So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今だけのあの子 [本]

6月3日(日)
芦沢央『今だけのあの子』(創元推理文庫)読了。

今だけのあの子 (創元推理文庫)

今だけのあの子 (創元推理文庫)

  • 作者: 芦沢 央
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2017/04/12
  • メディア: 文庫


川崎恵は夫と二人暮らし。
大学時代の友人から、彩音の結婚式のプレゼントを用意しよう、との連絡を受ける。
が、恵は式に招待されていないどころか、結婚するということさえ知らされていなかった。
彩音は親友だと思っていたのに。
夫の携帯を偶然見て、そこに彩音からのメールがあることに気づいた。
夫は彩音と浮気している?
恵は招待されていないにもかかわらず、式に行くことを決意する……。

芦沢央氏の本はこれが4冊目。
女の友情をテーマにした短編ミステリ5つを集めた短編集で、上記は一つ目の『届かない招待状』。
日常な出来事を題材にしたミステリばかりだが、どれも唸らされた。
僕が特に感心したのは、『届かない招待状』と『答えない子ども』
芦沢氏はまだ34歳の女性。
これからどんどん凄い作品を書いていくと思う。
今のうちから読んでおいた方がいいですよ。
というわけで、お薦めです。

今日は西葛西にある、東京放送芸術&映画俳優専門学校のワークショップ。
今年度4回目で、3年生の2回目。
3年生は二つに分かれて、前半は13時~16時、後半1630~1930。
メニューは前半と同じく、二人組朗読は台本練習。
台本練習のテキストは、現在公演中の『無伴奏ソナタ』の1場。
ダメ出しすればするほどよくなので、本当にうれしかった。
前回と今回で、みんな大きく成長したと思います。
これだけできるようになれば、言うことなし。
来月の3回目は、別の台本でやろうと思います。
それにしても、今年の3年生は男子がおもしろい!
スペシャル公演がますます楽しみになってきました。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2