So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

リベラルの毒に侵された日米の憂鬱 [本]

7月16日(月)
ケント・ギルバート『リベラルの毒に侵された日米の憂鬱』(PHP新書)読了。

リベラルの毒に侵された日米の憂鬱 (PHP新書)

リベラルの毒に侵された日米の憂鬱 (PHP新書)

  • 作者: ケント・ギルバート
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2018/03/17
  • メディア: 新書


米カリフォルニア州弁護士でタレントのケント・ギルバートが、日米の「リベラル」と自称する人々を厳しく批判する。

2017年10月の衆議院総選挙の際、テレビ東京の「池上彰の総選挙ライブ」の中で、こんな定義が行われたらしい。
「リベラル」左翼と呼ばれたくない人の自称。
「リベラル」は日本ではカッコいい言葉なのだ。
が、アメリカでは、「リベラル」は腹黒い、抑圧的、うっとおしい、傲慢というイメージの言葉になっていると言う。
ケント・ギルバート氏は共和党支持で、ドナルド・トランプ大統領も支持。
その立場の人が今の日本の政治をどう捉えるかがよくわかった。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』東京公演の本番最終日、千秋楽。
1200開演です。
千秋楽恒例のイベントがあるので、ちょっと早めに家を出ます。
チケットは売り切れてませんので、ぜひぜひ池袋サンシャイン劇場へお越しください。
世界一爽やかな芝居をお目にかけます!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

砂上 [本]

7月15日(日)
桜木紫乃『砂上』(角川書店)読了。

砂上

砂上

  • 作者: 桜木 紫乃
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/09/29
  • メディア: 単行本


北海道釧路市。
柊玲央(ひいらぎれお)はバツイチの40歳の女性。
友人のレストランでのバイトと、別れた夫からの慰謝料で生活している。
ある日、女性編集者の小川乙三(おとみ)が訪ねてくる。
玲央は以前、小川の出版社が主催する小説のコンクールに応募していた。
小川は玲央に小説の書き直しを依頼する。
玲央は必死で書き直すが、小川はさらに過酷なダメ出しを浴びせてきた……。

桜木紫乃氏の本はこれが15冊目。
桜木氏の実体験に基づいているのだと思うが、それにしても小川の態度と言葉がひどすぎる。
玲央はよくついていったと思う。
僕だったら絶対無理。
桜木氏の小説の中でも、最もシリアスで難易度が高い。
桜木氏の覚悟をヒシヒシと感じた。

今日は13時から西葛西の東京放送芸術&映画俳優専門学校でワークショップ。
今年9回目で、1年生の3回目。
助手は山崎雄也。
メニューはストレッチ、ストップモーション、発声練習、リトミック、台本練習。
台本練習のテキストは、成井豊『時をかける少女』1場。
1年生のレベルが年々上がってきていて、「これはダメだ」という生徒が1人もいない。
逆に、「うまいなあ」と感心した生徒が、男子2名、女子2名。
しかし、うまいだけではダメなのだ、プラスアルファの魅力が必要なのだ、と言っておきました。
これで今年のワークショップは終了。
次回は、秋のスペシャル公演のオーディションです。
1730に西葛西を出て、池袋サンシャイン劇場へ。
2018サマーツアー『エンジェルボール』東京公演の本番8日目、1630開演の11ステージ目。10~12場を楽屋のモニターで見ました。
終演後、『おおきく振りかぶって』に出演してくれた、澤田美紀さんが楽屋に挨拶に来てくれました。
それから高3の息子も。
息子は2回目で、二階席から見て、演出や照明を研究したそうです。
初日よりおもしろくなっていたと言ってくれました。
明日はいよいよ東京公演の千秋楽。
最期の仕上げ、頑張るぞ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

池上無双 [本]

7月15日(日)
福田裕昭+テレビ東京選挙特番チーム『池上無双』(角川新書)読了。

池上無双 テレビ東京報道の「下剋上」 (角川新書)

池上無双 テレビ東京報道の「下剋上」 (角川新書)

  • 作者: 福田 裕昭
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/06/10
  • メディア: 新書


