So-net無料ブログ作成

ジャングル・ブック [映画]

10月21日(土)
ジョン・ファブロー監督『ジャングル・ブック』(2016年)WOWOWで鑑賞。

ジャングル・ブック MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

ジャングル・ブック MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray


インドの奥地。
人間の赤ん坊のモーグリ(ニール・セディ)は、ジャングルの中で独りぼっちでいるところを、黒ヒョウのパギーラ(声/ベン・キングスレー)に拾われた。
パギーラはオオカミの一族にモーグリを預ける。
リーダーのアキーラ(声/ジャンカルロ・エスポジート)は、雌のラクシャ(声/ルピタ・ニョンゴ)にモーグリを育てさせた。
数年後の乾季、トラのシア・カーン(声/イドリス・エルバ)がやってくる。
シア・カーンはモーグリの父親を殺したが、その際、顔を傷つけられた。
その時のことを恨み、モーグリを殺そうとする。
モーグリはパギーラとともに逃げるが、途中ではぐれてしまう。
そこで出会ったのが、クマのバルー(ビル・マーレイ)だった……。

原作はキプリングの小説で、以前、ディズニーがアニメ化したが、今度は実写で映画化。
とは言えと、ほとんどがCGで、実物は人間のモーグリだけ。
CGの発達によって、ジャングルと動物たちが見事に映像化されていた。
クリストファー・ウォーケンが巨大なオランウータン、スカーレット・ヨハンソンが巨大なヘビの声で出演。
非常に豪華なキャスティングだが、エンドロールまで全く気づかなかった。

日本語吹替版のキャスティングは、バギーラが松本幸四郎さん、バルーが西田敏行さん、ラクシャが宮沢りえさん、シア・カーンが伊勢谷友介。
こっちも見てみたいと思った。
ディズニーやピクサーのアニメが公開されるたびに、英語版と日本語版と、どっちを見ればいいか迷う。
まあ、今回はWOWOWで見たので、選択の余地はなかったが。
娘や息子が小さい頃は、迷わず日本語版にした。
マイク・ワゾースキーは爆笑問題の田中さん。
これは絶対に譲れない。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

インフェルノ [映画]

10月20日(金)
ロン・ハワード監督『インフェルノ』(2016年)WOWOWで鑑賞。

インフェルノ [SPE BEST] [DVD]

インフェルノ [SPE BEST] [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


イタリア、フィレンツェ。
ハーバード大学教授のロバート・ラングドン(トム・ハンクス)が病院の一室で目を覚ます。
担当医のシエナ・ブルックス(フェシリティ・ジョーンズ)は、頭部への銃撃による怪我が原因で、記憶喪失に陥っていると告げる。
そこへ、女の殺し屋・ヴァエンサが現れる。
ラングトンはシエナに助けられ、彼女のアパートへ逃げ込む。
ラングドンの所持品の中に、小型のプロジェクター、ファラディーポインターがあった。
ポインターが映し出したのは、ダンテの「インフェルノ(地獄篇)」をモチーフにした、ボッティチェリの「地獄の見取り図(Map of Hell)」だった……。

ダン・ブラウン原作の小説『インフェルノ』の映画化で、『ダ・ヴィンチ・コード』『天使と悪魔』に続くラングドン・シリーズの第三弾。
脇役で、オマール・シー、 ベン・フォスター、イルファーン・カーン、エリザベス・シンスキーも出演。
人類の半数を死滅させるウィルスを巡る攻防を描く。
せっかくフィレンツェが舞台だったのに、絵画はあまり見られなかった。

キャラメルボックス2017グリーティングシアター『光の帝国』は、昨日、廿日市公演が終了。
次は鳥取公演です。
今日が移動日で、明日が仕込みで、明後日の10月22日(日)14時が本番。
会場は鳥取市民会館大ホールです。
キャラメルボックス初の鳥取公演。
鳥取にお住まいの皆さん、ぜひぜご来場ください。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

エルム街の悪夢 [映画]

10月19日(木)
ウェス・クレイブン監督『エルム街の悪夢』(1984年)WOWOWで鑑賞。

エルム街の悪夢 [Blu-ray]

