So-net無料ブログ作成
検索選択

普通じゃない [映画]

6月24日(土)
ダニー・ボイル監督『普通じゃない』(1997年)WOWOWで鑑賞。

普通じゃない [DVD]

普通じゃない [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


天国の警察署。
天使のオライリー(ホリー・ハンター)とジャクソン(デルロイ・リンド)は、署長ガブリエル(ダン・ヘダヤ)から、二人の人間を結びつけろと命令され、下界に降りる。
アメリカ。
大企業の清掃員をしているロバート(ユアン・マクレガー)の将来の夢は小説家。
ところが、ある日突然、清掃員をクビになり、恋人にも振られてしまう。
ロバートは社長のナヴィル(イアン・ホルム)に抗議に行き、つい勢いで社長の足を撃ってしまう。
おまけに、その場にいた社長の娘のセリーン(キャメロン・ディアス)を誘拐してしまう。
ロバートはセリーンを山荘に連れていく。
が、身代金の脅迫の電話さえまともにできないロバートに、セリーンは立腹。
かわりに、自分が電話してしまう……。

『トレインスポッティング』で名を挙げたダニー・ボイル監督のアメリカ進出第一作。
『トレインスポッティング』と同じく、ユアン・マクレガーが主演だが、ゆるゆるのラブコメ・ファンタジーで、気楽に楽しめはするものの、映画としての出来はイマイチ。
脇役でスタンリー・トゥッチが出ていたのは、うれしかった。

『素敵なセリフのしゃべり方』第38回
岩城「このチームの責任者は私だ」
佐久間「責任者なら、何をしてもいいって言うの?」
佐久間のセリフで、佐久間は怒っています。
だから、このセリフは怒って言うべきです。
が、その怒りは、その前の岩城の「このチームの責任者は私だ」というセリフを聞くことによって生じます。
ですから、佐久間役の俳優は、岩城のセリフをしっかり聞いて、聞きながら、怒ること。
そして、自分のセリフを言うのです。
そうすれば、怒ったしゃべり方にしなくても、怒ったしゃべり方になるはずです。
その際、岩城のセリフを聞きながら怒ろうと思わず、ただ岩城のセリフを聞くこと。
よく聞き、相手をよく見ること。
稽古のたびに、本番のたびに、岩城の「このチームの責任者は私だ」の言い方も演技もきっと違う。
それをちゃんと見極める。
そうすれば、それを聞いている時の佐久間役の俳優の気持ちもきっと変わる。
怒りと同時に、驚きを感じたり、軽蔑を感じたりする。
その時感じた気持ちを、ちゃんと次のセリフに反映させる。
これこそが、「受け」の演技です。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

怒り [映画]

6月23日(金)
李相日監督『怒り』(2016年)GEOのレンタルDVDで鑑賞。

怒り DVD 通常版

怒り DVD 通常版

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


東京都八王子市で住宅地で、夫婦の刺殺死体が発見される。
1年後。
千葉の漁港に住む洋平(渡辺謙)は、新宿歌舞伎町の風俗店で働いていた娘・愛子(宮崎あおい)を連れて帰る。
愛子は漁港で働き始めた田代(松山ケンイチ)と親しくなっていく。
東京の大手広告代理店に勤める優馬(妻夫木聡)は、一夜を共にした直人(綾野剛)と暮らし始める。優馬の母・貴子(原日出子)は末期癌でホスピスに入っていた。
母と沖縄に引っ越してきた泉(広瀬すず)は、同い年の辰哉(佐久本宝)のボートで小島に行き、そこの廃墟で暮らしていた、田中(森山未來)と出会う。
八王子の事件の犯人が特定され、写真が公開された。
その写真は、田代にも直人にも田中にも似ていた……。

吉田修一氏の小説『怒り』の映画化。
原作に忠実で、豪華な俳優陣の巧みな演技、千葉・東京・沖縄の美しい景色など、文句のつけどころがない。
よくそ2時間20分にまとめたものだと思う。
が、おもしろさという点では、原作には遠く及ばない。
小説の映画化の難しさを改めて感じた。

