So-net無料ブログ作成

龍の耳を君に [本]

2月21日(水)
丸山正樹『龍の耳を君に』(東京創元社)読了。

龍の耳を君に (デフ・ヴォイス新章)

龍の耳を君に (デフ・ヴォイス新章)

  • 作者: 丸山 正樹
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2018/02/21
  • メディア: 単行本


荒井尚人は手話通訳士。
恋人で警察官の安斉みゆきと、彼女の娘で小学2年の美和と暮らしている。
新たな仕事は、刑事裁判の法廷通訳。
被告人の林部学は40代のろう者だった。
林部の罪状は居直り強盗で、取り調べで一端、罪を認めたが、その後、無実を訴えていた。
はたして彼は有罪か無罪か?

作者の丸山正樹さんからいただきました。
2011年に出版されたデビュー作『デフ・ヴォイス』の続編。
長編だが3章に分かれ、3つの事件が描かれている。
本の帯に「傑作連作ミステリ」とあるが、これはミステリというより人間ドラマ。
ろう者の世界がきわめてリアルに描かれていて、勉強にもなる。
『デフ・ヴォイス』のファンとしては、登場人物たちのその後を知ることができて、とてもうれしかった。
もちろん、『デフ・ヴォイス』を読んでない人でも楽しめる。
ろう者の「聾」は「龍の耳」と書く。
そのことの意味を、僕はこの本を読むまで考えたことがなかった。
副題に「デフ・ヴォイス新章」とあるから、3作目、4作目があるのだと思う。
期待して待とう。
お薦めです。

キャラメルボックス2018スプリングツアー『夏への扉』の稽古9日目。
1・2・3場の立ち稽古をしました。
昨日の稽古で見つかった問題は、僕が原作を読み直し、あっさり解決しました。
よかったよかった。
まだ台本2周目に入ったばかりなのに、畑中智行も筒井俊作も大内厚雄も原田樹里も物凄いテンション。
大声でガンガンやり合っています。
みんな役を掴んでいるので、ダメ出しもあまりない。
僕の仕事は動きの調整だけ。
言っちゃあ何ですが、プロデュース公演だった『おおきく振りかぶって』に比べると、10倍ラクです。
でも、怠けないで、しっかり演出して、初演を越える芝居にしたいと思います。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2