So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

終りなき夜に生れつく [本]

6月26日(火)
恩田陸『終りなき夜に生れつく』(文藝春秋)読了。

終りなき夜に生れつく

終りなき夜に生れつく

  • 作者: 恩田 陸
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2017/02/20
  • メディア: 単行本


アフリカ北部の某国。
須藤みつきは、ボランティアで世界中に医師を派遣する団体に入っている医師。
仲間4人とこの国へ来た。
お姉言葉を話す陽気な医師・軍勇司(いくさゆうじ)と親しくなる。
ある日、ヒドゥ族に悪魔が現れたという噂を聞く。
彼らが住むのは、「イロ」の強い地域。
悪魔とは超能力が使える者・在色者なのだろうか?
5人はヒドゥ族の部落へ向かう……。

恩田陸氏の本はこれが57冊目。
短編4つを収録した本で、上記は一つ目の『砂の夜』。
どの話も『夜の底は柔らかな幻』の登場人物たちが主人公で、彼らの前日譚を描いている。
が、『夜の底は柔らかな幻』を読んでいなくても楽しめる。

今日は10時から、キャラメルボックス俳優教室の授業。
2人コントの4回目。
相変わらずあまり笑えなかったけれど、みんな大分慣れてきた様子。
コントらしいコントになってきました。
9組中1組が合格!
やっぱり合格者が出るとうれしいものです。
「他の者も続け!」と思います。
14時から、キャラメルボックス2018サマーツアー『エンジェルボール』の稽古18日目。
9・10場、10・11場、11・12場、12場を復習した後、1~6場を通しました。
通すとやっぱりいくつかミスが出る。
何度も繰り返して、慣れるしかありません。
上演時間は53分ちょっと。
前回より2分伸びました。
明日は後半を通します。
nice!(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1