『素敵なセリフのしゃべり方』第37回
演技は英語で言えば「アクション」ですが、実際はすべて「リアクション」だと思います。
誰かに何かを言われて、何かを感じたから、何かをする、何かを言う。
突然、思いついて、バナナを食べる、という行動もリアクションなのか?
そう聞く人もいるかもしれせん。
が、それは、空腹感を感じたからこそ起こるアクション。
空腹感に対するリアクション、と言えるのではないでしょうか?
あるセリフを読んで、このセリフの感情は怒りだと解釈して、怒りを感じながらしゃべる。
これはアクション。
その前の相手役のセリフを聞いて、怒りを感じて、自分のセリフを言う。
これがリアクションです。
自分のセリフをどう言うかでなく、その前の相手役のセリフをどう聞き、何を感じるか。
これこそか重要なのです。
セリフはサーブじゃなくて、レシーブです。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

28週後… [映画]

6月22日(木)
フアン・カルロス・フレナスディージョ監督『28週後…』(2007年)WOWOWで鑑賞。

28週後… [Blu-ray]

28週後… [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


イギリス、ロンドン。
新種のウィルス「RAGE」の発生から28週後。
人類が滅亡したイギリスに、海外にいたイギリス人が帰国し始める。
ドン(ロバート・カーライル)は妻のアリス(キャサリン・マコーマック)を見捨てて生き延び、隔離地区の行政官になっていた。
そこへ、スペインに行っていた娘のタミー(イモージェン・プーツ)と息子のアンディ(マッキントッシュ・マグルトン)が帰ってくる。
姉弟は隔離地区を抜け出し、我が家へ帰る。
そこには、死んだはずの母アリスがいた……。

ダニー・ボイル監督の映画『28日後……』の続編。
登場人物たちの行動が愚かすぎて、感情移入が難しかった。
その方が話が盛り上がるのはわかるが、イギリスが滅亡するほどのウイルスに対して、あまりに無防備すぎないか?
隔離地区の狙撃兵・ドイル軍曹の役で、ジェレミー・レナーも出演。
姉弟を助ける姿がなかなかカッコよかった。

『素敵なセリフのしゃべり方』第36回
「セリフに気持ちを込める」という言葉があります。
誰かの演技を見て、「セリフに気持ちが込もっていた」と褒めたりします。
が、これは間違いです。
あるセリフを言うとします。
このセリフの気持ちは、怒りです。
だから、怒りの気持ちをそのセリフに込めて言う、というのは間違い。
その前の相手役のセリフを聞いて、怒りを感じる。
怒りを感じたから、そのセリフを言ってしまう。
つまり、気持ちが先で、セリフが後。
気持ちはセリフに込めるものではなく、自然と込もってしまうものなのです。
僕は稽古でしばしば、「そのセリフ、もっと大きく」とダメ出しします。
すると、役者の中には、単に音量だけ大きくする者がいます。
が、これも間違い。
その前の相手役のセリフを聞いて感じる気持ちを大きくする。
すると、次の自分のセリフも大きく出る。
大切なのは、相手役のセリフをいかに受け取るか、つまり、「受け」なのです。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

大人ドロップ [映画]

6月22日(水)
飯塚健監督『大人ドロップ』(2014年)CSで鑑賞。

大人ドロップ [DVD]

大人ドロップ [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD



浅井由(池松壮亮)は高校3年。
親友のハジメ(前野朋哉)がクラスメートの入江杏(橋本愛)を好きになる。
浅井は前の座席のハル(小林涼子)に頼んで、入江を誘ってもらい、4人でダブルデートをすることになる。
が、待ち合わせに、浅井はわざと遅れていき、ハルにも遅刻してくれと頼む。
浅井の策略に気づいた入江は激しく怒った……。

芥川賞候補になった樋口直哉の同名小説を映画化。
高2の息子のお薦めで見たが、主人公の気持ちがわからず、乗れなかった。
映画のロケ地は下田。
下田には以前何回か旅行に行ったので、懐かしかった。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古18日目。
14時から、衣裳合わせでした。
スタイリストの花谷律子さんはいつも色使いが素敵なのですが、今回は抜群にカラフル!
特に主役の原田樹里は何回も着替えがあるのですが、出てくるたびに派手な色で、とても目を引きました。
木村玲衣は期待通りの美少女ファッション。
岡田さつきも5役演じるので、次々と着替え、髪形も変え、見事な変身ぶり。
今回は衣裳も見どころの一つだと思いました。
稽古は、1場、1・2場、2・3場と、尻取り形式で復習。
5・6場まで進みました。
役者たちがいろいろギャグを仕掛けてきて、楽しかった。
明日は後半をやります。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

少女 [映画]

