So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

キレイ [本]

8月6日(月)
松尾スズキ『キレイ』(白水社)読了。

キレイ―神様と待ち合わせした女

キレイ―神様と待ち合わせした女

  • 作者: 松尾 スズキ
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2000/06
  • メディア: 単行本


今の日本とは別の日本。
キグリ、クマヅ、サルタ、三つの対立する民族による多民族国家で、100年にわたって戦争が続いている。
ケガレは、マジシャン、カウボーイ、マタドールの3人にさらわれ、10年間、地下室で育てられた。
10年ぶりに地上に出て、ダイズ回収業者カネコキネコとその家族たちと出会う。
ダイズとは、大豆から作られた兵士で、死体は再処理によって食料になる。
ケガレはキネコの仲間になるが……。

2000年6月に初演された脚本。
演出は松尾スズキ氏で、「ケガレ」役は奥菜恵。
他に、南果歩、篠井英介、古田新太、片桐はいり、秋山菜津子、阿部サダヲ、宮藤官九郎などが出演。
破天荒な物語で、後半はついていくのが大変だったが、セリフのセンスは抜群。
意外なことに、唐十郎氏や野田秀樹氏との類似性を感じた。
近年、再演されたらしい。

アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』の稽古5日目。
1130より、稽古場で美術会議。
一本目の美術をベースにして、それにいろいろ修正を加えていくことになりました。
1300より稽古開始。
最初の90分は、トレーニング委員会主導によるトレーニング。
1430より台本練習。
7・8・9場の立ち稽古をしました。
猪野広樹君と加藤潤一君の提案により、いきなり役が2つ増えました。
こんなことは前代未聞ですが、とてもおもしろいアイディアだと思い、同意しました。
ただし、この2つの役の出番は一瞬です。
演じるのは加藤潤一君と多田直人です。
本当に一瞬なので、どうかお見逃しなく!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2