So-net無料ブログ作成
検索選択

もっと知りたい歌川広重 [本]

4月14日(金)
内藤正人『もっと知りたい歌川広重』(東京美術)読了。

もっと知りたい歌川広重―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい歌川広重―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 内藤 正人
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2007/06/30
  • メディア: 単行本


江戸時代の絵師・歌川広重の生涯と作品を解説する。

歌川広重は1797年、三十俵二人扶持の定火消同心・安藤源右衛門の息子として、江戸で生まれる。
幼名は徳太郎。
13歳で父の跡を継ぐ。
16歳で歌川豊広に入門し、歌川広重の名を得る。
27歳で、定火消同心職を親戚に譲る。
1831年、『東都名所』刊行開始。
1833年、『東海道五拾三次』刊行開始、大人気となる。
1835年、『木曽街道六拾九次』刊行開始。
1856年、『名所江戸百景』刊行開始。
1858年、病没、享年62歳。
16歳で絵師となり、20年の雌伏を経て、『東海道五拾三次』でようやく世に出た苦労人。
江戸の庶民は、ダイナミックな葛飾北斎より、端正で穏やかな広重を愛した。
広重は写実重視で、西洋画の遠近法もしっかりマスターしている。
風景画が有名だが、花鳥画も人気があった。
代表作は『東海道五拾三次』だが、江戸を愛し、箱根より西には行ったことがなかったらしい。
本人は、『名所江戸百景』こそ代表作と思っていたに違いない。
日本を代表する画家はやはり北斎だが、二人目を選ぶなら、やはりこの広重ということになるだろう。
永谷園のオマケの復活はまさに快挙。
広重の絵は、日本の財産だと思う。

ナッポス・プロデュース『スキップ』の稽古17日目。
6~12場の復習をした後、19時から衣裳合わせ。
スタイリストは、キャラメルボックスでいつもお世話になっている、花谷律子さん。
深川麻衣さんは古風な学生服で、とっても可憐。
霧矢大夢さんは白を基調とした衣裳で、とっても端正。
最も着替えが多いのが、4役を演じる深谷由梨香さん。
10代から40代まで、いろんな役を演じるので、着替えが大変。
高校の制服を着た時はちょっと心配そうな顔をしていましたが、ちゃんとカワイイ女子高生に見えました。
岡田達也と粟根まことさんの制服姿は……。
二人のことだから、演技でちゃんと高校生に見せてくれることでしょう!
乞ご期待!

nice!(2) 

海よりもまだ深く [映画]

4月14日(金)
是枝裕和監督『海よりもまだ深く』(2016年)WOWOWで鑑賞。

海よりもまだ深く [DVD]

海よりもまだ深く [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD


東京。
良多(阿部寛)は作家で、15年前に文学賞を受賞したが、その後は鳴かず飛ばず。
今は取材と称して、興信所で働いているが、ゆすりまがいの行為で小金を稼ぎ、競輪で散在し、同僚(池松壮亮)から金を借りる日々。
妻の響子(真木よう子)は良多に愛想をつかし、息子を連れて出ていった。
金に困った良多は、団地で暮らす母・淑子(樹木希林)を訪ね、金になりそうなものを漁る。
また、パートで働く姉(小林聡美)に借金を頼む……。

母が樹木希林、息子が阿部寛という母子は、『歩いても歩いても』と同じ組み合わせ。
真木よう子、リリー・フランキーは『そして父になる』から続投。
「是枝組」による「是枝映画」という感じで、雰囲気もこの二作に近かった。
主人公の息子が呆れるほどのダメ男で、是枝監督はそのダメっぷりをこれでもかと執拗に描く。
それが楽しめるかどうかが鍵なのだろうが、僕は気が滅入るばかりだった。
役者たちはみんな達者で、特に樹木希林と小林聡美のかけあいはさすがのおもしろさ。
オープニング、息子が母の住む団地を訪ねるが、そこが西武池袋線の清瀬だった。
近所なので、ちょっと親近感が湧いた。