6月18日(日)
三島有紀子監督『少女』(2016年)GEOのレンタルDVDで鑑賞。

少女 DVD通常版

少女 DVD通常版

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


高校生の由紀(本田翼)と敦子(山本美月)は親友同士。
敦子は剣道部で活躍していたが、怪我のために退部。
今は同級生から深刻なイジメに遭っている。
由紀は小説家志望で、授業中まで小説を書いている。
二人は、転校生の詩織(佐藤玲)が「親友の死体を見たことがある」と言うのを聞いて、死の瞬間を目撃することに興味を持つ……。

湊かなえ氏の小説の映画化。
三島有紀子監督の映画は『しあわせのパン』に続いて2作目だが、前作と同じく現実感が薄く、最後まで乗れなかった。

『素敵なセリフのしゃべり方』第35回
自分のセリフに対して自由になる方法。
私は30歳まで俳優をやっていたのですが、その頃は毎晩、お風呂の浴槽に浸かった時、自分のセリフを最初から最後まで、キャラクターを変えてしゃべっていました。
その役が図書館の館長だったとしても、今日は幼稚園の先生、今日は暴力団の組員、今日は江戸時代のお殿様、というふうに。
職業が変われば、口調も変わります。
それによって、「このセリフはこんなふうな言い方もできるんだ」という発見が生じます。
意図的な誤読によって、可能性を広げるのです。
一般的には、すべてのセリフを早口で棒読みで一気に言う、という方法を取る俳優が多いようです。
これも、言い回しの固定化を防ぐのに、役に立つと思います。
野球の内野守備を思い出してください。
打球をキャッチして、ファーストにボールを送球する。
打球が毎回毎回同じコースに飛んでくるということはありえない。
その都度、足の運び、腰の高さ、手の伸ばし方など、キャッチの仕方を変えなければならない。
そうすると、送球の仕方も変わる。
キャッチと送球に、たった一つの、理想のやり方はない。
が、一つ一つの打球に対する、最適なやり方はある。
内野手はノック練習で、どんな打球が来ても、最適な対応ができるように訓練します。
俳優もそうあるべきです。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

ローグ・ワン [映画]

6月14日(水)
ギャレス・エドワーズ監督『ローグ・ワン』(2016年)GEOのレンタルDVDで鑑賞。



ゲイリン・アーソ(マッツ・ミケンセル)は帝国軍の科学者だったが、妻子を連れて脱走し、辺境の星で暮らしていた。
が、追手に見つかり、妻を殺され、連行される。
娘のジン・アーソは(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍のソー・ゲレーラ(フォレスト・ウィテカー)に育てられ、戦士となる。
ゲイリンは帝国軍の下で、新兵器「デス・スター」を開発。
しかし、その中にわざと致命的な欠点を作り、その秘密を託した使者を反乱軍に送り出した……。

『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフで、エピソード4の前日譚。
話の流れはエピソード4にとてもよく似ている。
そして、最後に、C3PO、R2D2、ダース・ベイダー、若きレイヤ姫まで出てくる。
『スター・ウォーズ』ファンにはたまらない映画。
出来もなかなかで、「作らなきゃよかった」映画にはならずに済んだ。
二人の東洋人、盲目の僧侶チアルート・イムウェ(ドニー・イェン)と、巨大ブラスターを駆使するベイズ・マルバス(チアン・ウェン)がひたすらカッコイイ。
お薦めです。

10時から、キャラメルボックス俳優教室の授業。
17時から、キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古12日目。
今日から動きつけで、1~3場の予定だったのですが、進みが早くて、4場までやってしまいました。
これは非常に珍しい。
役者たちが自分で考えて、動いてくれたおかげです。
元木諒、大分よくなりました。
『恋のからさわぎ』の後、『嵐を呼ぶ男』を薦めたのですが、こっちの方が参考になったみたい。
今回の元木はヒース・レジャーじゃなくて、石原裕次郎です。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

捜索者 [映画]

6月13日(火)
ジョン・フォード監督『捜索者』(1956年)BSで鑑賞。

捜索者 [DVD]

捜索者 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


南北戦争終結から3年後、アメリカ、テキサス。
南軍の軍人イーサン・エドワーズ(ジョン・ウェイン)が、弟のアーロンの牧場へ帰ってくる。
アーロンは、妻マーサと3人の子供、チェロキー族との混血の若者マーティン・ボウレイ(ジェフリー・ハンター)と暮らしている。
翌日、イーサンとマーティンは、テキサス警備隊隊長サム・クレイトン大尉(ワード・ボンド)とともに、牛泥棒を追跡する。
しかし、それはコマンチ族の罠だった。
すぐに牧場に引き返すが、アーロン・妻・息子は殺され、娘2人は誘拐されていた。
犯人は、コマンチ族の酋長スカーと部下たち。
イーサンとマーティンは直ちにスカーたちの後を追う……。