エルム街の悪夢 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray


ティナ(アマンダ・ワイス)とナンシー(へザー・ランゲンカンプ)は女子高生。
ティナは、鋼鉄の爪を持った殺人鬼の夢に悩まされていた。
ティナの家で、ナンシー、ナンシーの彼氏のグレン(ジョニー・デップ)と3人で話をすると、なんと、3人の夢にその殺人鬼が登場していることがわかる。
そこへ、ティナのボーイフレンドのロッド(ニック・コリー)がやってくる。
ティナとロッドは寝室に行く。
ナンシーが叫び声を聞いて駆けつけると、ティナが血だるまになって死んでいた。
ティナの腹部には、4本の爪の跡があった……。

その後シリーズ化された、ホラー映画の名作。
なんと、ジョニー・デップのデビュー作だった。
デップはハンサムでのんびり屋の高校生役を地道に演じていた。
殺人鬼フレディは夢と現実の両方に現れるのだが、その法則性がよくわからず、少々混乱した。
まあ、細かいリアリティはどうでもいいのだろうが。

文化庁+日本劇団協議会『ケンジ先生』の稽古20日目。
1~9場を各場1回ずつ復習した後、第一回通し稽古。
昨日ランスルーをやったおかげで、ほとんどミスなしでした。
上演時間はちょっと伸びて、1時間36分41秒。
渡辺安理の「トシコ」が美人で愁いを帯びた人気歌手に見えた!
幸田尚子さんの「シラキさん」も芸能プロダクションのクールでカッコいい社長に見えた!
稽古は残り3日。
みんながどんどん成長してくれるといいなあ。
僕も頑張ります。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

13日の金曜日 [映画]

10月14日(土)
ショーン・S・カニンガム監督『13日の金曜日』(1980年)WOWOWで鑑賞。

13日の金曜日 [Blu-ray]

13日の金曜日 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray


6月13日金曜日、ニュージャージー州ブレアーズタウン近くのクリスタル・レイク。
閉鎖されていたキャンプ場を、持ち主のスティーブ(ピーター・ブロウワー)が再開することにした。
アルバイトの若者たちが集まってくる。
アリス(エイドリアン・キング)、ビル(ハリー・クロスビー)、ブレンダ(ローリー・バートラム)、マーシー(ジャニーヌ・テイラー)、ジャック(ケビン・ベーコン)、ネッド(マーク・ネルソン)。
料理番のアニー(ロビー・モーガン)は少し遅れて、キャンプ場に向かう。
しかし、到着直前で、何者かに襲われ、林の中で惨殺される。
そして、他の若者たちも次々と……。

今更という感じだが、ホラーが苦手なので、今まで見てなかった。
今見ると、怖くもないし、残虐でもない。
あ、ケビン・ベーコンだ、まだ若いな、と思ったら、あっさり殺されてビックリ。
この手の映画はそれまでなかったので、新鮮だったのだろう。
クリスタル・レイクの美しさはすばらしかった。

今日は『ケンジ先生』の稽古の後、日本劇作家協会のイベント「月いちリーディング」に参加してきます。
これは、若い劇作家の脚本をプロの俳優たちが読んで、その後、司会・ゲスト・出演者・観客でディスカッションするイベント。
僕が参加するのは、今回が3回目。
18時から、座・高円寺、地下3階稽古場にて。
ご来場をお待ちしています。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

コロニア [映画]

10月12日(木)
フロリアン・ガレンベルガー監督『コロニア』(2016年)WOWOWで鑑賞。

コロニア [DVD]

コロニア [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD


1973年9月11日。
ドイツのキャビンアテンダント・レナ(エマ・ワトソン)は、フライトでチリのサンチャゴに到着。
そこで反体制活動しているジャーナリストの恋人・ダニエル(ダニエル・ブリュール)と再会する。
2日後、軍部によるクーデターが発生し、ダニエルが連行されてしまう。
レナは、ダニエルが「コロニア・ディグニダ」に送られたことをつきとめる。
そこは「教皇」ことパウル・シェーファー(ミカエル・ニクビスト)が支配する宗教団体で、その敷地に一歩入ったら、二度と出られないと言われていた。
が、レナはダニエルを救出するため、「コロニア」に潜入する……。

