So-net無料ブログ作成
検索選択

人参倶楽部 [本]

6月20日(火)
佐藤正午『人参倶楽部』(光文社文庫)読了。

人参倶楽部 (光文社文庫)

人参倶楽部 (光文社文庫)

  • 作者: 佐藤 正午
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2012/12/06
  • メディア: 文庫


九州、西海市。
「いさむ」は「人参倶楽部」という名のバーの経営者兼バーテンダー。
妻子がいるが、しばしばと客をつまみ食いし、時には数カ月、付き合ったりしている。
ある晩、「陽子」という名の客が一人でやってくる。
「いさむ」は「陽子」の仕事を、化粧品の美容部員と言い当てる。
一カ月後、また「陽子」が来る。
午前5時の閉店後、家まで送っていき、体を重ねた……。

佐藤正午氏の本はこれが13冊目。
1991年の出版で、佐藤氏にとって11冊目の本。
水商売の男女を描いた小説で、僕にはあまり興味のない世界だった。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古17日目。
9・10場の復習の後、前後半に分けて、粗通しをしました。
前半は54分、後半は67分で、合計121分。
正確には、2時間0分52秒。
しかし、後半はテンポが遅かったので、稽古を重ねれば、2時間を切ると思われます。
クライマックスの11場は、またしても泣いてしまいました。
ところが、セリフを手直ししたいところが3カ所も見つかってしまった!
急いで、書き直さなければ!
頑張るぞい!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

コロボックルの小さな画集 [本]

6月19日(月)
村上勉『コロボックルの小さな画集』(講談社)読了。

コロボックルの小さな画集

コロボックルの小さな画集

  • 作者: 村上 勉
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/12/16
  • メディア: 単行本


イラストレーターの村上勉による、エッセイとイラストの本。

村上勉は1943年、兵庫県生まれ。
1965年、佐藤さとるのコロボックル・シリーズ第一作『だれも知らない小さな国』の挿絵でデビュー。
以降、コロボックル・シリーズのすべての挿絵・装丁を手がけてきた。
この本では、デビュー当時の思い出が語られていて、非常に興味深かった。
イラストはすべてコロボックル。
色はすべて、村上氏が大好きな「ペインズグレー」という色。
この色がとても素敵で、僕も気に入った。
清潔感、知性、詩情が感じられて、コロボックルにぴったりだと思う。

今日は10時からキャラメルボックス俳優教室の授業。
14時からキャラメルボックスの稽古があるので、13時までの短縮授業。
大急ぎで、身体訓練、発声練習、2人コント、台本練習をやりました。
で、14時からキャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古16日目。
今日から大内厚雄が正式参加。
11・12場の動きつけをした後、大内の出番だけ復習していきました。
昨日までよその芝居に出ていたのに、結構セリフを入れていて、ビックリ。
稽古は今日から後半戦。
ようやく全員揃ったので、ギアを一段上げて、より熱く、より楽しい芝居にしていきたいと思います。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

王様の結婚 [本]

6月18日(日)
佐藤正午『王様の結婚』(集英社文庫)読了。

王様の結婚 (集英社文庫)

王様の結婚 (集英社文庫)

  • 作者: 佐藤 正午
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1987/07
  • メディア: 文庫


鐘ヶ江晋は駐車場の管理人。
独り暮らしで、咲子という女性と付き合っているが、3年前に自分を捨てた女が忘れられない。
半年前に、高校時代の同級生で、今は銀行に勤めている坂本と再会する。
坂本には妻がいたが、水商売の若い女と浮気していた。
ある日、坂本が鐘ヶ江に、金を貸してくれと言う。
鐘ヶ兼は即座に断るが、坂本に事情を話せと言った……。
上記は中編『王様の結婚』で、短編『青い傘』も併録。

