So-net無料ブログ作成

もっと知りたいパウル・クレー [本]

5月15日(火)
新藤真知『もっと知りたいパウル・クレー』(東京美術)読了。

もっと知りたいパウル・クレー ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいパウル・クレー ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 新藤 真知
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2011/05/10
  • メディア: 単行本


日本パウル・クレー協会代表の新藤真知が、スイス人画家パウル・クレーの生涯と作品を解説する。

1879年、スイスのベルン生まれ。
1900年、ミュンヘン美術学校に入学。
1910年、初の個展。
1912年、カンディンスキーと知り合い、青騎士の展覧会に参加。ミュンヘン新分離派のメンバーとなる。
1916年、ドイツ軍に召集される。
1920年、ドイツの総合工芸学校バウハウスの教授となる。
1933年、ナチスの迫害を避けて、スイスへ亡命。
1940年、死去。
パウル・クレーはヴァイオリンの名手で、音楽を美術で描くことに苦心をしたらしい。
当然、絵は抽象的になる。
代表作は、『パルナッソスへ』『ドゥルマカラ島』『本通りと脇道』『セネキオ』などなど。
よくわからない絵が多いが、色が抜群に美しい。

10時より、キャラメルボックス俳優教室の授業。
みんなの成長が早く、パワースピーチも台本練習もおもしろかった。
17時より、キャラメルボックス2018グリーティングシアター『無伴奏ソナタ』の場当たり。
快調に進み、全5場中4場の途中まで終わりました。
全く関係ありませんが、この5日間で、本を11冊読みました。
まだこのブログに書いていない本が6冊もあります。
なので、明日の朝も更新します。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

私をくいとめて [本]

5月15日(火)
綿矢りさ『私をくいとめて』(朝日新聞出版)読了。

私をくいとめて

私をくいとめて

  • 作者: 綿矢りさ
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞出版
  • 発売日: 2017/01/06
  • メディア: 単行本


黒田みつ子は32歳のOLで独り暮らし。
恋人はいないが、頭の中に理想の男性Aがいる。
Aはみつ子が困った時、いつも相談相手になってくれる。
みつ子の部屋に、托鉢に来る男がいた。
取引先の会社に勤める多田という男で、みつ子の部屋の近所に住んでいて、たまに夕食のおかげをもらいに来るのだ。
しかし、みつ子には多田が恋愛の対象とは思えない……。

綿矢りさ氏の本はこれが10冊目。
32歳の「おひとりさま」の日常を描く。
この人の書く小説は、一つ一つのエピソードのセンスがいいので、とても楽しめる。
が、ラストで首を捻ることも多い。
この小説も、ラストがあまりにもハッピーエンドすぎて、やはり首を捻ってしまった。
んー、残念。

キャラメルボックス2018グリーティングシアター『無伴奏ソナタ』の仕込み2日目。
ですが、僕は10時からキャラメルボックス俳優教室の授業。
15時までやって、サイシャイン劇場に駆けつけます。
なんと、場当たり開始が16時なのです。
それでは行ってきます!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

もっと知りたいルノワール [本]

5月14日(月)
島田紀夫『もっと知りたいルノワール』(東京美術)読了。

もっと知りたいルノワール―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいルノワール―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 島田 紀夫
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2009/12/20
  • メディア: 単行本


