So-net無料ブログ作成
検索選択

サウスポー [映画]

5月17日(水)
アントワン・フークワ監督『サウスポー』(2015年)WOWOWで鑑賞。

サウスポー Blu-ray

サウスポー Blu-ray

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


アメリカ。
ビリー・ホープ(ジェイク・ギレンホール)は、ボクシングライトヘビー級の世界チャンピオン。
妻(レイチェル・マクアダムス)、娘と豪邸で暮らしている。
4度目の防衛に成功した直後、妻を事故で失い、すべてが狂い始める。
アルコールとドラッグに浸り、5度目の防衛に失敗し、家も財産もなくす。
さらに、娘と暮らすことも禁じられ、ついに一から出直そうと決心。
トレーナーのティック(フォレスト・ウィテカー)のジムを訪れ、再起を手伝ってほしいと頼む……。

栄光、転落、再起と、まるで『ロッキー2』のような物語。
ジェイク・ギレンホールはよく頑張ったと思うし、それなりの感動もあるが、あまりに使い古された物語であることも事実。
なぜ今更、との思いが拭いきれない。

『素敵なセリフのしゃべり方』第9回
日本語の標準語は、江戸山の手言葉がベースになっています。
なので、関西より西の出身の俳優には、マスターしなければいけない発音がある。
その一つ目は、母音の無声化です。
たとえば、「帰ってきた」の「き」。
ローマ字で書けば「kaettekita」ですが、この「i」の音を無声化しなければならない。
音として出してはいけないのです。
母音の無声化のルールは以下の二つ。
①「k」「s」「t」「h」「p」の間に挟まれた「i」「u」は無声化すること。
②語尾にあり、アクセントがついていない「i」「u」は無声化すること。
例を挙げれば、
北「kita」の「i」。
喫茶店「kissaten」の「i」。
学生「gakusei」の「u」。
息子「musuko」の2つ目の「u」。
深い「fukai」の「u」。
です「desu」の「u」。
あります「arimasu」の「u」。
キャラメルボックスにも関西より西の出身の俳優が何人かいるのですが、みんな、この発音のマスターには苦労しています。
普段から気をつけていくしかないと思います。
二つ目は次回。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ハリー・クバート事件(下) [本]

5月17日(水)
ジョエル・ディケール『ハリー・クバート事件』(東京創元社)読了。

ハリー・クバート事件〈下〉 (創元推理文庫)

ハリー・クバート事件〈下〉 (創元推理文庫)

  • 作者: ジョエル・ディケール
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: 文庫


マーカスは、逮捕されたハリーに会いに行き、話を聞く。
ハリーは無実を訴え、33年前、ノラと愛し合っていたと告白する。
ハリーの代表作『悪の起源』は、ハリーとノラの関係を描いたものだった。
マーカスは独自に調査を開始する。
33年前、高校教師を辞めたハリーは、オーロラの岬にある、資産家イライジャ・スターンの別荘を2カ月だけ借りる。
別荘の近くの浜辺で、少女が踊る姿を見かける。
それが、ノラだった。
ハリーは15歳のノラに一目惚れしてしまう……。

この小説は、高校生が選ぶゴングール賞、アカデミー・フランセーズ賞などを受賞し、世界32カ国で翻訳されるなど、高い評価を得たらしい。
確かに、下巻後半のどんでん返しの連続には、目を見張るものがあった。
が、その優れたエンタメ性に比較して、現実感は薄く、55歳の僕にはいささか物足りなかった。
残念。

