So-net無料ブログ作成

世界の不思議な家を訪ねて [本]

1月27日(土)
小松義夫『世界の不思議な家を訪ねて』(角川oneテーマ21)読了。

世界の不思議な家を訪ねて―土の家、石の家、草木の家、水の家 (角川oneテーマ21)

世界の不思議な家を訪ねて―土の家、石の家、草木の家、水の家 (角川oneテーマ21)

  • 作者: 小松 義夫
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/02/01
  • メディア: 新書


写真家・小松義夫が、世界各地の変わった民家18を紹介する。

2006年に出版された本。
特に印象に残ったのは、
〇アメリカ、シップロック、先住民ナバホ族の泥の家「ホーガン」。
〇イエメン、ハジャラ、数百年前に造られた石の高層建築。
〇デンマーク、レーセ島、海草屋根の家。
小松義夫氏は1945年生まれで、年がら年中、世界各地を飛び回っている写真家。
危険な場所にも平気で訪れていて、その際は必ず奥さんを同行する。
夫婦連れの方が危険が少ないのだそうだ。
ついてきてくれる奥さんでよかったですね。

一昨年の末に美術関連の本を読もうと決意して、現在までに100冊以上を読んできました。
絵画から出発して、イラスト、版画、写真、デザイン、建築などにも興味が広がりました。
以前の僕なら、ナバホ族やイエメンやデンマークの民家に関心を抱くことなどなかった。
56歳になっても、人間は変わるのですね。
これからも美術関連の本、読み続けようと思います。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0