So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

静かな雨 [本]

7月31日(火)
宮下奈都『静かな雨』(文藝春秋)読了。

静かな雨

静かな雨

  • 作者: 宮下 奈都
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2016/12/12
  • メディア: 単行本


行助(ユキスケ)は会社が倒産し、無職になった。
最寄り駅の近くのパチンコ屋の駐輪場に、プレハブのたいやき屋があった。
女性1人でやっていて、買って食べてみたら、物凄くおいしかった。
やがて、行助は昔いた大学の助手に採用された。
たいやき屋にはその後も通い続け、主のこよみさんとも親しくなった。
田舎から母が来た日、行助は母をたいやき屋に連れていった……。

宮下奈都氏の本はこれが16冊目。
帯に「本屋大賞受賞第一作」とあったが、巻末を見たら、この小説が雑誌に発表されたのは2004年。
受賞を機に、昔書いたものを出版したということだろう。
いわゆるボーイ・ミーツ・ガールの物語だが、「こよみ」という人物が風変わりで、魅力的だった。

今日は1230から、キャラメルボックス俳優教室の第二回セリフ発表会。
小多田直樹、鍛治本大樹、小林春世、石川彩織、島野知也、生田麻里菜、山本沙羅が見にきてくれました。
どの組も昨日の授業よりよくなっていて、うれしかった。
1カ所だけ、物凄くおもしろいギャグがあって、大笑いしてしまいました。
そのギャグは昨日も2回見ていて、その時は全く笑えなかったのですが、おそらくテンポがよくなったせいでしょう、断然おもしろく見えました。
『ブリザード・ミュージック』1場は非常に難しいシーンなのですが、4組ともちゃんとした芝居に仕上げてくれました。
よかったよかった!
次の金曜の殺陣の授業で、第二クールはおしまい。
2週間の夏休みに入ります。
生徒たちには、「せっかく鍛えた体力をキープしておくように」とお願いしました。
第三クールの始まりが楽しみです。
頑張れ、16期生!

nice!(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 1