本改訂も完了しました。
奇しくも本日、『ケンジ先生』のオーディション結果が発表。
3人の合格者はどなたも魅力的で、役にピッタリ。
9月末の稽古開始が待ち遠しいです。
15 Minutes Made Anniversaryは8月23日(水)から。
『ケンジ先生』は10月26日(木)から。
そして、キャラメルボックス2017グリーティングシアター『光の帝国』は10月4日(水)からです。
うわー、立て続けに3本だ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

芥川症 [本]

7月31日(月)
久坂部羊『芥川症』(新潮文庫)読了。

芥川症 (新潮文庫)

芥川症 (新潮文庫)

  • 作者: 久坂部 羊
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/12/23
  • メディア: 文庫


藪内の父が医療センターで亡くなった。
一週間前に腹痛のため,救急車で運ばれたが、その後、容態は安定していたはずだった。
内科部長に説明を聞くと、専門用語ばかりで意味がよくわからなかった。
別の若い医師に話を聞くと、内科部長の話とは明らかに矛盾している部分があった。
不安になった藪内は調査を開始するが……。
芥川龍之介の短編をモチーフにした短編7つを収録した短編集で、上記は一つ目の『病院の中』。

芥川龍之介ファンの僕は、書店でこの本を発見して、直ちに購入した。
が、これは「芥川症」という病気を題材にした小説ではなかった。
「芥川症」にかかった久坂部羊氏が、芥川っぽい小説を書いた、という体裁の本だった。
『病院の中』はもちろん、『藪の中』をモチーフにしている。
『他生門』は『羅生門』、『耳』は『鼻』、『クモの意図』は『蜘蛛の糸』、『極楽変』は『地獄変』、『バナナ粥』は『芋粥』、『或利口の一生』は『或阿呆の一生』。
久坂部氏は医師出身だけあって、病院を舞台にした話が多く、医師の目から見た日本の医療の問題点をガンガン描き、とても興味深かった。
他の作品も読みたくなった。

大曲発0950のこまちに乗って、東京へ帰ってきました。
朝、ホテルから横手駅までタクシーで行って、お土産を買って、携帯電話の充電器をホテルの部屋の机の引き出しの中に置き忘れてきたことに気づきました。
大曲へ行く電車が発車するまで、あと23分。
直ちに、ホテルに向かって駆け出しました。
ホテルまで約1キロ。
23分なら駆け足で十分に間に合うと踏んだのです。
駅に戻った時、残りは5分。
やはり余裕でセーフでした。
ところが、その後が大変だった。
横手は夏でもエアコンがいらないほど涼しいのに、駅に戻って、立ち止まった途端に汗がドッと吹き出した。
電車に乗っても、汗は出続けた。
まるで、本番中の筒井俊作。
汗まで計算しなかった僕が迂闊でした。
そんなこんなでとっても楽しかった、演劇大学IN横手。
またいつか演劇大学に参加したい、横手に行きたいと思いました。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

日本語のしくみ [本]

7月30日(日)
山田敏弘『日本語のしくみ』(白水社)読了。

日本語のしくみ (言葉のしくみ)

日本語のしくみ (言葉のしくみ)

  • 作者: 山田 敏弘
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2015/03/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


岐阜大学教授の山田敏弘が、日本語を外国語として見る視点から分析・解説する。

「お茶が入りました」と言う人は、大抵、自分がお茶を淹れたのだ。
それなのに、「淹れました」と言わず、「入りました」と言う。
まるで、自分と関わりなく、自然とお茶が入ったかのように。
この婉曲こそが、日本人の心遣いであり、日本語の日本語らしさだと思う。
でも、「よろかったでしょうか」だけは勘弁してほしい。
過去しゃない、今だ!
そう、噛みつきたくなる。

演劇大学IN横手の3日目。
9時からワークショップの第二部。
昨日の15人に、今日だけ参加の10人が加わって、合計25人が集まりました。
今日のメニューは、リズム練習、発声練習、二人組朗読、台本練習。
昨日より1時間短いので、大急ぎでやりました。
終了は1215で、15分もオーバーしてしまいましたが、とっても楽しかった。
13時より、他のワークショップの発表会。
1430より、地域演劇をテーマとしたシンポジウム。
ためになる話がいっぱい聞けました。
演劇大学というイベントは、日本演出者協会が何年も前からやっているものですが、僕は初参加。
非常に有意義で、かつ楽しく過ごすことができました。
お世話になった横手市の皆さん、僕のワークショップに参加してくださった皆さん、日本演出協会の皆さん、本当にありがとうございました。
明日の朝、東京へ帰ります。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

はじめての朗読レッスン [本]

7月29日(土)
川和孝『はじめての朗読レッスン』(新水社)読了。

はじめての朗読レッスン

はじめての朗読レッスン

  • 作者: 川和 孝
  • 出版社/メーカー: 新水社
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 単行本


演出家の川和孝が、朗読の練習法を解説する。

全141ページのうち、約半分は、練習課題として、芥川龍之介や新美南吉や宮沢賢治の文章が載っているだけ。
具体的なアドバイスは一切なし。
これはあんまりではないか?

演劇大学IN横手の2日目。
9時に会場へ行き、他の講座を見て回り、1330からワークショップ開始。
参加者は高校生から50代までの15人。
メニューは、シアターゲーム、発声練習、二人組朗読、台本練習。
横手は夏も涼しいため、「エアコン」という概念はないそうで、教室は扇風機のみ。
ジッとしてれば暑くないけど、動きながら大声を出したので、汗みずくになりました。
1730に終了し、1830から、食堂で交流会。
キャラメルボックスのファンの方が多くて、ビックリ。
千葉県銚子市から来た方もいらっしゃいました。
山形県から来た方も多く、なんとそのうちの一人は町田久実子のファンだった!
たくさんおしゃべりができて、楽しかった。
明日も頑張ります。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

煌(きらり) [本]

7月26日(木)
志川節子『煌(きらり)』(徳間書店)読了。

煌 (文芸書)

煌 (文芸書)

  • 作者: 志川 節子
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/07/07
  • メディア: 単行本


元禄16年(1703年)、三河国渥美郡吉田。
おしまは55歳で、旅籠「椿屋」の女中。
龍運寺の賭場で有り金全部すった時、30ぐらいの男がつきまくるのを目撃する。
帰り道、おしまが見ている目の前で、男は賭場のヤクザたちに襲われ、稼いだ金を奪われる。
男は長篠村から来た船頭の桐太郎で、仲間の金を集めて,船を買いに来たが、その金を増やすために賭場に行ったと言う。
桐太郎の身の上話を聞くうちに、おしまは気づく。
桐太郎は、自分が江戸にいた頃に産んだ息子かもしれない……。
花火を題材にした時代小説の短編6つを収録した短編集で、上記は一つ目の『天地一転』。

徳間書店の梶山さんからいただきました。
志川節子氏は1971年生まれ、早稲田大学の出身で、僕の10年後輩。
2003年に『七転び』がオール読物新人賞を受賞。
『春はそこまで 風待ち小路の人々』が直木賞候補となった。
この本は、江戸時代の庶民の人生模様をしみじみと描いている。
力のある作家だと思った。

今日も自宅で執筆。
『15 Minutes Made Anniversary 』の脚本第一稿、先程、ようやく書き上がりました。
16ページに3日もかかってしまいました。
予定より1ページ長いので、カットが必要かも。
これから推敲にかかります。
いろんな情報公開がまだなので、中身を説明できないのがもどかしい!
出来のよしあしはわからないけど、精一杯書きました。
じゃ、仕事に戻ります。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