事実に基づいた映画。
パウル・シェーファーは元ナチス党員で、コロニア内では40人以上が虐殺されていた。
いくら恋人を救うためとは言え、そんな所へ一人で飛び込むとは、凄い女性。
その女性をエマ・ワトソンがドイツ語で熱演。
しかし、結果は大コケだったらしい。
しかし、映画自体はそれほど悪い出来ではないと思う。

BOOWHOWOOL『ぐりっぐるっぐらっ』、昨日、高2の息子が、今日、妻が見てきました。
二人とも絶賛していました。
脚本も演出も演技も、すべてがすばらしかったそうです。
『ぐりっぐるっぐらっ』は10月15日まで、新宿二丁目のスぺース梟門で上演中です。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

超高速!参勤交代リターンズ [映画]

10月7日(土)
木本克英監督『超高速!参勤交代リターンズ』(2016年)WOWOWで鑑賞。

超高速! 参勤交代リターンズ [DVD]

超高速! 参勤交代リターンズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD


江戸時代。
磐城国の湯長谷藩藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は、老中・松平信祝(陣内孝則)の差し金により、幕府から突然の参勤交代を命じられたが、時間も金も人手もない中、なんとか江戸に到着。
その帰り、湯長谷で一揆が起きたとの報せを聞き、2日以内に藩に戻らなければならなくなる。
そこへ、信祝の刺客が襲いかかる……。

『超高速!参勤交代』が大当たりして、早速作られた続編。
おなじみのメンバーが続投し、さらに古田新太や橋本じゅんらが参戦。
一作目も相当現実を逸脱していたが、二作目はさらに荒唐無稽になり、まるで劇団☆新感線の世界。
ラストの村を挙げての踊りには唖然としてしまった。
確信犯だろうが。

キャラメルボックス2017グリーティングシアター『光の帝国』立川公演が始まります。
今日は1800の回、明日は1230の回と、1600の回。
多摩地区にお住まいの皆さん、ぜひぜひ「たましんRISURUホール」へお越しください。
いやいや、それ以外の地区にお住まいの皆さんもぜひぜひ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

マルタイの女 [映画]

9月29日(金)
伊丹十三監督『マルタイの女』(1997年)GEOのレンタルDVDで鑑賞。



磯野ビワコ(宮本信子)は、ワガママでちょっと落ち目の大物女優。
ある晩、弁護士夫婦が殺害される現場を目撃してしまう。
犯人は、カルト教団「真理の羊」のメンバー。
警察はビワコを守るため、彼女を「マルタイ」と呼ばれる身辺保護対象者とし、刑事の立花(西村雅彦)と近松(村田雄浩)をガードにつける。
二人の刑事はビワコの自宅マンションから、仕事場、稽古場、レストランまで張り付いて、ビワコを守った……。

伊丹十三監督の最後の映画。
脚本に三谷幸喜さんが協力しているためか、元・東京サンシャインボーイズの西村雅彦、近藤芳正、阿南健治らが出演していた。
おなじみのメンバーは、津川雅彦、あき竹城、三谷昇、宝田明、六平直政、伊集院光、不破万作、高橋長英、渡辺哲などなど。
田尻茂一さんが舞台俳優役で出演していたのはビックリ。
最後はちょっと暴走気味だったが、名優たちの名演技と、センスのいいセリフの数々でとても楽しめた。

伊丹十三監督の映画全10本、ようやくコンプリートしました。
どの映画も質が高く、楽しむことができました。
僕のベスト1は『マルサの女』、ベスト2は『ミンボーの女』。
伊丹映画と言えば、宮本信子さんと津川雅彦さんですが、六平直政、不破万作、渡辺哲、三谷昇の4人も、ほとんどの作品に出演して、いい仕事をしていた。
まさに名脇役だと思いました。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

スーパーの女 [映画]

