So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

もっと知りたいエル・グレコ [本]

7月30日(月)
大高保二郎+松原典子『もっと知りたいエル・グレコ』(東京美術)読了。

もっと知りたいエル・グレコ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいエル・グレコ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者: 大高 保二郎
  • 出版社/メーカー: 東京美術
  • 発売日: 2012/10/10
  • メディア: 単行本


16世紀のスペインの画家エル・グレコの作品と生涯を解説する。

「アート・ビギナーズ・コレクション」はこれが36冊目。
エル・グレコの本名は、ドメニコス・テオトコプロス。
クレタ島生れのギリシア人。
1541年、クレタ島の首都カンディアで、収税吏の息子として生れた。
21歳の頃、イコン画家として、独立。
1567年、イタリアのヴェネツィアへ移住し、本格的な油絵制作を開始。
1570年、ローマに移住。
1576年、スペインのトレードに移住。いきなり人気画家となる。
1582年、宮廷画家を目指すが、失敗。
1588年、代表作『オルガス伯爵の埋葬』を完成。
1614年、73歳で死去。
代表作は、『聖衣剥奪』『受胎告知』『トレード風景』『無原罪のお宿り』『ラオコーン』など。
主に宗教画を描いたが、肖像画・風景画も巧み。
宗教画では、人物を細長く描く特徴があり、凄いのになると、15等身の人物も!
しかし、肖像画はきわめてリアルで、非常に巧い画家だとわかる。
晩年の宗教画は表現主義的になり、没後は「奇矯な(エストラバガンテ)画家」と呼ばれ、忘れられた。
再評価されたのは250年後で、ピカソは熱愛したらしい。
スペインでは「ドミニカ・グレコ」と名乗ったが、あだ名は「エル・グレコ」。
意味は「ギリシア人」。

10時より、キャラメルボックス俳優教室の授業。
明日のセリフ発表会に備えて、台本練習をみっちりやりました。
みんな本当にうまくなってきた。
チームごとのまとまりもよくなり、明日が楽しみになってきました。
授業終了後は、中野駅前の歯医者さんへ。
先生と相談して、根が割れた2本を抜き、ブリッジをかぶせることにしました。
子供の頃から、チョコとコーラを摂取し続けてきた報いですね。
若い皆さん、甘いものはほどほどに!
ハミガキは綿密に!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2