So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

弥勒 [本]

3月20日(水)
篠田節子『弥勒』(講談社文庫)読了。

弥勒 (講談社文庫)

弥勒 (講談社文庫)

  • 作者: 篠田 節子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2001/10/16
  • メディア: 文庫


永岡英彰はT新聞社事業部で主に美術展の担当している。
ある日、妻の耀子の髪飾りが、ヒマラヤのパスキム王国の仏像の破片であることに気付く。
永岡は5年前にパスキム王国の首都カターを訪れ、その文化に深く魅了されていた。
その時、永岡は国王のイシェ・サーカルと会ったが、その後、政変が起きて、現在は鎖国状態らしい。
パスキム王国に何が起きたのか、永岡は調査を開始する……。

篠田節子氏の本はこれが19冊目。
文庫本で662ページの大作で、読むのに3日かかった。
が、その甲斐あって、すばらしい読み応えだった。
永岡はパスキムに密入国するが、そこで捕らえられ、一国民として労働につかされる。
パスキムは革命によって、極端な共産主義国に変貌していた。
モデルはポル・ポト政権下のカンボジア、もしくは文化大革命中の中国。
物語は三分の二は、永岡のサバイバル。
まるで先日見た映画『キリング・フィールド』の後半で、おもしろくないわけがない。
『ゴサインタン』『仮想儀礼』に並ぶ傑作で、改めて篠田氏は凄いと思った。
お薦めです。

キャラメルボックス2019スプリングツアー『スロウハイツの神様』池袋公演の仕込み1日目。
9時から搬入開始。
ところが、始まって15分のところで、腰痛が悪化し、早々にリタイア。
楽屋で静かに本を読んでいました。
キャラメルボックスを旗揚げして、今年で34年目になりますが、こんなことは初めて。
悔しい!
しかし、仕込みは順調。
僕も本を2冊半読んで、18時過ぎに帰宅しました。
明日は場当たり。
丁寧に丁寧にやって、質の向上に務めたいと思います。

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

真実 [本]

3月20日(水)
梶芽衣子『真実』(文藝春秋)読了。

真実

真実

  • 作者: 清水 まり
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2018/03/12
  • メディア: 単行本


女優・梶芽衣子が自ら半生を語る。

梶芽衣子は1947年、東京の神田生まれで、本名は太田雅子。
高校在学中にスカウトされ、卒業と同時に日活に入社。
1966年、映画『悲しき別れの歌』で本名の太田雅子でデビュー。
1969年、『日本残侠伝』に出演した際、監督のマキノ雅弘に芸名「梶芽衣子」をつけられる。
その後は、『野良猫ロック』シリーズ、『女囚さそり』シリーズ、『修羅雪姫』シリーズで活躍。
クエンティン・タランティーノは梶の熱狂的ファンで、映画『キル・ビル』で梶の歌「修羅の花」と「怨み節」を流した。
1978年、自ら企画した『曽根崎心中』で国内の主要な映画賞を総なめ。
80年代に入ってからはテレビドラマに活動の場を移し、『寺内貫太郎一家』『教師びんびん物語』『鬼平犯科帳』『剣客商売』などに出演。
演技経験ゼロでデビューしたが、それでも売れたのは、その圧倒的な美貌によるものだろう。
また相当気が強かったようで、ご本人も「嫌われていた」と書いているほど。
僕は梶さんの映画は全く見ていないので、『寺内貫太郎一家』の印象が強い。
気が強くて、まじめで、不器用な人のようだ。

キャラメルボックス2019スプリングツアー『スロウハイツの神様』、本日9時からいよいよ仕込みです。
あっ、もう時間がない!
さっさと着替えて、出かけなくては。
それではいってきます!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

トトロの生まれたところ [本]

3月19日(火)
宮崎駿監修『トトロの生まれたところ』(岩波書店)読了。

トトロの生まれたところ

トトロの生まれたところ

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2018/05/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


宮崎駿監督の映画『となりのトトロ』の舞台となった狭山丘陵を、イラストと文章で紹介する。

狭山丘陵の景色と植物のイラストを描いたのは、宮崎朱美氏。
どうやら宮崎駿氏の奥様らしい。
あまりのうまさにビックリした。
今から50年ほど前、東映動画に勤めていた宮崎氏は、会社が西武池袋線の大泉学園駅にあったため、同線の秋津駅の借家に住んでいた。
そこは狭山丘陵の東端だった。
僕は45年ほど前、住んでいた埼玉県飯能市から大泉学園駅の中学まで、西武池袋線で通っていた。
なので、秋津駅近辺の景色はよくわかる。
中学のマラソン大会は狭山湖畔一周だった。
その頃、宮崎氏とすれ違っていたかもしれないと考えると、ちょっと楽しい。
ご夫婦で作られた素敵な本です。