『素敵なセリフのしりべり方』第8回
母音の一つ一つを明確に発音するためには、口をしっかり動かすことが大切です。
ところで、テレビのアナウンサーは、滑舌がいいのに、口をあまり動かしているように見えません。
これはどうしてでしょう?
以前、日本テレビの女性アナウンサーさんにお聞きしたところ、口を大きく動かすと下品に見えるから、との答え。
アナウンサーは新人研修の際、口を大きく動かすな、との教育を受けるようです。
では、どうやって母音を明確に発音するのか。
正解は口の中。
口の中の形を、アイウエオの母音5種で、明確に変えるのです。
元日本テレビアナウンサーの福澤朗さんは、長さ10センチのほどの木の棒を常時携帯していて、これを口に挟み、早口言葉を練習しています。
木の棒を口に挟むと、唇と顎が固定されるため、口の中を動かさないと、音が明確に変えられない。
そのため、口の中の筋肉が鍛えられる。
まさに、アナウンサー養成ギプス。
福澤さんはこの木の棒を「滑舌棒」と呼んでいました。
音を粒立てたい、滑舌を良くしたいという人は、ぜひこの滑舌棒を利用してみてください。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

愛の嵐 [映画]

5月16日(火)
リリアーナ・カヴァーニ監督『愛の嵐』(1973年)WOWOWで鑑賞。

愛の嵐 [DVD]

愛の嵐 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブロードウェイ
  • メディア: DVD


1957年、ウィーン。
マックス(ダーク・ボガード)は、オペル・ホテルという二流のホテルのフロント係。
ある日、客として、指揮者アザートン(マリノ・マッセ)と、その妻ルチア(シャーロット・ランプリング)がやってくる。
20年前、マックスはナチスの親衛隊員で、収容所に勤めていた。
そこへやってきたユダヤ人の少女が、ルチアだった。
マックスはルチアの美貌に惹かれ、性の愛玩物にした……。

35年前に見たが、すっかり忘れてしまったので、もう一度見てみた。
シャーロット・ランプリングは物凄く美しいが、話におもしろみはない。
二人の間に「愛」があったとも思えなかった。

『素敵なセリフのしゃべり方』第7回。
日本語の音の多くは、アイウエオの5つの母音を除くと、子音+母音でできています。
試しに「カ」という音を発してみてください。
「カ」は「k+a」ですが、「k」は一瞬だけで、メインは「a」だとわかるはず。
音を明確にしたかったら、母音を明確にすることが大切なのです。
劇団四季はこの点を重視し、「母音法」という練習をしています。
「アイウエオ・イウエオア・ウエオアイ・エオアイウ・オアイウエ」をア行からパ行まで、繰り返し練習する。
セリフをすべて母音のみにして練習する。
(たとえば,「おはよう」を「オアオオ」に、「さようなら」を「アオオアア」に)
おかげで、劇団四季の俳優はみんな滑舌がいい。
さすがに、「一音落とす者は去れ」をモットーとするだけのことはあります。
音を粒立てる第一のコツは、母音を明確にすること。
これは非常に有効です。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ハリー・クバート事件(上) [本]

5月16日(火)
ジョエル・ディケール『ハリー・クバート事件(上)』(東京創元社)読了。

ハリー・クバート事件〈上〉 (創元推理文庫)

ハリー・クバート事件〈上〉 (創元推理文庫)

  • 作者: ジョエル・ディケール
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: 文庫


2008年、ニューヨーク。
マーカス・ゴールドマンは27歳の作家。
1年半前にデビュー作がベストセラーになり、200万部を突破。
贅沢三昧の暮らしをしてきたが、2作目が書けない。
大学時代の恩師で、アメリカを代表する作家ハリー・クバートに助けを求める。
ニューハンプシャー州オーロラにある、ハリーの家に行くが、それでも一行も書けない。
ある日、オーロラで、33年前に行方不明になった15歳の少女ノラ・ケラーガンの遺体が発見される。
場所はハリーの家の庭だった。
ハリーの逮捕を知り、マーカスは直ちにオーロラへ向かった……。