主人公のイーサンは、コマンチ族の死体の両目を打ち抜くほど、残酷な男。
ジョン・ウェインにしては珍しく、ハードな役。
イーサンの追跡は5年にも及ぶ。
ついに発見したアーロンの娘デビー(ナタリー・ウッド)は、スカーの妻となり、一緒に帰らないと言う。
ただの勧善懲悪ではない、人間ドラマ。

『素敵なセリフのしゃべり方』第34回
一人で行うセリフの練習は、正しい言い方を探すのでなく、どんなふうにでも言える自由を獲得すべきです。
もちろん、台本を読んで、この役はこんなキャラクターかな、この場面ではこんな感情かな、このセリフはこんなふうにしゃべるかな、ということは考えるべきです。
が、正解は一つではない。
その直前の相手役のセリフを聞いて、何を感じるかによって、決まります。
稽古のたびに、本番のたびに、それは微妙に変化します。
それは非常に微小な変化かもしれませんが、構いません。
とにかく、このセリフはこうしゃべる、と決め付けるのだけは避けるべきです。
しかし、若い役者の中には、どんなにダメ出ししても、同じしゃべり方をする者がいます。
無意識のうちに言い回しを決定し、それが絶対に変わらない。
演出家としては非常に困った存在です。
だから、どんなふうにでも言える自由を獲得してほしいのです。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

ギャング・オブ・ニューヨーク [映画]

6月12日(月)
マーチン・スコセッシ監督『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2002年)CSで鑑賞。

ギャング・オブ・ニューヨーク [DVD]

ギャング・オブ・ニューヨーク [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD


1864年、ニューヨーク。
ファイヴ・ポイント地区では、二つのグループが対立していた。
ヴァロン神父(リーアム・ニーソン)が率いる、アイルランド移民の集団「デッド・ラビッツ」。
肉屋のビル・ザ・ブッチャー(ダニエル・デイ・ルイス)が率いる、アメリカ生まれの集団「ネイティヴズ」。
両グループの衝突で、ヴァロン神父はビルに殺される。
15年後、アムステルダム(レオナルド・ディカプリオ)が少年院から出所してくる。
彼はヴァロン神父の息子で、身分を隠して、ビルに近づく。
街で出会った美しい女スリのジェニー(キャメロン・ディアス)は、ビルの愛人だった……。

ビルは公衆の面前で次々と人を殺すのだが、最後まで逮捕されない。
これが19世紀の話とは思えない。
150億円かけた映画らしいが、ファイヴ・ポイント地区は巨大なセットにしか見えない。

『素敵なセリフのしゃべり方』第33回
自然にしゃべろうとして、声が小さくなる俳優がいます。
「もっと声を大きくして」とダメ出ししても、なかなか大きくならない。
心の中で、「これ以上、大きくしたら、不自然になってしまう」と思っているようです。
が、小さな声で自然にしゃべるのは、誰にでもできます。
だって、普段やっているのだから。
演技訓練を全くしていない、若いタレントやモデルがテレビでそれなりの演技ができるのは、普段のまま演じているからです。
が、その感情表現は貧しく、役作りもなされていない。
訓練をしていないのだから、当然です。
もちろん、テレビドラマや映画の撮影現場で、腹式呼吸の張りのある声を出したら、監督に「うるさい」と言われるでしょう。
しかし、舞台演技を訓練した俳優なら、音量を抑えた上で、感情表現が豊かな、彫りの深い人物を演じることができる。
大は小を兼ねますが、小は大を兼ねません。
俳優はまず舞台演技の訓練をすること。
ハリウッドの俳優も、そのほとんどは舞台からキャリアをスタートさせています。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

小さな巨人 [映画]

6月11日(日)
アーサー・ペン監督『小さな巨人』(1971年)CSで鑑賞。

小さな巨人 [DVD]

小さな巨人 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • 発売日: 2010/10/07
  • メディア: DVD