キャラメルボックス2019スプリングツアー『スロウハイツの神様』稽古19日目。
ダンスの復習の後、第五回通し稽古。
タイムは56秒も伸びて、2時間4分57秒。
ちょっと残念。
ダメ出しの後は梱包・荷出し。
ゲストの玉置君、松村君、森山さんも一緒にやってくれました。
明日はいよいよ池袋サンシャイン劇場に乗り込みます。
3日後は本番初日!
でも、その前の場当たりとゲネプロで、さらにブラッシュアップしたいと思います。
頑張ります。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

こんなに厳しい!世界の校則 [本]

3月19日(火)
二宮皓『こんなに厳しい!世界の校則』(メディア・ファクトリー新書)読了。

こんなに厳しい!世界の校則 (メディアファクトリー新書)

こんなに厳しい!世界の校則 (メディアファクトリー新書)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2011/06/29
  • メディア: 新書


放送大学副学長、広島大学名誉教授で、比較・国際教育学の研究者の二宮皓が、21人の協力を得て、世界19カ国の校則の中から、ちょっと変わったものを紹介する。

〇母語の使用を認めない。(ケニア)
〇雪合戦をしてはならない。(ドイツ)
〇自宅から持ってきたものを他の生徒に売ってはならない。(ケニア)
〇休日に宿題をしてはならない。(ドイツ)
〇子供を教室に連れてきてよい。(カナダ)
〇マイナス18℃以上であれば、休み時間は外に出なければならない。(フィンランド)
〇テストでカンニングすると、男子は鞭打ち、女子は4日間の謹慎。(シンガポール)
〇通学カバンの中に小説・マンガを常備しておくこと。(ベルギー)
〇恋を語り合ってはならない。(中国)
当然だが、理由がわかれば、すべて納得できる。
教師に対する尊敬を求める国が多いのには少々驚いた。
教室の秩序を保つためだろう。
日本でもそろそろ必要かもしれないと思った。

昨日も稽古の前にジョギングをしました。
タイムは9秒短縮して、11分23秒。
まだまだ遅い!
三浦しをん『風が強く吹いている』を読んだら、主人公はいつも走ることを楽しんでいる。
足が速い人は、そうなのだろうか?
僕は11分23秒のうち、10分は苦しい。
走ることは苦しいことだと思っている。
それでも走るのは健康のため、そして、走り終わった後が気持ちいいから。
走ることが楽しいと思ったことは一度もない。
他の人は違うのか?

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

贋作師 [本]

3月18日(月)
篠田節子『贋作師』(講談社文庫)読了。

贋作師 (講談社文庫)

贋作師 (講談社文庫)

  • 作者: 篠田 節子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1996/01
  • メディア: 文庫


栗本成美は絵画修復家。
日本を代表する洋画家・高岡荘三郎が亡くなり、彼が遺した作品の修復を依頼される。
高岡の家に行くと、彼の姪の大沢芳子が遺作を管理していた。
高岡の若い妻は3年前に失踪し、住み込みの弟子は2年前に自殺していた。
その弟子は、成美の美大時代の友人・阿佐村慧だった。
高岡の遺作を調べるうち、その中に慧の作品が混じっていることに気付く。
晩年の作品はほとんど慧のもので、つまり、慧は高岡の代作をしていたのだ。
それならなぜ慧は自殺したのか?
成美は調査を開始する……。

篠田節子氏の本はこれが17冊目。
1991年の作品で、つまり、篠田節子氏のデビュー直後に書かれたもの。
絵画に関する造詣の深さには驚くばかりだが、話は陰惨で、ミステリーのスタイルであるにもかかわらず、意外性はあまりない。
ちょっと残念だった。

キャラメルボックス2019スプリングツアー『スロウハイツの神様』の稽古18日目。
ダンス、ショートストーリーズB、11・12・4・6場の復習の後、第四回通し稽古。
上演時間は15秒短縮して、2時間4分1秒。
ついにベストタイムが出た、という感じです。
ミスも減り、後半はずっと涙ぐみながら見ていました。
でも、通し稽古はまだ1回残っている。
さらに精度を上げ、劇場に乗り込みたいと思います。
明日も頑張ります。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

バツイチは恋のはじまり [映画]

3月18日(月)
パスカル・ショメイユ監督『バツイチは恋のはじまり』(2012年)GYAOで鑑賞。

バツイチは恋のはじまり [Blu-ray]

