So-net無料ブログ作成
検索選択

ソロモンの偽証(前篇) [映画]

5月9日(火)
成島出監督『ソロモンの偽証(前篇)』(2015年)レンタルDVDで鑑賞。

ソロモンの偽証 前篇・事件 [DVD]

ソロモンの偽証 前篇・事件 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: DVD


1990年12月25日。
江東区立城東第三中学校2年の藤野涼子(藤野涼子)は、朝、通用門から校内に入り、地面に降り積もった雪の中から人間の手が突き出ているのを見つける。
雪を掘り返すと、中に、同級生の柏木卓也(望月歩)の死体があった。
柏木は前の晩に、屋上から転落して死んだ。
警察は自殺と判断した。
が、藤野の家に、「柏木は大出俊次(清水尋也)に殺された」と書かれた告発状が届く。
告発状は校長の津崎正男(小日向文世)にも届いていた。
津崎は告発状は嘘だと断定したが、生徒に聞き取り調査を行い、差出人が同級生の三宅樹理(石井杏奈)だと突き止める。
が、その直後、三宅の親友の浅井松子(富田望生)が車に撥ねられて、死亡する……。

文庫本全6巻の小説を、前後篇計4時間の映画にまとめるため、物凄い編集を行っている。
1シーンにつき、セリフは2つか3つ。
これでキャラクターと感情を表現するのは、俳優にとって、とてつもなく困難だったろうと思う。
映画は藤野涼子一人に焦点を当てている。
それで正解だし、演じる藤野涼子もよく健闘している。
しかし、「あの長い原作をよくこの時間にまとめたものだ」と感心はしたものの、「おもしろい映画だ」とまでは行かなかった。
後篇に期待する。

『ソロモンの偽証』の原作小説を読み、どんなふうに映画化されたのか気になったので、レンタルDVDで見てみました。
成島出氏はあの傑作『八日目の蝉』を監督した人。
奇をてらわず、正攻法で映画化しており、とても参考になりました。
しかし、改めて、舞台化と映画化は全然別のものなのだと思いました。
やっぱり、舞台はセリフ、映画は映像なのです。
映画は、登場人物がくどくどしゃべると煩わしい。
しかし、説明をしなければ、話は伝わらないわけで、この二律背反の克服は本当に難しい。
どこまで映像で説明できるかが勝負なのだと思いました。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

高台家の人々 [映画]

5月5日(金)
土方政人監督『高台家の人々』(2016年)WOWOWで鑑賞。

高台家の人々 DVDスタンダード・エディション

高台家の人々 DVDスタンダード・エディション

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


平野木絵(綾瀬はるか)は妄想癖のある、29歳のOL。
ある日、高台(こうだい)光正(斎藤工)がニューヨーク支社から転勤してくる。
光正は元華族・高台家の長男で、東大を卒業し、オックスフォードに留学、長身でイケメンで、社員たちからは王子と呼ばれていた。
そんな光正が、木絵をいきなり食事に誘う。
実は、光正にはテレパシー能力があり、木絵の妄想を楽しんでいたのだった……。

テレパスを題材としたファンタジーということで見てみたのだが、始まってすぐに、典型的なプログラム・ピクチャーだと気づいた。
エンタメ性が強く、現実感は希薄。
それでもまだおもしろければよいのだが、ストーリーに何ら工夫がない。
期待していただけに、残念。

ナッポス・プロデュース『スキップ』、今日はいよいよ千秋楽。
このメンバーたちとも今日でお別れかと思うと、ちょっと淋しいです。
しかし、最後の最後まで、もっとよくなるように努めたいと思います。
それでは行ってきます。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

クーパー家の晩餐会 [映画]

5月4日(木)
ジェシー・ネルソン監督『クーパー家の晩餐会』(2015年)WOWOWで鑑賞。

クーパー家の晩餐会 [DVD]

クーパー家の晩餐会 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD


アメリカ。
クーパー家は毎年、クリスマスに家族全員が集まることになっている。
祖父のバッキー(アラン・アーキン)は今朝もカフェに行き、ウェイトレスのルビー(アマンダ・セイフリッド)に話しかける。
父のサム(ジョン・グッドマン)と母のシャーロット(ダイアン・キートン)はアフリカ旅行に行く行かないで対立中。
叔母のエマ(マリサ・トメイ)はデパートで万引きをして、巡査のウィリアムズ(アンソニー・マッキー)のパトカーに乗せられる。
娘のエレノア(オリヴィア・ワイルド)は不倫を隠すため、空港で出会った兵士のジョー(ジェイク・レイシー)と家に向かう。
息子のハンク(エド・ヘルムズ)は失業したことを妻と子供たちに言えず、再就職のための面接に出かける。
それぞれ秘密を持った家族がクリスマス・パーティーに集まってくる……。