ブリジストン美術館館長の島田紀夫が、19世紀のフランス人画家ジャン・ルノワールの生涯と作品を解説する。

1841年、フランス中部の町リモージュ生まれ。父は仕立屋、母はお針子で、7人兄弟の6番目。
1844年、一家でパリへ引っ越す。
1854年、磁器工房の見習工となる。
1861年、シャルル・グレールの自由画塾に入る。
1862年、エコール・デ・ボザール(官立美術学校)に入学。モネ、シスレー、バジールらと知り合う。
1864年、サロンに初入選。
1874年、第一回印象派展に出品。
1883年、デュラン=リュエル画廊で初の個展を開催。
1919年、死去。
印象派のメンバーとはみんな親しかったが、その中でも特に親密だったのが、モネとセザンヌだった。
特にモネの影響は大きかった。
ラファエロのことは最初バカにしていたが、イタリアで実物を見て、衝撃を受けたらしい。
ピカソほどではないが、ルノワールも時代によって手法を次々と変えていった。
長命だったため、作品の点数が膨大を4000を越えるらしい。
僕はやはり『イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢の肖像』が好きだが、『ロメーヌ・ラコー嬢』『ルグラン嬢の肖像』『ジュリー・マネ』など、少女を描いた作品はみんなすばらしい。
一方、晩年の裸婦像はどれもふくよかすぎて、ついていけない。
とは言え、この人の絵の柔らかさ、優しさは大好きだ。

今日はキャラメルボックス2018グリーティングシアター『無伴奏ソナタ』の仕込み1日目。
しかし、僕は9時から、歯医者。
11時から、日本演出者協会の理事会。
サンシャイン劇場に行ったのは、14時でした。
ちょうど装置の立て込みが始まったところ。
で、16時から劇場ロビーでカンフェティの取材。
三浦剛と二人で、『エンジェルボール』についてのインタビューを受けました。
初主演の三浦は意欲満々。
『無伴奏ソナタ』の初日はまだ開いてないのに、『エンジェルボール』の稽古が楽しみになってきました。
明日は夕方から場当たり。
最後の詰め、しっかりやりたいと思います。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

大きな鳥にさらわれないよう [本]

5月13日(日)
川上弘美『大きな鳥にさらわれないよう』(講談社)読了。

大きな鳥にさらわれないよう

大きな鳥にさらわれないよう

  • 作者: 川上 弘美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/04/22
  • メディア: 単行本


「わたし」は行子さんと子供を育てる仕事をしている。
5年前に結婚した夫は、工場で働いている。
工場では、食料や人間を作っている。
夫は4度目の結婚で、最初の妻は鼠由来、次は馬由来、三番目はカンガルー由来の人間だった。
やがて夫が亡くなり、夫がイルカ由来の人間だったことかわかる……。

川上弘美氏の本は36冊目。
はるかな未来を舞台にした物語で、14の章が独立した短編になっている。
人類は絶滅の危機に瀕している。
なぜそうなったのかは、12番目の章『運命』で明らかになる。
SFのような、純文学のような、お伽話のような、不思議な小説。

今日は13時より、西葛西の東京放送芸術&映画俳優専門学校のワークショップ。
2年生の1回目。
32人の生徒が参加してくれました。
コーチは同校の卒業生の元木諒。
メニューはリズム練習、発声練習、台本練習で、合計4時間。
発声練習の最後にやったリトミックは全員完璧で、ちょっと驚いてしまいました。
台本練習のテキストは、『ブリザード・ミュージック』の1場。
かなり難しいテキストですが、今年の2年生は優秀なのか、結構健闘していました。
今日は読み合わせだけでしたが、2回目は動いてやってもらおうと思います。
と言っても、1カ月も先ですけど。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

もっと知りたいルドン [本]

5月12日(土)
山本敦子『もっと知りたいルドン』(東京美術)読了。

もっと知りたいルドン―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいルドン―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 山本 敦子
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2011/10/30
  • メディア: 単行本