作者のジョエル・ディケールは1985年生まれのスイス人で、20歳で作家デビュー。
2012年、27歳で書いた第6作がこの小説で、中身と同じくベストセラーになったらしい。
スイス人がアメリカを舞台にしたミステリを書くとはおもしろい。
しかし、ハリー・クバートがアメリカを代表する作家というのがどうしても信じられない。
彼の代表作『悪の起源』がそれほどの作品とは思えないし、彼自身の言動も大作家の風格がない。
作者が若いことが原因だと思う。

『素敵なセリフのしゃべり方』第6回。
最近は「滑舌」という言葉が一般でも使われるようになりましたが、俳優にとって、セリフを歯切れよくしゃべることは非常に重要です。
自分が発する音は、常に明確にするべきです。
英語では「Take it easy.」を「テキティイズィ」などと、音をくっつけて発音しますが、日本語でこれをやってはダメ。
一つ一つの音をはっきり発音することを、「音を粒立てる」と言います。
真珠のネックレスの一粒一粒は、接してはいるけれども、溶けてくっついたりはしていない。
前に「1文につき1単語、強調せよ」と書きましたが、強調しない部分も、音は粒立っていなければダメ。
それではどうすれば、粒立てることができるのか。
コツは次回、説明します。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

夏の嵐 [映画]

5月15日(月)
ルキノ・ヴィスコンティ監督『夏の嵐』(1954年)WOWOWで鑑賞。

夏の嵐 [DVD]

夏の嵐 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD


1866年、イタリア、ヴェニス。
フェニーチェ劇場でオペラ『吟遊詩人』の上演中、客席で激しい口論が起こる。
オーストリア占領軍の将校フランツ・マラー(ファリー・グレンジャー)中尉と、反占領軍運動の指導者ロベルト・ウッソーニ(マッシモ・ジロッティ)侯爵の二人。
ロベルトはフランツに決闘を挑む。
リヴィア・セルピエーリ(アリダ・ヴァリ)伯爵夫人は従兄のロベルトを助けるため、フランツに近づく。
しかし、ロベルトはオーストリア軍に逮捕され、一年の流刑に処せられてしまう。
ところが、リヴィアはフランツに恋してしまう……。

オーソドックスなメロドラマだが、さすがに古い。
フランツが見るからに軽薄で、リディアがなぜ彼に夢中になるのか、わからない。
アリダ・ヴァリは初めて見たが、評判通りの美しさだった。

今日は10時からキャラメルボックス俳優教室の授業。
細かな雨が降っていたのに、みんな2キロ走ったようです。
無理しないように、と言っておきました。
今日のエチュードは、4月の初めにやった、インタビューの復習。
四月の初めはみんなコチコチで、テンションが低くて、声も小さなかったのですが、40日の間に大きく成長して、おもしろくできるようになりました。
でも、台本はまだまだだな。
頑張れ、15期生!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

日のあたる白い壁 [本]

5月14日(日)
江國香織『日のあたる白い壁』(白水社)読了。

日のあたる白い壁 (集英社文庫)

日のあたる白い壁 (集英社文庫)

  • 作者: 江國 香織
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/06
  • メディア: 文庫


小説家の江國香織が、世界の名画24作を題材にして書いたエッセイ集。

江國香織氏の本はこれが38冊目。
美術好きの江國氏は、僕など比較にならないほど豊かな知識で、名画について語っていく。
その画家の代表作でなく、意外な名作を選ぶところがおもしろい。
ジョージア・オキーフの『PEACH AND GLASS』は知らない絵だったが、とんでもなくよかった。

さくらんぼ東根発1547のつばさに乗って、東京へ帰ってきました。
山形県東根市の高校生ワークショップ。
今日は0830~1200が稽古、1300~1500が発表会。
『不思議なクリスマスのつくりかた』の15分バージョン、何とか無事に完成、上演することができました。
昨年の『セロ弾きのゴーシュ』よりおもしろいものになったのではないかと思います。
熱心に取り組んでくれた高校生19人に感謝します。
メチャクチャ大変だったけど、非常に充実した二日間でした。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