『ラブ・アクチュアリー』の大家族版といったところだが、エピソードの一つ一つがあまりおもしろくない。
オリヴィア・ワイルドの美しさだけが心に残った。
しかし、この設定はなかなか魅力的で、いつか自分の手で芝居にしてみたいと思った。

ナッポス・プロデュース『スキップ』、残るは今日と明日の2日となりました。
昨日と今日は2ステージずつで、なかなかハード。
何とか無事に乗り越えてほしいです。
今日は妻と大学2年の娘が見に行きます。
感想を聞くのが楽しみです。
僕は自宅で、キャラメルボックス・サマープレミア『スロウハイツの神様』の脚本第二稿の執筆。
頑張ります。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ちはやふる/下の句 [映画]

4月30日(日)
小泉徳宏監督『ちはやふる/下の句』(2016年)WOWOWで鑑賞。



綾瀬千早(広瀬すず)と真島太一(野村周平)は瑞沢高校に入学し、競技かるた部を創設。
大江奏(上白石萌音)・西田優征(矢本悠馬)・駒野勉(森永悠希)が入部し、都大会に出場し、見事優勝。
千早と太一は、福井に住む幼馴染みの綿谷新(真剣佑)に報告に行く。
が、祖父を亡くした新は、かるたはやらないと言った。
千早は、新のかつてのライバルで、今は女子日本一となった若宮詩暢(松岡茉優)に対抗意識を燃やす。
詩暢を倒せば、新はもう一度、かるたをやるかもしれない……。

上の句は太一と机君(駒野勉)の物語だったが、下の句は千早と新。
「団体戦だけでなく、個人戦もチームで戦うもの」というテーマが登場人物たちの口から繰り返し出てくる。
正直言って、お説教臭かった。
ストーリーも、上の句ほど盛り上がらず。
机君が相変わらず、いい味を出していて、僕は彼ばかり見ていた。

構想と健康のため、久し振りに近所を歩き回ってきました。
スマホの万歩計で、11300歩。
およそ6,5キロメートルくらいでしょうか。
途中、2軒のBOOK OFFに寄り、本を5冊買いました。
構想の方は、なかなかいいアイディアが浮かばず……。
今はパソコンに向かって、格闘中です。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

シング・ストリート [映画]

4月28日(金)
ジョン・カーニー監督『シング・ストリート』(2015年)DVDで鑑賞。



1985年、アイルランド、ダブリン。
コナー(フェルディア・ウォルシュ=ピーロ)は14歳で、両親、兄、姉と5人暮らし。
父が失業し、荒れた学校に転校させられる。
音楽狂いの兄と、ロンドンのMVをテレビで見る毎日。
ある日、校門の前で、ラフィナ(ルーシー・ボイントン)を見かけ、話しかける。
そして、自分のバンドのPVに出演しないか、と口走ってしまう。
コナーは慌てて仲間を集め始めるが……。

ジョン・カーニー監督の映画は、『ONCEダブリンの街で』『はじまりのうた』に続いて、3作目。
音楽映画が得意なだけあって、劇中歌はどれもカッコいいロック。
登場人物もみんな魅力的で、爽やかな青春映画だった。

『シング・ストリート』は高2の息子のDVD。
あんまり褒めるので、借りて、見てみました。
息子と大学2年の娘が幼い頃から、毎週末、GEOに行って、DVDを借りる習慣はいまだに続いています。
おかげで、二人とも映画ファンになったのですが、好きな映画の傾向がそれぞれ違う。
が、これはと言う作品に出会ったら、お互いに薦め合います。
『シング・ストリート』、見てよかったです。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

グランドフィナーレ [映画]

4月27日(木)
パオロ・ソレンティーノ監督『グランドフィナーレ』(2015年)WOWOWで鑑賞。

グランドフィナーレ [Blu-ray]

