So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ロミオ&ジュリエット [映画]

10月6日(土)
バズ・ラーマン監督『ロミオ&ジュリエット』(1996年)WOWOWで鑑賞。

ロミオ&ジュリエット [DVD]

ロミオ&ジュリエット [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


現代、ヴェローナ・シティ。
大金持ちのモンタギュー家とキャピュレット家は長年にわたって対立を続けていた。
モンタギュー家の長男ロミオ(レオナルド・ディカプリオ)は片思いに悩んでいた。
が、親友マキューシオ(ハロルド・ペリノー)に誘われ、キャピュレット家の仮装パーティーに潜り込む。
そして、背中に天使の羽を着けた美少女と出会う。
彼女はなんと、キャピュレット家の長女ジュリエット(クレア・デーンズ)だった。
ロミオはマキューシオたちと別れ、ジュリエットの姿が見えたバルコニーに向かう……。

言わずと知れた、シェークスピア『ロミオとジュリエット』の映画化。
ミュージカルが得意なバズ・ラーマン監督は、舞台を現代の南の海辺の町に移し、ど派手に演出。
モンターギュー・キャピュレットの若者たちは二丁拳銃をバンバン撃ち合う。
ところがセリフは原作の古い詩的な言葉のまま。
このミスマッチがおもしろい。
レオナルド・ディカプリオは人気が出たばかりの頃で、水も滴る美しさ。
はっきり言って、ジュリエット役のクレア・デーンズより美しい。
これなら人気が出るわな。
しかし、僕はもともとこの話が好きではないし、当時は斬新だった演出も、今見ると単にマンガチックなだけ。
フランコ・ゼフィレッリ監督が、オリビア・ハッシー主演で、真っ当に映画化した、1968年版の方が好きです。

今日は、キャラメルボックス2018グリーティングシアター『ながれぼしのきもち』所沢公演。
所沢市民文化センター・ミューズ・マーキーホールで、14時開演です。
マーキーホールは定員800人弱で、中野ザ・ポケットの約5倍。
ほぼ池袋サンシャイン劇場と同じ。
中野ザ・ポケットでやった芝居がどう変化したか、ぜひぜひ見届けてください。
お待ちしています。

nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2