岐阜美術館学芸部長の山本敦子が、19世紀のフランス人画家オディロン・ルドンの生涯と作品を解説する。

オディロン・ルドンは1840年、フランスのボルドー市生まれ。
1864年、ジャン=レオン・ジェロームの私設アトリエに入門。
1868年、サロンに油彩画1点が入選。
1886年、第8回印象派展に出品。
1894年、デュラン=リュエル画廊で、大規模な個展が開催される。
1903年、レジオン・ドヌール勲章を受ける。
1920年、自宅で死去。
ルドンは印象派と同時代の画家だが、ウジェーヌ・ドラクロワ、ギュスターブ・モロー、エドガー・アラン・ポー、シャルル・ボードレールの影響を受け、幻想的、象徴的な絵画を描き続けた。
ポール・ゴーギャンと親しく、ナビ派の画家たちに慕われた。
代表作は、「グラン・ブーケ」「オフィーリア」「アポロンの戦車」「オルフェウス」「ヴィオレット・ハイマンの肖像」「キュクロプス」など。
石版画集『夢のなかで』の中の『笑う蜘蛛』がムチャクチャ気持ち悪かった。
夢に出てきそう……。

キャラメルボックス2018グリーティングシアター『無伴奏ソナタ』の稽古24日目、最終日。
歌とパフォーマンスの復習をした後、第四回通し稽古。
上演時間は33秒伸びて、1時間48分27秒。
伸びたけど、これくらいのタイムがちょうどよいのではないかと思いました。
これで稽古は終了。
やるべきことはすべてやりました。
初演・再演に負けない、おもしろい芝居が作れたと思います。
だから、一人でも多くの人に見てほしい。
初日は5月16日。
池袋サンシャイン劇場でお待ちしています。


nice!(2) 
共通テーマ:演劇

シャイニング(下) [本]

5月11日(金)
スティーヴン・キング『シャイニング(下)』(文春文庫)読了。

新装版 シャイニング (下) (文春文庫)

新装版 シャイニング (下) (文春文庫)

  • 作者: スティーヴン キング
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/08/05
  • メディア: 文庫


9月30日。
元高校教師のジャックは、妻のウェンディ、5歳の息子のダニーとともにコロラド山中のオーバールックホテルへ行き、管理人として暮らし始める。
やがて、ホテルは雪に閉ざされた。
電話も雪で不通となった。
ジャックは地下のボイラー室で、ホテルの昔の書類を発見。
その中に、ホテルの歴史を綴ったスクラップブックがあった。
それによれば、100年近いホテルの歴史には、様々な陰惨な事件があった。
一方、料理長のハローランから「217号室には絶対に入るな」と言われたダニーは、217号室が気になって仕方がなかった。
そしてとうとう、両親に黙って、一人で入ってしまう……。

この小説は、いわゆる「幽霊屋敷」ものの最高傑作と言われている。
が、事件らしい事件は、長い長いクライマックスの1回だけ。
それまではひたすら不穏な雰囲気を漂わせるのみ。
いくらキングでも、これはちょっともったいつけすぎではないか?
おもしろい物語が読みたい僕としては少々不満だった。

キャラメルボックス2018グリーティングシアター『無伴奏ソナタ』の稽古23日目。
歌とパフォーマンスの復習、2場前半と3場の復習の後、第三回通し稽古。
上演時間は20秒ちょっと伸びたけど、まだ1時間48分弱。
昨日速すぎた部分が適度なテンポになり、見やすくなりました。
稽古は残り1日、さらに上を目指して頑張ります!
アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』の情報が解禁になりました。
『エンジェルボール』の第一稿が書き上がって、次に取りかかったのがこの脚本。
今、絶賛構想中です。
1本目に負けない、熱い、おもしろい芝居にしたいと思います。
再び西浦のメンバーたちに会えるのがとってもうれしい!
こっちも頑張ります!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

オルセー美術館の名画101選 [本]