グランドフィナーレ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: Blu-ray


スイス。
アルプスの高級リゾートホテルに、引退した作曲家兼指揮者フレッド・バリンジャー(マイケル・ケイン)が滞在している。
イギリス女王の使者が、フィリップ殿下の誕生日に、バリンジャーの代表曲『シンプル・ソング』を指揮してほしいと依頼に来るが、バリンジャーはすげなく断る。
ホテルには、バリンジャーの娘レナ(レイチェル・ワイズ)、幼なじみの映画監督ミック・ボイル(ハーヴェイ・カイテル)、ハリウッドスターのジミー・トリー(ポール・ダノ)なども滞在していた。
ミックは若い脚本家たちと、最後の映画の脚本を書いていた……。

パオロ・ソレンティーノが書いた小説版は先日読んだが、ほぼ変わらなかった。
が、アルプスの景色が圧倒的に美しく、映像のセンスもよいので、とても楽しめた。
マイケル・ケインは『鷲は舞い降りた』の頃から大好きで、老齢になっても活躍していてくれて、とてもうれしい。
なお、この映画の原題は『YOUTH』。
人が老いることを静かに鮮やかに見つめた映画。

ナッポス・プロデュース『スキップ』、昨日の初日、妻がゲネプロを見に来てくれました。
みんなよかったけど、特に深谷由梨香さんと長濱慎くんがすばらしかったと言っていました。
僕も二人の演技、とてもよいと思います。
今日は二日目。
昨日より一歩でも二歩でも進めるように、頑張ります。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

ちはやふる/上の句 [映画]

4月17日(月)
小泉徳宏監督『ちはやふる/上の句』(2016年)WOWOWで鑑賞。

ちはやふる 上の句 [レンタル落ち]

ちはやふる 上の句 [レンタル落ち]

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2016/09/21
  • メディア: DVD


3年前。
高校に入学した真島太一(野村周平)は、小学校時代、カルタ仲間だった綾瀬千早(広瀬すず)と再会する。
カルタ部を創設しようと言う千早に、渋々協力することに。
二人は、日本文化を愛する大江奏(上白石萌音)、小学校時代からの知り合いであだ名は「にくまん」の西田優征(矢本悠馬)、クールな超マイペース男であだ名は「机くん」の駒野勉(森永悠希)を口説き、カルタ部を発足させる。
二人は小学校時代、「チーム・ちはやふる」を作って、活躍していた。
そのチームのエースは、日本一の実力を誇る綿谷新(真剣佑)だった。
しかし、新は転校して、音信不通だった……。

末次由紀氏のマンガの映画化。
評判通り、上質の青春映画だった。
広瀬すずも期待通り可愛かった。
僕は「机くん」に感情移入してしまって、クライマックス直前、不覚にも涙してしまった。
下の句も楽しみだ。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の脚本、11場が何とか書き上がりました。
残るは12場のみ。
ナッポス・プロデュース『スキップ』は、今日から広い稽古場へ移動。
実際に盆を組んで、頭から復習していきます。
いよいよ稽古最終週。
アクセル全開で行きますぜ!

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

ワンダラーズ [映画]

4月15日(土)
フィリップ・カウフマン監督『ワンダラーズ』(1979年)WOWOWで鑑賞。

ワンダラーズ HDニューマスター版 [DVD]

ワンダラーズ HDニューマスター版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD


1963年、ニューヨークはブロンクス。
リッチー(ケン・ウォール)は17歳で、イタリア人のグループ「ワンダラーズ」のリーダー的存在。
ある日、仲間のジョーイ(ジョン・フリードリック)が、頭を剃ったターキー(アラン・ローゼンバーグ)を発見。
ターキーはスキンヘッドのグループ「ボルディーズ」に入ると言う。
ジョーイが必死で止めているところを、ボルディーズに見つかり、二人は逃げる。
ジョーイの指笛でワンダラーズのメンバーたちが助けにやってくるが、ボルディーズに追い詰められる。
そこへ、謎の男が現れ、ワンダラーズたちを救う。
彼は転校生のペリー(トニー・ガニオス)で、すぐにワンダラーズに仲間入りする。
が、今度は黒人グループと対立し、決闘することになる……。

『ライト・スタッフ』のフィリップ・カウフマン監督が、1973年のブロンクスを舞台に、高校生たちの抗争を描く。
ヒロインは『レイダース/失われた聖櫃』のカレン・アレン。
お揃いのスタジャンで決めたワンダラーズたち、公開当時はカッコよく見えたのだろうが、今は懐かしさしかない。
期待外れでガッカリ。