佐藤正午氏の本はこれが12冊目。
84年の発売で、同年のデビュー作『永遠の1/2』に続く、第二作。
主人公の心情が全くわからず、最後まで乗れなかった。

今日は西葛西の東京フィルムセンター映画・俳優専門学校でワークショップをやってきました。
今年5回目で、2回目の2年生。
助手は石森美咲。
メニューは、ストレッチ、ストップターン、スローウォーク、発声練習、台本練習。
台本練習のテキストは、『時をかける少女』の1場。
組分けをして、それぞれで読み合わせを2回やった後、1組ずつ発表したのですが、最初はなかなかテンションが上がらなくて、大変でした。
が、徐々に調子が上がって、最後の組はなかなかの出来。
まあ、その組には石森も入ってましたけど。
来月も同じ台本を使うので、ぜひとも練習してきてほしいです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

少女 [映画]

6月18日(日)
三島有紀子監督『少女』(2016年)GEOのレンタルDVDで鑑賞。

少女 DVD通常版

少女 DVD通常版

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


高校生の由紀(本田翼)と敦子(山本美月)は親友同士。
敦子は剣道部で活躍していたが、怪我のために退部。
今は同級生から深刻なイジメに遭っている。
由紀は小説家志望で、授業中まで小説を書いている。
二人は、転校生の詩織(佐藤玲)が「親友の死体を見たことがある」と言うのを聞いて、死の瞬間を目撃することに興味を持つ……。

湊かなえ氏の小説の映画化。
三島有紀子監督の映画は『しあわせのパン』に続いて2作目だが、前作と同じく現実感が薄く、最後まで乗れなかった。

『素敵なセリフのしゃべり方』第35回
自分のセリフに対して自由になる方法。
私は30歳まで俳優をやっていたのですが、その頃は毎晩、お風呂の浴槽に浸かった時、自分のセリフを最初から最後まで、キャラクターを変えてしゃべっていました。
その役が図書館の館長だったとしても、今日は幼稚園の先生、今日は暴力団の組員、今日は江戸時代のお殿様、というふうに。
職業が変われば、口調も変わります。
それによって、「このセリフはこんなふうな言い方もできるんだ」という発見が生じます。
意図的な誤読によって、可能性を広げるのです。
一般的には、すべてのセリフを早口で棒読みで一気に言う、という方法を取る俳優が多いようです。
これも、言い回しの固定化を防ぐのに、役に立つと思います。
野球の内野守備を思い出してください。
打球をキャッチして、ファーストにボールを送球する。
打球が毎回毎回同じコースに飛んでくるということはありえない。
その都度、足の運び、腰の高さ、手の伸ばし方など、キャッチの仕方を変えなければならない。
そうすると、送球の仕方も変わる。
キャッチと送球に、たった一つの、理想のやり方はない。
が、一つ一つの打球に対する、最適なやり方はある。
内野手はノック練習で、どんな打球が来ても、最適な対応ができるように訓練します。
俳優もそうあるべきです。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

バーニング・ワイヤー(下) [本]

6月17日(土)
ジェフリー・ディーヴァー『バーニング・ワイヤー(下)』(文春文庫)読了。

バーニング・ワイヤー 下 (文春文庫)

バーニング・ワイヤー 下 (文春文庫)

  • 作者: ジェフリー ディーヴァー
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/11/10
  • メディア: 文庫


変電所で爆発事故を起こした犯人は、アルゴンクイン・コンソリデーテッド社に対し、ニューヨーク全域の電圧を30分間低減せよと要求してくる。
CEOのアンディ・ジェッセンはそれを拒否する。
リンカーン・ライムは、変電所に残された微細物件を分析。
火山灰と、ギリシャ料理のタマラサラータが検出される。
はたして第二の現場はどこか?
予告の時間は刻々と迫る……。

さすがはジェフリー・ディーヴァー、シリーズ9作目もしっかり驚かせ、楽しませてくれた。
クライマックスはツイスト(どんでん返し)の連続で、凄い盛り上がり。
ライムと犯人の対決もすばらしい。
さらに、エピローグにまでツイストが仕掛けられていた!
シリーズ最高傑作、とまでは行かないが、きわめて質の高いミステリであることは間違いない。
お薦めです。