かがみの孤城 [本]

5月13日(土)
辻村深月『かがみの孤城』(ポプラ社)読了。

かがみの孤城

かがみの孤城

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2017/05/11
  • メディア: 単行本


安西こころは中学1年。
入学早々、同級生の真田美織のイジメを受け、学校に行けなくなる。
心配した母はこころをフリースクールへ連れていくが、やはり家を出る直前、おなかが痛くなる。
ある日、両親が出かけた後、部屋の姿見が光り出す。
手で触れると、手は鏡の中に入っていった!
鏡を通り抜けると、そこは城の中だった。
目の前に、狼のお面をつけた少女が立っていた……。

ポプラ社の編集者の方からいただきました。
辻村深月さんの本はこれが24冊目。
正統派のファンタジーで、実によくできている。
主人公の、不登校になる女の子のナイーブな心がとても勉強になった。
なるほど、今時の子はこんなに傷つきやすいのか。
これでは生きていくのは本当に大変。
それが書ける辻村さんが凄いと思った。

山形県東根市の高校生ワークショップの1日目。
10~12時、13~17時、19~21時、合計8時間やりました。
朝はストレッチ、シアターゲーム、発声練習、スローモーション。
昼過ぎから、台本練習。
『不思議なクリスマスのつくりかた』のエレベーターのシーンを抜き取り、合体させ、三分割して、3チームが別々のセリフを練習しました。
それぞれのチームにアドリブコーナーを作り、生徒たちにセリフを考えさせました。
最後は3チーム全員が登場して、扉を叩き、扉が開き、スローモーションで去っていく。
生徒たちが頑張ってくれたおかげで、なかなかおもしろい芝居が出来上がりました。
明日は午前が稽古とリハーサル、午後が発表会。
なんとかうまくいくといいなあ。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

28日後… [映画]

5月12日(金)
ダニー・ボイル監督『28日後…』(2002年)WOWOWで鑑賞。

28日後... 特別編 [DVD]

28日後... 特別編 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


ロンドン。
動物愛護活動家たちが医療科学研究所を襲撃し、チンパンジーたちを救出する。
しかし、チンパンジーたちは、宿主を狂暴化するウィルスに感染していた……。
28日後、事故で昏睡状態に陥っていたジム(キリアン・マーフィー)が病院で目覚める。
病院は無人だった。
街も無人だった。
どうやらイギリス国民は国外に脱出したらしい。
教会で、ジムはウィルスに感染して凶暴になった人々に襲われる。
それを助けたのは、セリーナ(ナオミ・ハリス)とマーク(ノア・ハントレー)だった……。

ウィルス感染者は死んでないが、なぜかこの映画はゾンビ映画の一種と言われている。
で、このゾンビたちは物凄いスピードで走るのだ。
その恐ろしさは計り知れない。
大泉洋さん主演の映画『アイ・アム・ヒーロー』(の原作)は、この映画を参考したのだろう。
ストーリーかそっくりで驚いた。

山形県東根市に来ています。
明日・明後日の2日間、この東根市で、山形県高等学校演劇生徒講習会が開かれるのです。
僕は去年に引き続き、講師として参加。
20人前後の高校生たちと丸二日かけて、15分の芝居を作ります。
去年は、宮沢賢治『セロ弾きのゴーシュ』をやりました。
今年は僕の脚本『不思議なクリスマスのつくりかた』の一部をやろうと思っています。
明日は0945から開会式。
頑張るぞ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

絵本作家のアトリエ3 [本]

5月12日(金)
福音館書店母の友編集部『絵本作家のアトリエ3』(福音館書店)読了。

絵本作家のアトリエ3 (福音館の単行本)

絵本作家のアトリエ3 (福音館の単行本)

  • 作者: 福音館書店母の友編集部
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2014/04/18
  • メディア: 単行本