5月10日(木)
島田紀夫『オルセー美術館の名画101選』(小学館)読了。



ブリジストン美術館館長の島田紀夫が、パリのオルセー美術館の名画101を紹介する。

パリには3つの大きな国立美術館がある。
ルーヴル美術館、ポンピドゥーセンターの近代美術館、そして、オルセー美術館。
オルセーは、開館が1986年とまだ新しいが、中身は充実している。
ギュスターヴ・クールベ『画家のアトリエ』
ジャン=フランソワ・ミレー『落穂拾い』『晩鐘』『羊飼いの少女』
エドゥアール・マネ『草上の昼食』『オランピア』『笛を吹く少年』
クロード・モネ『アルジャントゥイユのヒナゲシ』『サン=ラザール駅』『戸外の人物試作(日傘の女性)』『積み藁、夏の終わり、朝の効果』『ルーアン大聖堂、扉口とアルバーヌ塔、満ちる光』
ピエール・オーギュスト・ルノワール『ムーラン・ド・ラ・ギャレット』『田舎のダンス』
エドガー・ドガ『バレエ(エトワール)』
ベルト・モリゾ『ゆりかご』
ポール・セザンヌ『リンゴとオレンジ』
フィンセント・ファン・ゴッホ『オヴェールの教会』『自画像』
などなど、凄い作品がいっぱい。
去年の「オルセー美術館展」、忙しくて見に行けなかったのが残念でならない。
でも、この本が読めて、とても満足。
お薦めです。

キャラメルボックス2018グリーティングシアター『無伴奏ソナタ』の稽古22日目。
歌とパフォーマンスを復習し、細かい部分の手直しをし、早替えの練習をした後、18時より第二回通し稽古。
役者たちが時間短縮のためにペースを上げてくれたので、非常に快調なテンポで進みました。
部分的にはちょっと速すぎるところもあった。
で、上演時間は2分22秒短縮して、1時間47分37秒。
目標は達成できたけれど、もう少しゆっくりでもいいと思いました。
タイムだけでなく、芝居の中身も確実に進歩。
今日もちょっと泣いてしまいました。
稽古は残り2日、全力で頑張ります!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

シャイニング(上) [本]

5月9日(水)
スティーヴン・キング『シャイニング(上)』(文春文庫)読了。

新装版 シャイニング (上) (文春文庫)

新装版 シャイニング (上) (文春文庫)

  • 作者: スティーヴン キング
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/08/05
  • メディア: 文庫


ジャック・トランスは元高校教師。
生徒を殴って退職となり、ホテルの冬季の管理人に応募する。
それは、コロラド山中にある、古い歴史を持つ「景観荘(オーバールック)ホテル」。
毎年、9月30日から5月15日まで閉鎖されるため、管理人が住み込みで管理する。
人里離れた豪雪地帯にあるため、冬は数カ月の間、ホテルから外に出られなくなる。
ジャックは妻のウェンディ、5歳の息子ダニーとともにホテルに向かう。
ダニーには、他人の心や未来がわかる能力があった。
ホテルの料理長のハローランは同じ能力の持ち主で、これは「かがやき(シャイニング)」と言うのだとダニーに教えてくれた。
そして、何かあったら、いつでも俺を呼べ、必ず助けに行くと約束した……。

スタンリー・キューブリック監督が映画化したものは昔見た。
が、話の中身は大分違うようだ。
キングはこの映画に怒り、自分で映画化をやり直したと聞く。
キング・ファンの間では評価の高い小説だが、いつにも増して、話がなかなか進まないので、非常にイライラした。
普通の作家なら、上下巻でなく、1冊で書くはずだ。
ま、これがキングなんですけどね。

キャラメルボックス2018グリーティングシアター『無伴奏ソナタ』の稽古21日目。
5場の復習とカーテンコールの段取り決めをやった後、18時から第一回通し稽古。
最初は固かったけど、尻上がりに調子を上げ、4場以降は見事に盛り上がり、見ている僕は泣きっぱなしでした。
上演時間は1時間49分59秒。
目標は1時間50分だったので、ギリギリ達成!
しかし、前半はやや遅かったし、ミスもあったし、時間を取るわりにおもしろくないギャグもあったので、あと1分から1分半は削れるはず。
1時間48分を目指して、明日以降、頑張っていきたいと思います。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