22歳まで埼玉県飯能市に住んでいたので、電車は主に西武池袋線を使っていました。
中学が大泉学園、高校が東横線の学芸大学、大学が早稲田にあったので、合計10年間、西武池袋線に乗り続けたことになります。
1974年から84年まで。
当時は高架工事が行われていなかったので、電車は地上を走っていました。
清瀬付近はまだ自然でいっぱいでした。
窓から見た景色、今でもありありと覚えています。
映画やドラマで西武線の黄色い電車を見かけると、うれしくなります。
プロ野球はいまだに西武ライオンズを応援しています。

nice!(0) 

拳の先 [本]

4月13日(木)
角田光代『拳の先』(文藝春秋)読了。

拳の先

拳の先

  • 作者: 角田 光代
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/03/10
  • メディア: 単行本


東京。
那波田空也(なわたくうや)は轟出版の編集者。
かつては同社の雑誌「ザ・拳」の編集部にいたが、休刊を機に、元々の希望だった文芸部に移動した。
ある夜、作家の久須田蒼介と飲んだ時、ボクシングの試合に連れていってくれと頼まれる。
空也は数年ぶりに、鉄槌ジムを訪ねる。
以前追いかけていたボクサー、タイガー立花は、日本ライト級チャンピオンの座から転落したものの、同級一位として戦い続けていた…。

角田光代氏の本はこれが76冊目。
『空の拳』の続編。
『空の拳』では、タイガー立花はまだ若く、昇り調子だったが、『拳の先』は30歳を過ぎ、徐々に力を落としていく。
女性の作家がボクシング小説を書くだけでも珍しいのに、ボクサーの落日を描くとは凄い。
しかも、そこに甘さは一片もなく、徹頭徹尾、リアル。
後半が試合のシーンばかりになってしまったのはちょっと残念だったが、読み応え十分だった。
お薦めです。

ナッポス・プロデュース『スキップ』の稽古16日目。
ダンスの振付の3回目。
ついに振付が完成しました!
初演とは全く違う振付で、はるかに難しい。
しかし、センターの霧矢大夢さんがとっても美しく、深川麻衣さんがとっても可憐。
こいつは見応えがありますぜ。
ダンスの後は、頭から復習。
1場、1・2場、2・3場というふうに、しりとり方式で2シーンずつやっていきました。
今日は木村玲衣の演技がガラッと変わり、とてもよくなって、うれしかった。
深川さんの演技も稽古開始の頃よりずっと大きくなって、存在感が出てきました。
今日は5・6場までで終了。
明日の後半が楽しみです。

nice!(3) 

麗しのオルタンス [本]

4月12日(水)
ジャック・ルーボー『麗しのオルタンス』(創元推理文庫)読了。

麗しのオルタンス (創元推理文庫)

麗しのオルタンス (創元推理文庫)

  • 作者: ジャック ルーボー
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/01/28
  • メディア: 文庫


フランス。
オルタンスは哲学科の大学生で、近所の食料品店でアルバイトしている。
近頃、店の近辺の金物屋が次々と襲われている。
賊は深夜に店に侵入し、中をメチャクチャに荒らした挙げ句、午前零時にたくさんの鍋が散乱して、大音響を発する仕掛けをして去っていく。
狙いは一体何なのか?
アンセルム・ブロニャール警部の捜査は遅々として進まない……。

作者のジャック・ルーボーは数学者兼詩人という人らしい。
翻訳の高橋啓氏が巻末のあとがきで「アンチ・ミステリの傑作」と書いているが、それ以前にこの小説は反・小説だと思う。
あるいは、小説そのもののパロディとでも言うべきか。
作中、随所に作者が登場し、この小説がフィクションであることを露にする。
おもしろいけど、インテリ臭が鼻につく。
まあ、斬新な小説であることは間違いない。

ナッポス・プロデュース『スキップ』の稽古15日目。
9・10場の動き付けをした後、11~14場を通しました。
これは昨日稽古を欠席した深川麻衣さんのため。
これで、全場の動きがつきました。
後は何度も繰り返して、流れをスムーズにすること。
もちろん、改良は加えていきますが。
演技の方も日に日におもしろくなってきています。
明日はダンス振付の3回目。
ダンスも明日で完成の予定です。

nice!(2) 

