So-net無料ブログ作成

アリバイ・アイク [本]

1月31日(水)
リング・ラードナー『アリバイ・アイク』(新潮文庫)読了。

アリバイ・アイク: ラードナー傑作選 (新潮文庫)

アリバイ・アイク: ラードナー傑作選 (新潮文庫)

  • 作者: リング ラードナー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2016/08/27
  • メディア: 文庫


20世紀初頭、アメリカ。
「ぼく」は大リーガー。
同じチームに、フランク・X・ファレルという選手がいた。
チームメイトたちからは「アリバイ・アイク」と呼ばれていた。
「アリバイ」は「言い訳・弁解」、「アイク」は「ユダヤ人」という意味。
フランクはユダヤ人ではなかったが、とにかくやたらと弁解する男だった。
失敗しても、成功しても。
そんなフランクが、監督の奥さんの妹に恋をした……。
短編小説13を収録。

村上柴田翻訳堂の1冊だが、翻訳は加島祥造氏。
リング・ラードナーは1885年生まれ。
新聞記者として、スポーツ欄の記事やコラムを担当。
1924年、39歳の時に最初の短編集を出版。
小説を書くようになったのは、友人の作家スコット・フィッツジェラルドの勧めだった。
代表作は『メジャー・リーグのうぬぼれルーキー』『大都会』など。
1933年に死去。
アーネスト・ヘミングウェイやJ・D・サリンジャーも、ラードナーのファンだったらしい。
どの作品も軽妙で饒舌でシニカルでコミカル。
巻末の村上春樹氏と柴田元幸氏の対談で、村上氏が「語りで押す作家」「短編向きの作家」と評していた。
大リーグを舞台にした小説が多く、楽しめた。

今日は約2カ月半ぶりに床屋に行ってきました。
それから池袋サンシャイン劇場へ。
20時から場当たりの予定でしたが、スケジュールがおしているため、舞台のオリエンテーションだけで終了。
明朝、1場から場当たりとなりました。
それにしても、舞台美術がすばらしい!
客席から見て、舞台がこんなに近く感じたのは初めてです。
この上で野球をやったら、物凄い迫力だろうなあ。
明日の場当たりが本当に楽しみです。
演出も頑張るぞ!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2