バツイチは恋のはじまり [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


パリ。
イザベル(ダイアン・クルーガー)は歯科医師で、同僚のピエールと付き合い始めて10年。
彼女の家の女は必ず一回目の結婚に失敗するというジンクスがあった。
結婚式を間近に控えて、イザベルは他の男と形だけの結婚をしようと決意し、デンマークに向かう。
飛行機で、隣の席に座った旅行ガイドの編集者ジャン=イヴ(ダニー・ブーン)に口説かれそうになるが、無視。
ところが、デンマークに着いてみると、相手の男が現れない。
そこで、ジャン=イヴで代用しようと考えたが、彼はケニアに向かうと言う。
イザベルも慌ててケニア行きの飛行機に乗る……。

イザベルの行動があまりにも衝動的で、現実感が薄い。
また、性格がムチャクチャ自己中心的で、彼女に振り回されるジャン=イヴが本当にかわいそう。
と前半は思ったが、作り物と割り切れば、それなりに楽しめる。
ヒロイン役のダイアン・クルーガーがこの世のものとは思えないほど美しく、こんな人がいたのかと驚いた。
相手役のダニー・ブーンもコミカルで楽しい。
ひどいタイトルだが、原題は『UN PLAN PARFAIT』で、「完璧な計画」という意味らしい。
とすると、邦題で正解かもしれない。

昨日はキャラメルボックス俳優教室2019年度オーディション第一次募集の二次審査の面接でした。
第一次募集では、定員の24人に達しませんでした。
第二次募集の締切は3月29日23時59分です。
お知り合いで、「演技を本気を学びたい」という人がいたら、ぜひ「キャラメルボックスの俳優教室、まだ入れるみたいだよ」とお伝えください。
よろしくお願いします。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

犬ヶ島 [映画]

3月17日(日)
ウェス・アンダーソン監督『犬ヶ島』(2018年)WOWOWで鑑賞。

犬ヶ島 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

犬ヶ島 [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray


近未来の日本、メガ崎市。
犬インフルエンザが大流行したため、小林市長はすべての犬を「犬ヶ島」に追放した。
市長の養子の12歳の少年アタリは、愛犬スポッツを救うため、小型飛行機で「犬ヶ島」に飛ぶ。
アタリは5匹の犬に助けられ、スポッツを探す……。

近未来の日本を舞台にしたクレイ・アニメ。
ウェス・アンダーソン監督はかなりの日本通と見え、映画の中の日本文化に大きな誤りはなかった。
驚くべきことに、日本人の登場人物はちゃんと(日本人の俳優によって)日本語を話していた!
そのかわり、外国人や犬はみんな英語で、だからアメリカの観客にも理解できたのだろう。
で、外国人や犬の声を当てていたのが、ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、F・マーレイ・エイブラハム、スカーレット・ヨハンソンなどのハリウッド・スターたち。
なんと科学者「オノ・ヨーコ」役はオノ・ヨーコがやっていた!
ウェス・アンダーソン監督だからこそ実現できたことだと思う。
映画自体も、センスがよくて、楽しめた。

ウェス・アンダーソン監督は1969年、テキサス州ヒューストン生まれ。
テキサス大学オースティン校でオーウェン・ウィルソンと出会い、映画の共同制作を開始。
短編映画『Bottle Rocket』がジェームズ・L・ブルックス監督に認められ、劇場用にリメイクした『アンソニーのハッピー・モーテル』で監督デビュー。
2001年、『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』でアカデミー脚本賞にノミネート。
2014年、『グランド・ブダペスト・ホテル』でベルリン国際映画祭の銀熊賞(審査員グランプリ)、ゴールデングローブ賞映画部門作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞。
2018年、『犬ヶ島』で、ベルリン国際映画祭の銀熊賞(監督賞)を受賞。
平面的でシンメトリーを異常に好む映像は非常に個性的で、映画の一部分を見ただけで、これはウェス・アンダーソン監督の作品だとわかる。
僕は『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』と、2007年の『ダージリン急行』が気に入っている。
この2本はお薦めです。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

狂人なおもて往生をとぐ [本]

3月17日(日)
清水邦夫『狂人なおもて往生をとぐ』(新水社)読了。

狂人なおもて往生をとぐ (1970年)

狂人なおもて往生をとぐ (1970年)

  • 作者: 清水 邦夫
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1970
  • メディア: -


娼館らしき建物の一室。
客らしき「善一郎」と、娼婦らしき「はな」が話をしていると、客らしき「出」が起きてくる。
「出」は他の二人に悪態をつく。
そこへ、娼婦らしき「愛子」、客らしき「敬二」、「敬二」の恋人らしき「西川めぐみ」がやってくる。
6人はなぜか家族ごっこを始めるが……。

