So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

裸の華 [本]

6月10日(土)
桜木紫乃『裸の華』(集英社)読了。

裸の華

裸の華

  • 作者: 桜木 紫乃
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/06/24
  • メディア: 単行本


札幌。
ノリカは40歳の元ストリッパー。
舞台で怪我をして、復帰を諦め、東京から故郷・札幌に戻り、すすきのの不動産屋へ行く。
すすきのの小さな店を借りて、女の子の踊りを見せるバーを開こうと思っていた。
不動産屋の社員・竜崎は親身に相談に乗ってくれた。
彼に踊り子探しを頼むと、2人の候補を連れてきてくれた。
23歳の瑞穂と、20歳のみのり。
開店までの1カ月、ノリカは2人にダンスの特訓を開始する。
店の名前は、「ダンスシアター/NORIKA」と決めた。

桜木紫乃氏の本はこれが14冊目。
これはもう、大興奮のおもしろさ!
元ストリッパー、ノリカがカッコよくて、痺れた。
桜木氏は以前からストリップの大ファンらしい。
ただし、ノリカが瑞穂とみのりに教えるダンスは、服を脱がない。
ノリカは師匠の静香の厳しい教えを常に思い出しながら、瑞穂とみのりを鍛える。
みのりは師匠のノリカに激しく憧れる。
女性同士の師弟愛の小説なんて、初めて読んだ。
これは傑作!
強くお薦めします!

キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古4日目。
4・5・6場の立ち稽古をしました。
6場でついに改訂が必要な箇所が見つかりました。
まあ、ほんの少しですけど。
今回の芝居もたくさんの役者が複数の役を演じるし、転換もいっぱいあるで、段取りは複雑。
しかし、役者たちはすぐに覚えて、動いてくれました。
快調快調!
来週の稽古も楽しみです!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2