絵本作家のアトリエ2 [本]

4月11日(火)
福音館書店母の友編集部『絵本作家のアトリエ2』(福音館書店)読了。

絵本作家のアトリエ2 (福音館の単行本)

絵本作家のアトリエ2 (福音館の単行本)

  • 作者: 福音館書店母の友編集部
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2013/04/17
  • メディア: 単行本


日本を代表する絵本作家とそのアトリエを紹介するシリーズの第二弾。

今回は12人で、
『おしゃべりなたまごやき』の長新太
『ぐるんぱのようちえん』の堀内誠一
『かばくん』の中谷千代子
『ももいろのきりん』の中川宗弥
『三びきのやぎのがらがらどん』のマーシャ・ブラウン
『冒険者たち』の藪内正幸
『ちょうちんあんこう』のなかのひろたか
『くじらのだいすけ』の梶山俊夫
『かまきりのちょん』の得田之久
『プンクマインチャ』の秋野亥左牟
『旅の絵本』の安野光雅
『ねないこだれだ』のせなけいこ
この本を読んで、僕が幼稚園の頃、大好きだった絵本が、なかのひろたか氏の『ちょうちんあんこう』だとわかった。
『ねないこだれた』は今、大学2年の娘が保育園の頃、大好きで、何十回読んだかわからない。
それにしても、一流の絵本作家さんは、強烈な個性をお持ちの方が多い。
ぶっちゃけて言えば、頑固者揃いという印象だった。

ナッポス・プロデュース『スキップ』の稽古14日目。
深川麻衣さんが欠席のため、9・10場を飛ばして、11・12・13・14場の動きつけをしました。
今日は何とか僕の指示通りでうまく行き、稽古は19時すぎに終了。
こんなに早く終わるのは珍しい。
でも、僕はその後、碓井将大君と「新田」役のキャラクターについて、熱く議論を戦わせました。
この芝居のクライマックスは、霧矢大夢さん、深川麻衣さん、碓井将大君の3人にかかっています。
今日の議論が役に立つといいのですが。

nice!(3) 

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ [映画]

4月11日(火)
アンソニー・ルッソ+ジョー・ルッソ監督『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年)WOWOWで鑑賞。



アメリカ。。
アベンジャーズの戦いは、世界に甚大な被害をもたらした。
国連の管理下に置くべきとの声に対し、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)らは賛成するが、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャース(クリス・エヴァンス)は反対。
ちょうどその頃、ウィーンの政府組織の本拠地でテロ事件が発生。
犯人は、キャプテン・アメリカの親友、ウィンター・ソルジャーことバッキー・バーンズ(セバスチャン・スタン)がだった。
何者かがバッキーを操っている。
トニーらはバッキーを逮捕しようとするが、スティーヴらは阻止に回る。
アベンジャーズは二つに分かれて戦い始める……。

ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)、ファルコン(アンソニー・マッキー)、ホークアイ(ジェレミー・レナー)、スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)、ローズ(ドン・チードル)、ヴィジョン(ポール・ベタニー)らが総出演。
さらに、ブラックパンサー(チャドウィック・ボーズマン)、アントマン(スコット・ラング)、スパイダーマン(ピーター・パーカー)も新登場。
これだけのメンバーにそれぞれ見せ場を作らなければならないのだから、2時間28分は当然。
アクションのシーンの賑やかさはシリーズ随一。
しかし、肝心のストーリーは、要するにアベンジャーズの内輪もめなので……。

WOWOWで、『ルパン三世』のファースト・シーズン全23話が一挙放映されたので、録画しました。
高2の息子が見たいと言ったのです。
僕も特に好きなやつはもう一度見てみたい。
僕のベスト5は、『ルパンは燃えているか』『魔術師と呼ばれた男』『七番目の橋が落ちる時』『エメラルドの秘密』『じゃじゃ馬娘を助け出せ』。
やっぱり、ファースト・シーズンは名作揃いですね。

nice!(0) 

