So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

仮面山荘殺人事件 [本]

8月7日(火)
東野圭吾『仮面山荘殺人事件』(講談社文庫)読了。

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1995/03/07
  • メディア: 文庫


樫間高之はビデオ制作会社の社長。
結婚式の直前に、婚約者・森崎朋美を交通事故で亡くした。
3カ月後、朋美の両親から、別荘に招待された。
別荘には朋美の両親を含めて7人の人々が集まっていた。
初日の夜、別荘に2人組の男がやってくる。
2人は逃亡中の銀行強盗で、仲間が迎えに来るまでここに言い、8人を監禁した!

東野圭吾氏の本はこれが64冊目。
1990年に出版された作品で、サスペンスタッチの本格ミステリ。
見事などんでん返しで、あっと驚かされた。
これ、芝居にできるんじゃないかしら……。

今日は11時より、西葛西の東京放送芸術&映画俳優専門学校のスペシャル公演『ブリザード・ミュージック』の第一回美術会議。
今回から、キャラメルボックス俳優教室の卒業公演で何度もお世話になっている、稲田美智子さんが美術家として参加することになりました。
稲田さんはセンスがいいので、とても信頼しています。
今日は一回目だったにもかかわらず、詳細なプランを作ってきてくれました。
で、一発オーケイ!
これで安心して稽古を始めることができます。
13時より、アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』の稽古6日目。
10・11・12場の立ち稽古。
11・12場は長いので、12場の途中で時間切れとなりました。
9~12場は野球の試合のシーンなので、ワンプレイごとに役者の動きを確認しなければならない。
12場の稽古が始まる頃には、頭がパンク寸前でした。
が、ようやくこれでラストに到達。
『おおきく振りかぶって/夏の大会編』の全貌が明らかになりました。
この原作の魅力は何と言っても、対戦する2つのチームの心理戦。
今回は前作以上に、この心理戦が楽しめると思います。
もちろん、ドラマもちゃんとあって、感動できるところもいっぱい。
おもしろい芝居になりそうです。
お楽しみに!

nice!(2) 

nice! 2