今日は13時から、有楽町の出光美術館へ行き、『水墨の風』展を見てきました。
水墨画の展覧会は初めて。
舞台監督の村岡晋さんのお薦めです。
会場に入って、中の暗さにビックリ。
後で村岡さんに聞いたところ、水墨画の展覧会は、作品を光から守るため、必ず暗いそうです。
メインは、雪舟と長谷川等伯の水墨画。
他にも、谷文晁や池大雅の水墨画がありました。
予想通り、長谷川等伯の屏風がすばらしかった。
雪舟も、一目で雪舟の絵がとわかるところが凄いと思いました。
『水墨の風』展は7月17日までです。
17時から、キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古15日目。
9場・10場の動きをつけた後、7~10場の粗通しをしました。
今回の動きつけは本当にスムーズ。
今日もある場面では、役者3人が話し合って、動きを考えてくれました。
僕はそれを見て、ジャッジすればいいので、本当に楽。
いつもこうだといいなあと思いました。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

バーニング・ワイヤー(上) [本]

6月16日(金)
ジェフリー・ディーヴァー『バーニング・ワイヤー(上)』(文春文庫)読了。

バーニング・ワイヤー 上 (文春文庫)

バーニング・ワイヤー 上 (文春文庫)

  • 作者: ジェフリー ディーヴァー
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/11/10
  • メディア: 文庫


ニューヨーク。
アルゴンクイン・コンソリデーテッド第12変電所で爆発事故が発生。
近くに停車していた路線バスの乗客が死亡した。
何者かが変電所に侵入し、アークフラッシュを起こさせたのだ。
直ちにFBIと国土安全保障省はリンカーン・ライムに捜査を依頼。
ライムはアメリア・サックスを現場に送る。
一方、ロサンジェルスのキャサリン・ダンスより、ライムの宿敵ウォッチメイカーがメキシコに潜入したとの連絡が来る。
はたしてウォッチメイカーの狙いは何か……。

ジェフリー・ディーヴァーの本はこれが17冊目。
リンカーン・ライムのシリーズの9作目。
事件発生、証拠物件の分析、天才的犯罪者の登場と、上巻のパターンはいつも通り。
安定したおもしろさだが、新鮮味はない。
この先、作者はどうやって新しさを出すのか?
多少意地悪な気持ちもあるが、下巻が気になる。

今日は13時から渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムへ行き、写真家ソール・ライター展を見てきました。
ソール・ライターは1923生まれ。
1950年代から、ファッション・カメラマンとして活躍したが、80年代に姿を消す。
ところが、2006年に出版された写真集で再び注目を浴びる。
その時、ライターは83歳。
2013年に90歳で亡くなったが、「カラー写真のパイオニア」として、高い評価を得ている。
高2の息子と、舞台監督の村岡晋さんが絶賛するので行ってみたのだが、確かに凄い。
構図と色使いが抜群で、ニューヨークの街角の何気ないヒトコマがムチャクチャ美しく、カッコよく撮られている。
一見の価値あり。
ただし、6月25日までなので、急いで!
17時より、キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古14日目。
今日は原作者の小説家・辻村深月さんが見学にいらっしゃいました。
稽古の前に、パンフレット用とダ・ヴィンチ用の、二つの対談をしたのですが、辻村さんのお話がおもしろくて、すっかり聞き役になってしまいました。
なんと、辻村さんは1998年の『俺たちは志士じゃない』の再演から、キャラメルボックスの芝居をご覧になっていた!
それも、1本や2本じゃない、10本以上!(20本以上かも!)
ご自分の小説はキャラメルボックスの影響を受けていると言ってくださって、うれしいやら照れ臭いやら、大変でした。
稽古は1~6場の粗通しを見ていただいたのですが、役者たちはみんな緊張して、固くなっていた。
それでも、辻村さんは楽しんでくださったようで、一安心。
本番を初日を楽しみにしています、と言ってくださいました。
辻村さんのご期待に応えるためには、本当に頑張らなくてはいけない。
「やったるでえ!」と思いました。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