恩田陸さんが直木賞に続いて、本屋大賞を受賞、まさに快挙です。
『スロウハイツの神様』の脚本が完成したら、次は秋の『光の帝国』の改訂。
初演はハーフタイムシアターだったので、60分でしたが、今度は通常公演なので、もっと長くする予定。
初演で泣く泣くカットしたセリフを復活させようと思います。
『光の帝国』は恩田さんの初期の傑作で、一人でも多くの人に読んでほしい小説。
その魅力が余すところなく伝えられるように、真柴あずきと知恵を絞ります。
乞ご期待!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

海よりもまだ深く [映画]

4月14日(金)
是枝裕和監督『海よりもまだ深く』(2016年)WOWOWで鑑賞。

海よりもまだ深く [DVD]

海よりもまだ深く [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD


東京。
良多(阿部寛)は作家で、15年前に文学賞を受賞したが、その後は鳴かず飛ばず。
今は取材と称して、興信所で働いているが、ゆすりまがいの行為で小金を稼ぎ、競輪で散在し、同僚(池松壮亮)から金を借りる日々。
妻の響子(真木よう子)は良多に愛想をつかし、息子を連れて出ていった。
金に困った良多は、団地で暮らす母・淑子(樹木希林)を訪ね、金になりそうなものを漁る。
また、パートで働く姉(小林聡美)に借金を頼む……。

母が樹木希林、息子が阿部寛という母子は、『歩いても歩いても』と同じ組み合わせ。
真木よう子、リリー・フランキーは『そして父になる』から続投。
「是枝組」による「是枝映画」という感じで、雰囲気もこの二作に近かった。
主人公の息子が呆れるほどのダメ男で、是枝監督はそのダメっぷりをこれでもかと執拗に描く。
それが楽しめるかどうかが鍵なのだろうが、僕は気が滅入るばかりだった。
役者たちはみんな達者で、特に樹木希林と小林聡美のかけあいはさすがのおもしろさ。
オープニング、息子が母の住む団地を訪ねるが、そこが西武池袋線の清瀬だった。
近所なので、ちょっと親近感が湧いた。

22歳まで埼玉県飯能市に住んでいたので、電車は主に西武池袋線を使っていました。
中学が大泉学園、高校が東横線の学芸大学、大学が早稲田にあったので、合計10年間、西武池袋線に乗り続けたことになります。
1974年から84年まで。
当時は高架工事が行われていなかったので、電車は地上を走っていました。
清瀬付近はまだ自然でいっぱいでした。
窓から見た景色、今でもありありと覚えています。
映画やドラマで西武線の黄色い電車を見かけると、うれしくなります。
プロ野球はいまだに西武ライオンズを応援しています。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [映画]

4月11日(火)
アンソニー・ルッソ+ジョー・ルッソ監督『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)WOWOWで鑑賞。



アメリカ。。
アベンジャーズの戦いは、世界に甚大な被害をもたらした。
国連の管理下に置くべきとの声に対し、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)らは賛成するが、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は反対。
ちょうどその頃、ウィーンの政府組織の本拠地でテロ事件が発生。
犯人は、キャプテン・アメリカの親友、ウィンター・ソルジャーことバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)がだった。
何者かがバッキーを操っている。
トニーらはバッキーを逮捕しようとするが、スティーヴらは阻止に回る。
アベンジャーズは二つに分かれて戦い始める……。

ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)、ファルコン(アンソニー・マッキー)、ホークアイ(ジェレミー・レナー)、スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)、ローズ(ドン・チードル)、ヴィジョン(ポール・ベタニー)らが総出演。
さらに、ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)、アントマン(スコット・ラング)、スパイダーマン(ピーター・パーカー)も新登場。
これだけのメンバーにそれぞれ見せ場を作らなければならないのだから、2時間28分は当然。
アクションのシーンの賑やかさはシリーズ随一。
しかし、肝心のストーリーは、要するにアベンジャーズの内輪もめなので……。

WOWOWで、『ルパン三世』のファースト・シーズン全23話が一挙放映されたので、録画しました。
高2の息子が見たいと言ったのです。
僕も特に好きなやつはもう一度見てみたい。
僕のベスト5は、『ルパンは燃えているか』『魔術師と呼ばれた男』『七番目の橋が落ちる時』『エメラルドの秘密』『じゃじゃ馬娘を助け出せ』。
やっぱり、ファースト・シーズンは名作揃いですね。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