1970年、ロサンゼルス。
在郷軍人病院の一室で、121 歳の老人ジャック・クラブ(ダスティン・ホフマン)が、歴史学者のインタビューに対して語り始める。
1859年、10歳のジャックは、シャイアン族に両親を殺され、姉のキャロライン(キャロル・アンドロスキー)と孤児になる。
二人はシャイアン族の「見える影」(ルーベン・モレノ)に救われ、連れられて、老酋長「オールド・ロッジ・スキンズ」(チーフ・ダン・ジョージ)に会う。
キャロラインは馬で脱走するのが、残されたジャックは「オールド・ロッジ・スキンズ」の息子となり、「リトル・ビッグマン」と名付けられる。
16歳になったジャックは、初めて騎兵隊との戦闘を参加。
敵兵に殺されそうになった瞬間、「ジョージ・ワシントン!」と叫び、服をめくって、白い肌を見せる。
ジャックは街に連れて行かれ、ペンドレーク牧師の養子になる。
牧師の妻(フェイ・ダナウェイ)は若くて、聖女のように美しかった……。

ダスティン・ホフマンの映画はほとんど見ているが、これは見逃していた。
白人と先住民の間をコウモリのようにウロチョロしながら、121歳まで生きた男の話。
ダスティン・ホフマンがこの役にぴったりで、いきいきと演じている。
139分はやや長く感じられたが。

『素敵なセリフのしゃべり方』第32回
ここで改めて書いておきたいのは、セリフをしっかり覚えろということ。
「大体覚えた」程度の覚えた方では絶対にダメ。
舞台は緊張する場所なので、頭の動きがどうしても鈍くなる。
そこで、ちょっとでも気が散ると、次のセリフは出てこなくなります。
僕はいつも若い俳優たちに、「セリフは200パーセント覚えろ」と言っています。
セリフを思い出すことに集中すれば思い出せる。
これは100パーセント。
他のことに気を取られても、まるで九九や自分の家の住所のようにスラスラと出てくる。
これが200パーセントです。
舞台上では、自分の演技、相手役の演技、照明、音響、小道具、お客さんの反応など、様々なものに意識を分散させなければなりません。
自分の次のセリフを思い出すことだけに集中するわけにはいかないのです。
僕は大学時代、折り畳み傘を畳んだり開いたりを繰り返しながらセリフを言うことで、200パーセント覚える訓練をしました。
よかったら、試してみてください。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

続・激突!カージャック [映画]

6月10日(土)
スティーヴン・スピルバーグ監督『続・激突!カージャック』(1973年)CSで鑑賞。

続・激突!/カージャック [DVD]

続・激突!/カージャック [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD


アメリカ、テキサス。
州立刑務所で服役中のクロービス・ポプリン(ウィリアム・アザートン)のもとに、妻のルー・ジーン(ゴールディー・ホーン)が面会にやってくる。
ルー・ジーンの話によると、一人息子のラングトンが裁判所命令で取り上げられ、福祉協会を通じて養子に出されてしまうらしい。
クロービスはルー・ジーンとともに、刑務所を脱出。
老人夫婦の車に乗せてもらうが、マックスウェル・スライド巡査(マイケル・サックス)が運転するパトカーに停止を命じられる。
バレたと思った二人は、老人夫婦の車を奪い、ラングトンがいるシュガーランドへ向って、猛スピートで走り出した!

テレビ映画『激突!』でデビューしたスティーヴン・スピルバーグ監督の第二作。
タイトルは『続・激突!』となっているが、『激突!』とは何の関係もない。
原題は『The Sugerland Express』。
1969年に実際に起きた事件の映画化。
若きゴールディー・ホーンがおバカな若妻を元気に演じている。
スピルバーグ監督の演出はさすがにそつがなく、最後まで楽しむことができた。

『素敵なセリフのしゃべり方』第31回
セリフをしゃべる時、ブレス(息継ぎ)は非常に重要です。
緊張すると、首・肩・胸に力が入り、呼吸しにくくなる。
そのせいもあって、呼吸が浅くなる。
当然、ブレスの回数が増え、セリフがぶつ切りになります。
また、急いで息を吸おうとして、音を立てて吸い込む者もいる。
これはお客さんに耳障りなので、癖になる前に取り除くべきです。
一番大切なのは、しっかり息を吐くこと。
肺が空になれば、「吸おう」と思わなくても、息は自然と勢い良く入ってきます。
『外郎売』は呼吸の練習に最適です。
肺の中の息を全部吐き切るまでしゃべることを繰り返せば、呼吸を深くすることができます。
もちろん、息の出し入れの時に力を入れるのは、腹筋のみです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