So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

猫を拾いに [本]

6月13日(水)
川上弘美『猫を拾いに』(新潮文庫)読了。

猫を拾いに (新潮文庫)

猫を拾いに (新潮文庫)

  • 作者: 川上 弘美
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2018/05/29
  • メディア: 文庫


川上弘美が雑誌「クウネル」に連載した掌編21を収録した本。

川上弘美氏の本はこれが37冊目。
いつも通り奇妙な話、摩訶不思議な話ばかりだが、その中ではわりと真っ当な『クリスマス・コンサート』という作品がおもしろかった。
キュンとした。

今日は午前中、妻と二人で乃木坂の国立新美術館へ行き、『ルーヴル美術館展』を見てきました。
テーマは「肖像芸術」。
紀元前2000年のエジプトの女性の小像から、19世紀のフランスの家族の肖像まで、様々なものが展示されていました。
絵が少ないのがちょっと残念でしたが、ボッティチェリ、ベラスケス、ゴヤ、アングルなどの作品があったのはうれしかった。
『ルーヴル美術館展』は9月3日まで開催中です。
そして、夕方から、キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古7日目。
台本2周目に入り、1・2・3場の立ち稽古をしました。
2周目は転換の段取りを決めながら。
主役だろうが、ゲストだろうが、空いている役者みんなに転換してもうらのが、僕の演出。
でも、今回はいつもよりちょっと少なめ。
明日はこの続きと、ダンス振付の2回目。
楽しみです。


nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2