So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

仮想儀礼(上) [本]

9月7日(木)
篠田節子『仮想儀礼(上)』(新潮文庫)読了。

仮想儀礼〈上〉 (新潮文庫)

仮想儀礼〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 篠田 節子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2011/05/28
  • メディア: 文庫


鈴木正彦は東京都庁に勤めていたが、ゲーム作家を目指して、退職。
5000枚の原稿「グゲ王国の秘法」を書き上げたが、依頼主の矢口誠が失踪。
すべてが御破算になり、妻は家を出ていった。
新宿で偶然、矢口を見つけたが、彼も仕事に失敗し、ホームレスになっていた。
正彦は矢口への恨みを捨て、二人で金儲けのために、宗教団体を立ち上げようと計画する。
教団名は「聖泉真法会」。
まずはインターネットで悩み相談を始めるが……。

2009年度柴田錬三郎賞受賞作。
2人の男が金儲けのために、ゲーム小説をベースにした宗教団体を設立する。
このとんでもない設定を、篠田節子氏はいつものごとく、きわめてリアルに描いていく。
「聖泉真法会」は2人の予想をはるかに越える巨大な団体に成長していく。
下巻はひたすら転落していくのだろう。
怖いけど、読みたい!

アルテメイト・プロデュース『おおきく振りかぶって/夏の大会編』の本番初日。
ミスはいくつかあったけど、昼間のゲネプロより格段におもしろい芝居になりました。
役者たちが集中し、お客さんの反応に対応して、演技を随時修正した結果です。
カーテンコール、ダブルまでは練習していたのですが、なんとトリプルになってしまった。
終演のアナウンスが入ったのに、拍手が鳴りやまなかったのです。
楽屋に戻っていた役者もいたのですが、慌ててみんなで舞台に出て、主演の西銘駿君が挨拶しました。
終演後は楽屋ロビーで乾杯。
お客さんの反応がとてもよかったので、明るい笑顔で乾杯することができました。
よかったよかった!
キャラメルボックスからは、妻の伊藤ひろみ、岡田達也、筒井俊作、小多田直樹が見に来てくれました。
妻にも褒めてもらえて、とてもうれしかったです。

nice!(3) 
共通テーマ:演劇

nice! 3