メゾードへの道 [本]

6月15日(木)
リー・ストラスバーグ『メソードへの道』(劇書房)読了。

メソードへの道

メソードへの道

  • 作者: リー・ストラスバーグ
  • 出版社/メーカー: 構想社
  • 発売日: 1989/06
  • メディア: 単行本


アメリカを代表する演技教師リー・ストラスバーグが開発した演技訓練法「メソード」の解説。

リー・ストラスバーグは、ユダヤ系のアメリカ人。
アメリカン・ラボラトリー・シアターで演技を学び、舞台俳優として活躍。
1930年、ニューヨークでグループ・シアターを設立。
1949年、ニューヨークのアクターズ・スタジオの芸術監督に就任。
ロシアの演出家コンスタンチン・スタニスラフスキーと、その弟子ユージン・ワフタンゴフの方法を統合し発展させた「メソード」を開発。
門下生が次々と有名になり、全米一の演技教師と呼ばれる。
その門下生とは、マーロン・ブランド、ポール・ニューマン、アル・パチーノ、マリリン・モンロー、ジェーン・フォンダ、ジェームズ・ディーン、ダスティン・ホフマン、ロバート・デ・ニーロ、ジャック・ニコルソン、スティーブ・マックイーンなどなど。
俳優としては、フランシス・フォード・コッポラ監督の映画『ゴッドファーザーPARTII』に、「ハイマン・ロス」役で出演している。
「メソード」とは要するに、リアリズム演技の訓練法。
僕も大学時代、エドワード・D・イースティが書いた「メソード演技」を読んで、大きな影響を受けた。
この本を読んで、リー・ストラスバーグがベルトルト・ブレヒトと交流があったことを知った。
スタニスラフスキーとブレヒトは正反対の考え方だと思っていたが、そうでもないらしい。
この部分が特にためになった。
お薦めです。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古13日目。
ダンスの振付の2回目。
川崎悦子先生がバリバリ振付をして、6/7のところまで完成しました。
今回の振付は本当に新しい!
次々と付いていく振りを見ながら、「何じゃこりゃ?」と思っていました。
ジャンルで言えば、コンテンポラリーということになるのでしょうか?
完成が待ち遠しいです。
終了後は、5・6場の動き付け。
帰宅後、妻とワインで乾杯しました。
今日は26回目の結婚記念日。
今もこうして毎日、好きな芝居がやっていられるのは、みんな妻の支えのおかげです。
感謝しても、したりないです。
ありがとう。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ローグ・ワン [映画]

6月14日(水)
ギャレス・エドワーズ監督『ローグ・ワン』(2016年)GEOのレンタルDVDで鑑賞。



ゲイリン・アーソ(マッツ・ミケンセル)は帝国軍の科学者だったが、妻子を連れて脱走し、辺境の星で暮らしていた。
が、追手に見つかり、妻を殺され、連行される。
娘のジン・アーソは(フェリシティ・ジョーンズ)は反乱軍のソー・ゲレーラ(フォレスト・ウィテカー)に育てられ、戦士となる。
ゲイリンは帝国軍の下で、新兵器「デス・スター」を開発。
しかし、その中にわざと致命的な欠点を作り、その秘密を託した使者を反乱軍に送り出した……。

『スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフで、エピソード4の前日譚。
話の流れはエピソード4にとてもよく似ている。
そして、最後に、C3PO、R2D2、ダース・ベイダー、若きレイヤ姫まで出てくる。
『スター・ウォーズ』ファンにはたまらない映画。
出来もなかなかで、「作らなきゃよかった」映画にはならずに済んだ。
二人の東洋人、盲目の僧侶チアルート・イムウェ(ドニー・イェン)と、巨大ブラスターを駆使するベイズ・マルバス(チアン・ウェン)がひたすらカッコイイ。
お薦めです。