たゆたいエマノン [本]

4月10日(月)
梶尾真治『たゆたいエマノン』(徳間書店)読了。

たゆたいエマノン (文芸書)

たゆたいエマノン (文芸書)

  • 作者: 梶尾真治
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2017/04/07
  • メディア: 単行本


1979年から始まるエマノン・シリーズの6冊目にして、最新刊。
21話『ともなりブリザード』から25話『けやけしドリームタイム』まで収録。

梶尾真治先生からいただきました。
エマノンは、30数億年の記憶を持つ女。
彫りの深い顔だち、そばかす、ストレートのロング・ヘア、セーター、ジーンズ、ナップサック、くわえタバコで旅を続ける。
エマノンは不老不死ではない。
代替わりをする。
娘が生まれると、それまでの記憶は娘に移る。
そして、娘がエマノンになる。
この本に収録されている『たゆたいライトニング』では、エマノンはなんと太古の海に住む真核生物。
なんという発想!
梶尾真治先生は今も健在である。

ナッポス・プロデュース『スキップ』の稽古13日目。
6・7・8場の動き付けをしました。
途中、僕が指示した段取は実現不可能とわかり、役者たちと演出助手の白井直が話し合って、修正してくれました。
僕の頭だけではもはや把握しきれない!
間違いなく、史上最大の転換!
こんなの、13年も前によくやったと思います。
稽古終了後は、バレーボール・チームがまたしても居残り稽古。
あんたたちは本当に偉い!
僕ももっともっと頭を使って、演出の仕事を全うします。

nice!(2) 

絵本作家のアトリエ1 [本]

4月9日(日)
福音館書店母の友編集部『絵本作家のアトリエ1』(福音館書店)読了。

絵本作家のアトリエ1 (福音館の単行本)

絵本作家のアトリエ1 (福音館の単行本)

  • 作者: 福音館書店母の友編集部
  • 出版社/メーカー: 福音館書店
  • 発売日: 2012/06/06
  • メディア: 単行本


日本を代表する10人の絵本作家と、そのアトリエを紹介する。

紹介されたのは、
『だいちゃんとうみ』の太田大八
『ずかん・じどうしゃ』の山本忠敬
『オンロックがやってくる』の小野かおる
『おおきなかぶ』の佐藤忠良
『だるまちゃんとてんぐちゃん』の加古里子
『くまの子ウーフ』の井上洋介
『いないないないばあ』の瀬川康男
『スーホの白い馬』の赤羽末吉
『ぐりとぐら』の山脇百合子
『ちからたろう』の田島征三
僕にとって、『だるまちゃんとてんぐちゃん』と『ちからたろう』は忘れられない絵本。
幼い頃、好きで好きで、何度読んだかわからない。
いつか自分で絵本が作れたらと思う。
実は数年前に試みて、途中まで出来たのに、出版社の都合で立ち消えになったのです。
ああ、あの時、出せていれば!
でも、まだ諦めてませんぜ。

今日は稽古休み。
キャラメルボックス2017サマープレミア『スロウハイツの神様』の脚本の10場を朝から書き始めて、現在も執筆中。
何とか今晩中に10場を書き上げたい。
というわけで、また仕事に戻ります。
頑張れ、環!
頑張れ、公輝!
頑張れ、成井豊!

nice!(2) 

もっと知りたい葛飾北斎 [本]

4月8日(土)
永田生慈『もっと知りたい葛飾北斎』(東京美術)読了。

もっと知りたい葛飾北斎―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい葛飾北斎―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 永田 生慈
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2005/08/20
  • メディア: 単行本