テレビ東京報道局統括プロデューサーの福田裕昭が、2010年の参議院選挙から同局の選挙特番のメインキャスターを勤める池上彰氏の活躍ぶりを紹介する。

池上氏の選挙特番は、NHKを除くキー局の中で、視聴率ナンバーワンらしい。
政治家に対する鋭い切り込みから、ネット社会では「池上無双」と呼ばれているらしい。
池上氏の魅力を語ると同時に、近年の日本の政治の流れも解説する。
わかりやすくてタメになる本。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』東京公演の本番8日目。
1200から10ステージ目、1630から11ステージ目。
2日連続の2ステージで、役者たちはホントに大変。
しかし、一球入魂、1ステージ入魂で、熱い熱い芝居を見せてくれると思います。
まだ見てないという方は、思い立ったが吉日!
ぜひぜひ池袋サンシャイン劇場へ!
来て来て来てね!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

君が夏を走らせる [本]

7月14日(土)
瀬尾まいこ『君が夏を走らせる』(新潮社)読了。

君が夏を走らせる

君が夏を走らせる

  • 作者: 瀬尾 まいこ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2017/07/31
  • メディア: 単行本


大田は16歳の高校生。
金髪でピアス、16歳にして人生を投げていた。
ある日、先輩の中武からベビーシッターのアルバイトを頼まれる。
奥さんが二人目の子の臨月で、切迫早産で入院することになり、出産までの1カ月、一人目で1歳10カ月の「鈴香」の面倒を見てくれと言うのだ。
赤ん坊に接したことのない大田はもちろん断ろうとしたが、聞いてもらえない。
先輩のアパートへ行き、鈴香と2人きりなると、すぐに鈴香が泣き出した。
何をしても泣きやまない。
が、どこにも逃げ場はない……。

瀬尾まいこ氏の本を読むのはこれが14冊目。
傑作!
今年度、215冊目の本だが、文句なしのナンバーワン!
大田が鈴香と過ごした1カ月は、宝石よりも輝かしく、愛おしい。
このラストシーンで感動しない人がはたしているだろうか?
瀬尾まいこさん、こんなに素敵な小説を書いてくださって、本当にありがとうございました。
とにかく1人でも多くの人に読んでほしい。
強力にお薦めします!

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』東京公演の7日目、8ステージ目と9ステージ目。
8ステージ目には、明治座『つばき、時跳び』に出演してくれた高杉真宙君が見に来てくれました。
直接話をするのは、『つばき~』以来。
あの頃はおとなしそうな美少年だったのに、すっかり成長して精悍な若者になっていました。
このステージには、『彼は波の音がする、彼女は雨の音がする』に出演してくれた、武田航平君も見に来てくれました。
9ステージ目には、クロムモリブデンの森下亮君、『スロウハイツの神様』に出演してくれた松村泰一郎君が見に来てくれました。
今公演はずっと劇場に行っているので、いろんな人に再会できる。
うれしくてたまりません。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

絆のはなし [本]

7月14日(土)
伊坂幸太郎+斉藤和義『絆のはなし』(講談社)読了。

伊坂幸太郎×斉藤和義 絆のはなし

伊坂幸太郎×斉藤和義 絆のはなし

  • 作者: 伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2007/10/11
  • メディア: 単行本


小説家・伊坂幸太郎と、ミュージシャン・斉藤和義の対談集。

伊坂幸太郎氏の本はこれが37冊目。
伊坂氏が斉藤氏のために『アイネクライネ』という短編小説を書いた。
斉藤氏がその小説をもとにして『ベリーベリーストロング~アイネクライネ』曲を創った。
このコラボレーションを記念して作られた対談集。
伊坂氏は斉藤氏の『幸福な朝食 退屈な夕食』という曲を聞いて、作家専業になる決意をしたらしい。
斉藤氏の前ではすっかりファンになっいて、微笑ましかった。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』東京公演の本番7日目、今日は2ステージです。
1200の回と、1630の回。
どちらもチケットは売り切れてません。
ぜひぜひ池袋サンシャイン劇場にお越しください。
来年夏の続編上演が決定し、出演者一同、気合いが入っています。
ご来場を心からお待ちしています。
来てね!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

噛みあわない会話と、ある過去について [本]

