So-net無料ブログ作成

追憶 [映画]

2月26日(月)
降旗康男監督『追憶』(2017年)GEOのレンタルDVDで鑑賞。

追憶 DVD 通常版

追憶 DVD 通常版

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: DVD


四方篤(岡田准一)は富山県警捜査一課の刑事。
妻(長澤まさみ)が流産し、それが元で家を出たばかり。
ある日、氷見漁港で刺殺死体が発見される。
それは、幼馴染みの川端悟(柄本佑)だった。
四方はその前日に川端と25年ぶりに再会して酒を飲んだ。
そして、川端から「明日、啓太(小栗旬)に会いに行く」と聞いていた。
25年前の1992年、13歳の四方は、親に捨てられ、軽食喫茶「ゆきわりそう」を営む仁科涼子(安藤サクラ)に助けられた。
そこには同じよような境遇の川端と田所啓太がいた……。

しっかりした人間ドラマだが、センスの古さに驚いた。
悲しいシーンをいかにも悲しげな雰囲気で撮る。
俳優たちは現代的な感覚で演技していたが、映画そのものはまるで1980年以前に撮られたかのよう。
残念としか言いようがない。

久しぶりにマンガを読もうと思い、三部けい『僕だけがいない街』(角川書店)を読みました。
非常によくできたタイムトラベルものでした。
『バタフライ・エフェクト』のように、過去を自分の思い通りのものに変えるために何度もタイムトラベルする話かと思ったら、途中で全く予想外の展開に。
全8巻が一気でした。
芝居にしたいけど、主人公が29歳の今と、小学生時代を往復するので、一人の役者がやるのはとても難しい。
キャラメルボックスでは無理だなあ。

nice!(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0