絵本作家のアトリエを、インタビューと写真で紹介する。

採り上げられたのは、
『みんなうんち』の五味太郎
『羊男のクリスマス』の佐々木マキ
『はじめてのおつかい』の林明子
『さむがやりのサンタ』のレイモンド・ブリッグズ
『エンソくんきしゃにのる』のスズキコージ
『あな』の和田誠
など14人。
僕は林明子さんのファンなので、アトリエを見ることができて、うれしかった。
林明子氏は大学を卒業後、星新一のショートショートのイラストで有名な真鍋博のデザイン事務所に勤めていたが、そこで同僚だったのが五味太郎氏。
奇妙な偶然がおもしろい。

『素敵なセリフのしゃべり方』第5回
助詞の強調も避けるべきです。
「そういう研究をしてる人もいるんですよ。でも、実現するのは十年以上も先の話でしょうね」
このセリフを読ませると、「研究をしてる人も」の「も」、「実現するのは」の「は」を強調する人がいます。
修飾語や助詞を強調すると、セリフの言い方を工夫した気になる。
自分なりのセリフ回しを作った気になる。
これは危険です。
セリフ全体に抑揚がついて、セリフ臭くなるから。
また、「実現するのは」の「は」の強調した後、区切る人もいる。
これによって、文の組み立てはよりわかりやすくなりますが、同時に説明口調になってしまう。
助詞を強調して区切るのは、教師や政治家に特有な口調です。
普通の人もやるけど、どうしてもお説教っぽくなる。
僕はこのしゃべり方を「セリフを置きに行く」と呼んでいます。
「実現するのは」の「は」を相手の前に置いて、続きを待たせるから。
それが効果的な場合もあるので、絶対にとは言いませんが、少なくとも濫用はしない方が賢明です。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

教団X [本]

5月11日(木)
中村文則『教団X』(集英社)読了。

教団X

教団X

  • 作者: 中村 文則
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/12/15
  • メディア: 単行本


寺崎透は、友人で探偵事務所に勤めている小林に、人探しを頼む。
恋人の立花涼子が突然姿を消したのだ。
涼子は今、新興宗教の教団にいるらしい。
楢崎はその教団の本部に行く。
予想と違って、教団の人々はフレンドリーだったが、涼子はいないと言う。
涼子は他の信者数名とともに、教祖の金を持ち逃げし、新たな教団を作った。
それは、教団Xと呼ばれていた……。

中村文則氏の本はこれが15冊目。
単行本で567ページ、読了するのに3日かかった。
中身も、宗教論、現代史、政治、宇宙論、セックスなど、様々なテーマに満ち溢れ、ひたすら重い。
読み応え十分ではあったが、脇道に逸れることがあまりにも多く、もちろんそれは意図的なのだろうが、ストーリー自体は些か物足りなかった。
また、現代史を語る部分では、政治的な偏りが少々見られ、残念だった。

『素敵なセリフのしゃべり方』第4回
修飾語の過剰な強調は避けるべきです。
「俺の車の前にいきなり飛び込んできたんですよ、『若杉君!』て。俺の反射神経が鈍かったら、完全に轢き殺してました。」
上記のセリフ、「いきなり」と「完全に」を強調するのは妥当だと思います。
が、若い役者はしばしば、それを過剰にやる。
「いきなり」を「いっきなり」と言ったりする。
「すごく」を「すっごく」、「とても」を「とっても」というのもよく見かけます。
が、日常の会話でそんなことする人はあまりいません。
いや、若い人が親しい友達に向かって、「このアイス、すっごくおいしい!」と言うことはあるでしょう。
が、上記のセリフはホテルの従業員が上司に向かって言うセリフ。
そのような時に「いっきなり」と言ったら、社会常識を疑われます。
高校演劇では、この過剰な強調をよく見かけますが、その結果、その登場人物は幼く見え、セリフにもおかしな抑揚がついてしまう。
過ぎたるは猶及ばざるが如しです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