9月25日(月)
伊丹十三監督『スーパーの女』(1996年)GEOのレンタルDVDで鑑賞。



小林五郎(津川雅彦)は、スーパー正直屋の専務。
ライバルの安売り大魔王の激安キャンペーンを偵察に行き、幼馴染みの井上花子(宮本信子)と再会する。
五郎は、スーパーに詳しい花子をレジ主任として雇う。
花子は傾きかけた正直屋を次々と改革していく……。

『マルサの女』『マルサの女2』『ミンボーの女』に続く、女シリーズの第四弾。
おなじみのメンバーと新顔のメンバーが賑やかに話を盛り上げる。
おなじみは、伊東四朗、六平直政、不破万作で、みんな悪役。
新顔は、三宅裕司、あき竹城、松本明子、小堺一機、柳沢慎吾、伊集院光などで、みんな花子の味方。
阿知波悟美・柴田理恵・川俣しのぶのお客さん3人組がおもしろかった。

今日から文化庁+日本劇団協議会『ケンジ先生』の稽古が始まります。
出演者は、キャラメルボックスから5人、それ以外から3人、オーディション合格者が3人。
11人中5人が「はじめまして」なので、ちょっとドキドキします。
アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって』のキャストがまもなく発表になるようです。
すばらしいメンバーが集まりましたので、ご期待ください。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

ニュースの真相 [映画]

9月24日(日)
ジェームズ・ヴァンダービルト監督『ニュースの真相』(2015年)WOWOWで鑑賞。



2004年、アメリカ。
メアリー・メイプス(ケイト・ブランシェット)はCBSのプロデューサーで、ダン・ラザー(ロバート・レッドフォード)がアンカーマンをつとめる番組のメンバー。
再選を目指すジョージ・W・ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑の取材を開始する。
証言者と物的証拠を入手して、番組で報道、全米にセンセーションを巻き起こす
ところが、保守派のブロガーが証拠は偽造と批判。
CBS上層部は内部調査委員会の設置を決定する……。

実話をもとにした映画。
主人公たちは、いい加減な証拠で疑惑を報道したにもかかわらず、まるで悲劇のヒーローのように描かれている。
アメリカ映画はどんな人でもヒーローにしてしまう。
あくまでも事実をもとにしているだけで、真実(原題は『TRUTH』)かどうかはわからない。

高2の息子が、僕の両親と成井家の墓参りに行きました。
お墓は神奈川県愛甲郡愛川町にあります。
成井家は明治時代まで、そこの大地主でしたが、僕の曾祖父の代に没落して、祖父は海軍士官になりました。
退役後は、川崎市でガラス屋を開業。
父はそこで生まれました。
太平洋戦争の時、祖父・父・叔母は埼玉県飯能市に疎開。
戦後もそこでガラス屋を営み、僕が生まれました。
源頼朝が戦で成井家の地所に通りかかった際、水を所望し、そのうまさに感激して、「成井(井を成す)」の苗字をくださった、という話が伝わっています。
まあ、嘘でしょうけどね。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

マイ・ベスト・フレンド [映画]

9月21日(木)
キャサリン・ハードウィック監督『マイ・ベスト・フレンド』(2015年)WOWOWで鑑賞。



ロンドン。
ジェス(ドリュー・バリモア)とミリー(トニ・コレット)は幼馴染みで親友。
ミリーは結婚して二人の子供を得たが、ジェスは結婚後、長らく子供ができず、不妊治療を続けていた。
ある日、ミリーが乳ガンに罹っていることがわかる。
続いて、ジェスも妊娠に成功するが、その事実をミリーに伝えることができない。
ミリーの容態は次第に悪化していった……。

非常に完成度の高い映画。
ドリュー・バリモアもトニ・コレットもすばらしい演技。
しかし、トニ・コレット演じる「ミリー」の性格がきつすぎて、どうにも感情移入できなかった。
僕が男だからかもしれない。

キャラメルボックス2017グリーティングシアター『光の帝国』の稽古15日目。
今日はダンス稽古の3回目、その後は衣裳合わせです。
僕はオシャレには全く興味がなく、ファッションの知識も全くありませんが、芝居の衣裳合わせはとても楽しみ。
今日はどんな衣裳が見られるかしら。
それでは行ってきます。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