江戸時代の画家・葛飾北斎の生涯と作品を紹介する。

葛飾北斎は、1760年、下総国生まれ、と言われているが、詳細は不明。
1778年、浮世絵師・勝川春草に弟子入り。
1779年、勝川春朗の名で役者絵を発表。
浮世絵、黄表紙の挿絵などを次々と制作。
1794年、師の死に伴い、勝川派を離脱し、俵屋宗理を名乗る。
1798年、宗理の号を弟子に譲り、北斎辰政(ときまさ)を名乗る。
1806年、曲亭馬琴の家に寄宿して、挿絵を描き、葛飾北斎を名乗る。
1811年、馬琴と決裂。
1814年、絵手本『北斎漫画』刊行開始。
1831年、『富嶽三十六景』刊行開始。
1834年、『富嶽百景』刊行開始。
1849年、90歳で死去。
売れっ子絵師となっても、貧乏暮らしで、改名と転居を繰り返した、偏屈じいさん。
しかし、日本の歴史の中から、画家をただ一人選ぶとしたら、やはりこの人しかないだろう。
『神奈川沖浪裏』のダイナミズム、『凱風快晴』『山下白雨』の崇高、『北斎漫画』の洒脱。
最晩年の画号は笑うなかれ、「画狂老人卍」。
まさに画狂の90年を生きた、画家の中の画家。
凄い人だとは思っていたが、この本でさらにその凄さがわかった。
ちなみに、日本国外で最も有名な日本人画家は、葛飾北斎。
まさに、日本の誇り。

ナッポス・プロデュース『スキップ』の稽古12日目。
3・4・5場の動きをつけました。
その後、稽古場に、元バレーボール日本代表の大林素子さんが登場。
バレーボールの指導してくださいました
大林さんは以前からキャラメルボックスの芝居を見に来てくださっていて、劇団員とは顔なじみ。
今回は岡田達也が連絡して、バレーボールの指導をお願いしたのです。
しかし、本物のバレーボールならともかく、芝居の中でやるエアーのバレーボールのために、大林さんに来ていただくとは何たる贅沢!
よく頼めたな、岡田達也!
しかし、大林さんは2時間にわたって、自ら体を動かして、真摯に指導してくださいました。
おかげで、役者たちの動きは見違えるほどよくなった!
大林さん、本当にありがとうございました。

nice!(2) 

バットマンVSスーパーマン [映画]

4月7日(土)
ザック・スナイダー監督『バットマンVSスーパーマン』(2016年)WOWOWで鑑賞。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 アルティメット・エディション ブルーレイセット(初回仕様/2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray


アメリカ。
スーパーマン(ヘンリー・カヴィル)が、メトロポリスでゾッド将軍と死闘を繰り広げた日。
バットマンことブルース・ウェイン(ベン・アフレック)は、友人や部下たちを失う。
2年後。
大企業レックス・コーポレーションの社長レックス・ルーサー(ジェシー・アイゼンバーグ)は、2年前に墜落した宇宙船や異星人の遺体を研究していた。
デイリー・プラネットの記者ロイス・レイン(アイミー・アダムス)がアフリカの武装勢力に拉致され、スーパーマンが救出。
多数の死傷者が出て、大きな波紋を呼ぶ。
ブルースはスーパーマンの巨大な力に疑問を抱くようになる。
そんな彼の前に、古美術商ダイアナ・プリンス(ガル・ギャドット)が姿を現す……。

バットマン・シリーズもスーパーマン・シリーズも全部見てきているので、半ば義務として見た。
CGの発達により、昔と比べたら、夢のような映像。
しかし、クラマックスの戦いは予想通り、アベンジャーズ・シリーズのようなマンガになっていた。
レックスが作った、ゾッド将軍の遺体を元にしたモンスターの造形がひどすぎる。
とは言え、懐かしのワンダーウーマンに会えたのはうれしかった。
ガル・ギャドットも美しかった。
それにしても、ベン・アフレックは太りすぎではないか?

今日は高校生の息子の始業式。
一年生から二年生に進級しました。
大学生の娘も、二年生に。
娘はダンスに、息子は演劇に熱中しています。
両親が演劇人で、小さい頃からキャラメルボックスの芝居を見ているため、そちらの方向に興味を持ってしまったようです。
うれしいけど、ちょっと心配。

nice!(2)