So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

NHK迷宮美術館 巨匠の言葉 [本]

8月1日(水)
NHK迷宮美術館制作チーム『NHK迷宮美術館 巨匠の言葉』(三笠書房)読了。

NHK『迷宮美術館』巨匠の言葉

NHK『迷宮美術館』巨匠の言葉

  • 作者: NHK『迷宮美術館』制作チーム
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2009/11
  • メディア: 単行本


NHKのテレビ番組『迷宮美術館』の制作チームが、世界美術の巨匠の言葉27を紹介する。

ロートレック「人間は醜い。されど、人生は美しい」
セザンヌ「リンゴでパリを驚かせてみたい」
マグリット「私は現実と向き合うことでしか仕事ができない」
言葉自体は美しくもなければ詩的でもないが、この人がこのタイミングで言ったのだとわかると、俄然光を帯びてくる。
名言ではないが、とても貴重な言葉のカタログ。

今日は13時より、アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』の稽古1日目。
顔合わせと読み合わせをしました。
出演者は25名(うちダブルキャスト1組)。
そのうち、前回の『おおきく振りかぶって』にも出ていたのが10名。
脚本第二稿を最初から最後まで2回読みました。
一色洋平君と加藤潤一君が抜群におもしろかった!
まだ読み合わせなのに、すばらしいテンションで、キャラクターと感情を表現してくれました。
前作が好評だったので、今回はプレッシャーを感じていたのですが、この二人の演技で「行ける!」と思いました。
他のみんなが明日以降どんな演技を見せてくれるかも楽しみです。
もちろん、僕も頑張ります。
お楽しみに!

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 3