7月13日(金)
辻村深月『噛みあわない会話と、ある過去について』(講談社)読了。

噛みあわない会話と、ある過去について

噛みあわない会話と、ある過去について

  • 作者: 辻村 深月
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2018/06/14
  • メディア: 単行本


佐和は29歳の理系女子。
大学時代の友人の「ナベちゃん」こと渡辺佳哉が結婚することになった。
友人たちの間で、噂が広まる。
「ナベちゃんの嫁がヤバいらしい」
ある日、佐和と友人たちが、ナベちゃんと婚約者に呼び出される。
嫁はみんなに、式で替え歌を歌ってほしいと頼む。
その一方的な頼み方に、佐和たちは鼻白むが……。

辻村深月さんから直接いただきました。
辻村さんの本はこれが29冊目。
一昨日いただいて、家に帰って、高3の息子に自慢したら、いきなり読み始め、そのまま読了してしまいました。
感想は「読みやすくて、おもしろかった。3つ目が一番好き」
4つの短編を収録した短編集で、3つ目は『ママ・はは』。
僕は2つ目の『パッとしない子』が一番おもしろいと思った。
上記のあらすじは1つ目の『ナベちゃんのこと』で、4つ目は『早穂とゆかり』。
『噛みあわない会話と、ある過去について』という小説はない。
が、どれも『噛みあわない会話と、ある過去について』書かれた話だった。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』東京公演の本番6日目、7ステージ目。
終演後のカーテンコールで、三浦剛が「来年の夏、続編を上演します!」と発表しました。
もともとやりたいとは思っていたのですが、今回失敗したら、そういうわけには行かない。
で、今日まで決定が引き延ばされていたのです。
本日、制作総指揮の加藤昌史がついにゴー・サインを出し、発表となりました。
メチャクチャうれしい!
タイトルは『エンジェルボール最期の一球』!
やったるでえ!
でも、その前に、『エンジェルボール』をもっとおもしろくするぜえ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

ドラゴンファイア [本]

7月13日(金)
乙一『ドラゴンファイア』(集英社)読了。

ドラゴンファイア Arknoah 2 (集英社文庫)

ドラゴンファイア Arknoah 2 (集英社文庫)

  • 作者: 乙一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2018/06/21
  • メディア: 文庫


アール・アシュヴィは弟のグレイとともに、「アークノア」という世界に迷い込んだ。
元の世界に戻るためには、自分の心が生み出した怪物「蛇」を殺さなければならない。
怪物を倒す災害対策本部のリーダーは、リゼ・リプトンという名の少女。
少女の力で、グレイは元の世界に戻ることできた。
「アークノア」に新たな怪物が出現。
それは、マリナ・ジーンズという少女が生み出したドラゴンだった。
アール、リゼ、そして頭が犬の男カンヤム・カンニャムは、ドラゴンが出現したエリアに向かう……。

乙一氏のホンはこれが20冊目。
「アークノア」シリーズの第二作。
第一作「僕のつくった怪物」はすばらしい傑作だった。
この第二作もなかなかおもしろかった。
何よりも、「アークノア」という世界がよくできている。
世界は巨大な木製の箱で区切られ、その箱が縦横斜め上下に並んでいる。
人は年を取らず、死なない。
死んでも、翌日生き返る。
ただし、侵入者と怪物は死んだらそれっきり。
怪物は世界を破壊するため、殺さなければならない。
どうしても殺せない時は、侵入者を殺せば、怪物も死ぬ。
アールは元の世界に戻るためにリゼと旅をするが、最悪、リゼに殺されることもあるのだ。
このシリーズ、まだまだ続きそうで、とても楽しみ。
お薦めです。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』東京公演の6日目、7ステージ目。
今日は1930開演です。
ご来場を心よりお待ちしています。
書斎のエアコンが壊れて、水滴がポタポタ落ちてきます。
下に洗面器を置いているのですが、水がハネて、周囲がビショビショです。
修理屋さんを呼んだ方がいいのかな?
でも、昼間は家にいないし。
今日も昼から個人面談。
それでは行ってきます。


nice!(2) 
共通テーマ:演劇

B級恋愛グルメのすすめ [本]

