So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『週刊文春』と『週刊新潮』 [本]

10月2日 (火)
花田紀凱+門田隆将「『週刊文春』と『週刊新潮』」(PHP新書)読了。

『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕 (PHP新書)

『週刊文春』と『週刊新潮』 闘うメディアの全内幕 (PHP新書)

  • 作者: 花田 紀凱
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2017/12/17
  • メディア: 新書


月刊「Hanada」編集長の花田紀凱(かずよし)と、ノンフィクション作家の門田隆将(りゅうしょう)が、日本の二大週刊総合誌、『週刊文春』と『週刊新潮』について語り合う。

花田氏は週刊文春の編集長を6年、門田氏は週刊新潮の記者を25年やっている。
その二人が、自分が関わった記事について、事件について語り合うのだから、おもしくないわけがない。
が、現在の二誌に対する見方はとても厳しい。
年寄りの「昔はよかった」話だなとも思ったが、非常にためになり、かつとても楽しめた。
お薦めです。

羽田発1155の飛行機でソウルに来ました。
そして、2000から、大学路の劇場で、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を見ました。
一昨年の『容疑者Xの献身』に続いて、僕の脚本が上演されたのです。
韓国でも東野圭吾さんは大人気なのです。
韓国の演劇のレベルは非常に高く、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』もすばらしい芝居になっていました。
400人くらいの劇場で、2カ月のロングランというのも凄い。
僕も頑張らなくちゃ !


nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2