10時から、キャラメルボックス俳優教室の授業。
17時から、キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古12日目。
今日から動きつけで、1~3場の予定だったのですが、進みが早くて、4場までやってしまいました。
これは非常に珍しい。
役者たちが自分で考えて、動いてくれたおかげです。
元木諒、大分よくなりました。
『恋のからさわぎ』の後、『嵐を呼ぶ男』を薦めたのですが、こっちの方が参考になったみたい。
今回の元木はヒース・レジャーじゃなくて、石原裕次郎です。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ルノワールは無邪気に微笑む [本]

6月13日(火)
千住博『ルノワールは無邪気に微笑む』(朝日新書)読了。

ルノワールは無邪気に微笑む―芸術的発想のすすめ (朝日新書)

ルノワールは無邪気に微笑む―芸術的発想のすすめ (朝日新書)

  • 作者: 千住 博
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 2006/10
  • メディア: 新書


ニューヨーク在住の日本画家・千住博が、朝日新聞の読者の様々な質問に答えた本。

質問をしたのは、ほぼ、千住博氏のファンのようだ。
画業に関してだけでなく、プライベートについてまで質問していて、まるでファンブックみたいだった。
ファンでない僕は、正直言って、引いてしまった。

キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の稽古11日目。
最初にラストの12場の立ち稽古をして、台本の2周目が終了。
そこで、前半と後半に分けて、粗通しをしました。
前半の1~6場は快調なテンポで進み、54分。
何カ所かピックアップして、修正を加え、今度は後半の7~12場。
こちらは台本を持っている役者が多く、テンポもスロー。
一カ所、場面転換で、役者の登退場が間に合わず、ストップ。
交通整理をして、再開。
66分で、やっぱり、ちと長めでした。
トータルで120分、後半が慣れてくれば、もっと短くなると思います。
ともかく、稽古11日目で粗通しができたのはお見事。
稽古の進行はきわめて順調でっせ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

捜索者 [映画]

6月13日(火)
ジョン・フォード監督『捜索者』(1956年)BSで鑑賞。

捜索者 [DVD]

捜索者 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


南北戦争終結から3年後、アメリカ、テキサス。
南軍の軍人イーサン・エドワーズ(ジョン・ウェイン)が、弟のアーロンの牧場へ帰ってくる。
アーロンは、妻マーサと3人の子供、チェロキー族との混血の若者マーティン・ボウレイ(ジェフリー・ハンター)と暮らしている。
翌日、イーサンとマーティンは、テキサス警備隊隊長サム・クレイトン大尉(ワード・ボンド)とともに、牛泥棒を追跡する。
しかし、それはコマンチ族の罠だった。
すぐに牧場に引き返すが、アーロン・妻・息子は殺され、娘2人は誘拐されていた。
犯人は、コマンチ族の酋長スカーと部下たち。
イーサンとマーティンは直ちにスカーたちの後を追う……。

主人公のイーサンは、コマンチ族の死体の両目を打ち抜くほど、残酷な男。
ジョン・ウェインにしては珍しく、ハードな役。
イーサンの追跡は5年にも及ぶ。
ついに発見したアーロンの娘デビー(ナタリー・ウッド)は、スカーの妻となり、一緒に帰らないと言う。
ただの勧善懲悪ではない、人間ドラマ。

『素敵なセリフのしゃべり方』第34回
一人で行うセリフの練習は、正しい言い方を探すのでなく、どんなふうにでも言える自由を獲得すべきです。
もちろん、台本を読んで、この役はこんなキャラクターかな、この場面ではこんな感情かな、このセリフはこんなふうにしゃべるかな、ということは考えるべきです。
が、正解は一つではない。
その直前の相手役のセリフを聞いて、何を感じるかによって、決まります。
稽古のたびに、本番のたびに、それは微妙に変化します。
それは非常に微小な変化かもしれませんが、構いません。
とにかく、このセリフはこうしゃべる、と決め付けるのだけは避けるべきです。
しかし、若い役者の中には、どんなにダメ出ししても、同じしゃべり方をする者がいます。
無意識のうちに言い回しを決定し、それが絶対に変わらない。
演出家としては非常に困った存在です。
だから、どんなふうにでも言える自由を獲得してほしいのです。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