踏みはずし [本]

5月8日(火)
ミシェル・リオ『踏みはずし』(白水uブックス)読了。

踏みはずし (白水uブックス―海外小説の誘惑)

踏みはずし (白水uブックス―海外小説の誘惑)

  • 作者: ミシェル リオ
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2001/07/01
  • メディア: 新書


暗殺者の男がある家に侵入する。
書斎のデスクの上に、主の妻と娘の写真を見つける。
日没後、主のブレモンが帰宅し、書斎に入ってくる。
ブレモンはジャーナリストで、財界の大物アルベルティのスキャンダルを掴んだ。
男はアルベルティに雇われたのだ。
が、男はブレモンに対し、助けてやるかわりに、妻と娘の写真をよこせと言う。
一体目的は何なのか?

ブックオフで見つけて、買った本。
全く知らない作家だったが、背表紙の紹介文で興味を持ち、読んでみた。
ミシェル・リオはフランス人の作家で、この本は本国で1991年に出版された。
日本では1994年の発売。
ハードボイルドのような設定だが、あくまでも純文学。
にもかかわらず、ロマンと切なさがあって、とても楽しめた。
ときどき、こういう偶然の出会いを求めてしまうが、今回は当たりだった。

キャラメルボックス2018グリーティングシアター『無伴奏ソナタ』の稽古20日目。
歌とパフォーマンスの復習をした後、3場と4場をやりました。
4場は感動して、2回も泣いてしまいました。
なんて切ない話なんだ!
いや、もちろん、知ってましたけどね!
役者たちの演技がよくて、ついつい感情移入してしまったのです。
昨日今日と、1場から順番に見てきて、現時点では4場が一番出来がいい。
1~3場も頑張らないと。
明日は5場をやってから、第一回通し稽古。
転換もいっぱいあるし、まずは無事に通せることを祈ります。
頑張るど!

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

逃避行 [本]

5月7日(月)
篠田節子『逃避行』(光文社文庫)読了。

逃避行 (光文社文庫)

逃避行 (光文社文庫)

  • 作者: 篠田 節子
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2007/04/12
  • メディア: 文庫


妙子は50歳の主婦で、夫と、ゴールデンレトリーバーのポポと暮らしている。
そのポポが、隣家の小学生にいじめられて、喉に噛み付き、死なせてしまう。
夫も、独立した娘二人も、ポポを処分しろと言う。
妙子は深夜、2000万円が入った貯金通帳を持って、ポポと家を出る。
二度と家には帰らないつもりだった……。

おもしろかった!
篠田節子氏の作品は『女たちのジハード』『絹の変容』『百年の恋』『逃避行』と読んできたが、全部おもしろい。
リアルで、描写が細密で、展開の予想がつかない。
だから、いつもハラハラドキドキさせられる。
『逃避行』は読み始めてすぐに、「これ、芝居にできないかな?」と思った。
読み進むうち、無理だと気付いたが。
しかし、妙子とポポの逃避行は、予想外の展開の連続で、まさに波瀾万丈の物語。
波瀾万丈好きの僕としては大満足の小説だった。
お薦めです。

今日は10時から、キャラメルボックス俳優教室の授業。
3時間だったので、ちょっと駆け足になってしまいました。
13時から、会議
14時から、キャラメルボックス2018グリーティングシアター『無伴奏ソナタ』の稽古。
最初に3つのパフォーマンスを見せてもらいましたが、先週よりも進化して、おもしろくなっていました。
で、1場から復習。
先週、動きつけが完了したので、今日からはそのブラッシュアップ。
しかし、役作りに違和感のある役者が何人もいたので、長々とダメ出ししてしまいました。
一言でまとめれば、アメリカ人になっていない。
『無伴奏ソナタ』の登場人物は全員アメリカ人なので、そう見えないと困る。
残り一週間で、何とかよくしていきたいと思います。
頑張るで!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