7月12日(木)
島本理生『B級恋愛グルメのすすめ』(角川文庫)読了。

B級恋愛グルメのすすめ (角川文庫)

B級恋愛グルメのすすめ (角川文庫)

  • 作者: 島本 理生
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2016/01/23
  • メディア: 文庫


小説家・島本理生が携帯サイト「小説屋sari-sari」に2009年6月から2011年7月まで連載したエッセイを収録したエッセイ集。

島本理生氏の本はこれが21冊目。
夫で小説家の佐藤友哉氏と離婚してから再婚するまでの間に書かれたもの。
シリアスな純文学を書く島本氏からは想像できない普段の姿。
ラーメン好きで日本酒好きでフランス映画好き。
解説は夫の佐藤友哉氏。
同じ人と再婚すると、「もう離婚できない」というプレッシャーがかかるようです。
お子さんも生れたようなので、もう大丈夫でしょう。

14時より、真柴あずきと秋の新作の脚本会議。
4時間話し合って、構想が7割方、固まりました。
まもなくチラシが完成し、情報公開されると思います。
真柴さんらしい、しみじみと切ないファンタジー。
舞台はなんと東京じゃなくて……。
フライングはまずいので、発表をお楽しみに!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

機動警察パトレイバー [映画]

7月12日(木)
押井守監督『機動警察パトレイバー』(1989年)WOWOWで鑑賞。

機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray]

機動警察パトレイバー 劇場版 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray


1999年、東京。
都内の建設現場では、レイバーと呼ばれるロボットが活躍していた。
レイバーの多くは、コンピューターOSの更新に当たって、HOSという新型OSに書き換えられていた。
ある日、その内の一機が暴走事故を起こす。
警視庁特車二課は事故を食い止め、原因の調査に乗り出した……。

言わずと知れた、押井守監督の代表作の一つ。
僕は20年以上前、上川隆也からDVDを借りて、見た。
高3の息子が押井監督のファンで、テレビでこれを見ていたので、僕もと思って、久しぶりに鑑賞。
ストーリーはシンプルだが、映像と演出は圧倒的で、29年も前の映画だとはとても思えない。
すべての面で「カッコいい」アニメ。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』東京公演、今日は二回目の休演日。
おかげさまで評判がよく、当日券の売れ行きがどんどん伸びています。
でも、チケットはまだまだ残っていますので、ぜひサンシャイン劇場にお越しください。
公演は16日(月)、あと4日で終わってしまいます。
僕はこれから、真柴あずきと秋の公演の脚本会議。
それでは行ってきます。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

私の恋人 [本]

7月11日(水)
上田岳弘『私の恋人』(新潮社)読了。

私の恋人 (新潮文庫)

私の恋人 (新潮文庫)

  • 作者: 上田 岳弘
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/01/27
  • メディア: 文庫


井上由祐は35歳で、3回目の人生を生きている。
1回目は10万年前で、井上はシリアの洞窟に住むクロマニョン人だった。
2回目は第二次世界大戦前で、ハインリッヒ・ケプラーという名前の、ユダヤ系ドイツ人。
ダッハウの収容所で処刑された。
3回目は井上で、ある日、オーストラリア人のキャロライン・ホプキンスと出会う。
彼女こそが、10万年前から探していた、井上の恋人だった……。

三島由紀夫賞受賞作。
上田岳弘(うえだたかひろ)氏は1979年生まれの39歳。
兵庫県出身で、早稲田大学法学部を卒業。
2013年、『太陽』で新潮新人賞を受賞してデビュー。
何とも奇想天外な小説で、ついていくのがやっとだった。
表紙の絵はパウル・クレー。
まさにパウル・クレーの絵のような小説だった。

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の本番5日目、6ステージ目。
作家の辻村深月さんが見に来てくださいました。
僕の楽屋まで挨拶に来てくださった上に、新刊をプレゼントしてくださいました。
しかもサイン入り!
うれしい!
今日は妻も見に来てくれました。
ゲネプロと初日を見ているので、今日が3回目。
ネタが増えて、おもろくなったと言っていました。
芝居はナマモノ、毎日変わっていく。
一度見た方も安心しないで、またサンシャイン劇場へ来てください!

nice!(1) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -