So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

授乳 [本]

1月2日(火)
村田沙耶香『授乳』(講談社)読了。

授乳 (講談社文庫)

授乳 (講談社文庫)

  • 作者: 村田 沙耶香
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2010/04/15
  • メディア: 文庫


『コンビニ人間』で芥川賞を受賞した村田沙耶香のデビュー作。
2005年2月の出版。
『授乳』『コイビト』『御伽の部屋』の3作を収録した短編集。

『授乳』は2003年に第46回群像新人文学賞を受賞した、正真正銘のデビュー作。
3作とも、常識に抗う少女(もしくは若い女性)の姿を描く。
それは56歳の男である僕から見ると明らかに異常で、しかも主人公の心情の核の部分はよくわからない。
共感以前に、理解できずに終わってしまった。

2017年度・フィクション・ベスト10
1 伊坂幸太郎『AX』(角川書店)
2 飛騨俊吾『エンジェルボール』(双葉文庫)
3 乙一『僕のつくった怪物』(集英社)
4 麻耶雄嵩『あぶない叔父さん』(新潮社)
5 石持浅海『殺し屋、やってます。』(文藝春秋)
6 小林泰三『アリス殺し』(東京創元社)
7 村田沙耶香『コンビニ人間』(文藝春秋)
8 佐藤正午『月の満ち欠け』(岩波書店)
9 深緑野分『戦場のコックたち』(東京創元社)
10 北山猛邦『私たちが星座を盗んだ理由』(講談社文庫)

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0