「出」が心を病んでいて、それ以外の家族が彼に調子を合わせながら、回復させようとしている、という設定らしいが、詳しいことはわからない。
1969年、俳優座が初演した戯曲。
2015年、熊林弘高の演出で、池袋シアターウエストで再演された。
出演者は福士誠治、門脇麦、鷲尾真知子など。
どこがおもしろいのかまるでわからず、戸惑いながら読んだ。
清水邦夫氏の戯曲は『真情あふるる軽薄さ』『ぼくらが非情の大河を下る時』『楽屋』『タンゴ、冬の終わりに』など何作か読んでいるが、どれもよくわからない。
けっして難解ではないのだが。

今日は『スロウハイツの神様』の稽古はお休みですが、午後からキャラメルボックス俳優教室2019年度オーディションの第二次試験の面接。
合格者すれば、17期生となる人たちです。
一人の面接は10分ですが、その短時間でできるだけその人の人柄と実力と可能性を見極めたいと思います。
頑張ります。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

幸せの1ページ [映画]

3月16日(土)
ジェニファー・フランケット +マーク・レヴィン監督『幸せの1ページ』(2008年)GYAOで鑑賞。

幸せの1ページ / スペシャル・エディション [Blu-ray]

幸せの1ページ / スペシャル・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: Blu-ray


アレクサンドラ・ローバー(ジョディ・フォスター)は冒険小説専門の作家で、アレックス・ローバー(ジェラルド・バトラー)を主人公にしたシリーズで有名。
しかし、極度の外出恐怖症で、家から一歩も出られない。
新作の執筆中、アレックスが火山に落ちる場面で、彼を救う方法が見つからず、行き詰まる。
ネットを検索し、孤島の火山のふもとで暮らす海洋生物学者ジャック・ルソー(ジェラルド・バトラー)の記事を見つけ、メールで協力を要請する。
ジャックはその島で娘のニム(アビゲイル・ブレスリン)と二人で暮らしていた。
が、新種のプランクトンを採取するために船で出かけ、嵐に遭遇する。
アレクサンドラはニムが一人ぼっちでいることを知り、島へ向かう決意をする……。

ジョディ・フォスターが珍しく、コメディに挑戦。
ドジな小説家を楽しく演じている。
原題は『Nim's Island』だが、この邦題も悪くない。
その意味はラストシーンで明らかになる。
意外な掘り出し物でした。

キャラメルボックス2019スプリングツアー『スロウハイツの神様』稽古17日目。
ダンス、ショートストーリーズA、8・9・10場の復習の後、第三回通し稽古。
昨日の第二回よりさらに良くなり、上演時間も36秒短縮して、2時間4分16秒。
あとちょっと短くなれば、ベストタイムだと思います。
終了後は、稽古場で、大内厚雄の誕生日のお祝い。
岡田さつきが作ってきたおでんをみんなで食べました。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

ぼくの国、パパの国 [本]

3月16日(土)
アユーブ・カーン=ディン『ぼくの国、パパの国』(白水社)読了。

ぼくの国、パパの国

ぼくの国、パパの国

  • 作者: アユーブ カーン=ディン
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2001/01
  • メディア: 単行本


1970年、イギリス、ソルフォード。
ジョージ・カーンは東パキスタンから来たイスラム教徒で、フィシュ・アンド・チップスの店をやっている。
妻はイギリス人で、子供が7男1女で合計8人いる。
ジョージは家族にパキスタン流を強制する。
長男はジョージに反発して、家を出てしまった。
残った子供たちも、腹の中ではジョージに反発しながら、怒らせないように暮らしていた……。

1996年にイギリスのバーミングムで初演された戯曲。
数々の賞を獲得し、2000年に映画化。
英国アカデミー賞の作品賞を受賞した。
作者のアユーブ・カーン=ディンもソルフィードの出身で、父親はパキスタン人。
つまり、自分の家族をモデルにしたわけだが、アユーブの家族は10人兄弟だった。
この本は、日本での映画公開に合わせて、出版されたらしい。
家族内における文化の対立というテーマは珍しく、おもしろかった。

僕の部屋のカレンダーは今年もオードリー・ヘップバーン。
娘が月刊スクリーンの付録をくれました。
キレイな女優さんはたくさんいますが、やはり誰か一人と言われたら、ヘップバーンになってしまいます。
『ローマの休日』はもちろんすばらしいけど、『麗しのサブリナ』『昼下がりの情事』『シャレード』もいい。
ちょっと年を取ってからの『いつも二人で』のヘップバーンも素敵です。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -