So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

突然炎のごとく [映画]

8月10日(金)
フランソワ・トリュフォー監督『突然炎のごとく』(1962年)WOWOWで鑑賞。

突然炎のごとく Blu-ray

突然炎のごとく Blu-ray

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray


パリ。
オーストリア人のジュール(オスカー・ヴェルナー)はフランス人のジム(アンリ・セール)と知り合い、友達になった。
2人とも詩や小説を書いている文学青年だった。
ある日、2人はアドリア海の島にある石像の女性の顔に魅了された。
しばらくして、2人はその顔とそっくりの女、カトリーヌ(ジャンヌ・モロー)と出会った。
ジュールは彼女に求婚し、一緒に暮らし始めた。
やがて第一次世界大戦が始まり、ジュールとジムはそれぞれの祖国の軍人として戦線へ行った……。

名作と誉れ高い映画だが、全くついていけなかった。
カトリーヌはジュールと結婚しても、次々と愛人を作る。
ジムとも付き合う。
そんなカトリーヌを、ジュールは愛し続ける。
公開当時は新しい愛の形ともてはやされたのかもしれないが、今見ると、単にカトリーヌが異常な女としか思えない。
そんな女性を体現してみせるジャンヌ・モローは凄いと思うが。

キャラメルボックス2018グリーティングシアター『ながれぼしのきもち』のチケットの売れ行きが好調なようです。
脚本は真柴あずきが現在執筆中。
途中まで読ませてもらいましたが、おもしろいおもしろい!
関根翔太演じる主人公が、出ずっぱりで活躍しています。
舞台が東京でなく、瀬戸内海の小島というのも新鮮でいい。
方言をしゃべる人がいっぱい!
山口県の島なので、山口弁です。
真柴さんにとっては地元の言葉なので、とっても自然で、かつ温かい。
その島は、真柴さんのおばあさんが住んでいたところなのです。
真柴ファンは絶対に見逃してはいけませんぞ!
あ、関根ファンもね!

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2