So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

沈黙の自衛隊 [本]

10月7日(日)
瀧野隆浩『沈黙の自衛隊』(ポプラ新書)読了。

(076)沈黙の自衛隊 (ポプラ新書)

(076)沈黙の自衛隊 (ポプラ新書)

  • 作者: 瀧野 隆浩
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2015/12/01
  • メディア: 新書


毎日新聞社会部編集委員の瀧野隆浩が、自衛隊の歴史と現状を解説する。

自衛隊の歴史を振り返る中で、三島由紀夫自決事件、地下鉄サリン事件などを、自衛隊の視点から描いた部分が非常におもしろかった。
自衛隊は発足から十数年、国民の支持が得られず、国民から「愛される」ために、必死で努力してきた。
作家の大江健三郎は、毎日新聞のコラムで、「ぼくは防衛大学生をぼくらの世代の若い日本人の一つの悩み、一つの恥辱だと思っている」とまで書いた。
が、現在、国民の自衛隊に対する支持率は90パーセントを越える。
数々の災害における自衛隊員たちの奮闘努力が、国民の意識を変えたのだ。

今日は、八王子にある、日本工学院八王子専門学校で、ワークショップ。
1100~1230、1400~1530の2本をやってきました。
学校は今日から学園祭。
僕のワークショップのイベントの中の一つでした。
2回とも30名の定員で、この学校の学生や、近隣の高校生が参加してくれました。
90分しかないので、ゲーム、ウォーキング、発声、リトミック、二人組朗読などを駆け足でやりました。
みんなやる気いっぱいで、とても楽しかった。
僕の控室には講師の先生方の写真が飾ってあったのですが、その中に声優の千葉繁さんがいました。
千葉さんの講義が受けられるなんて、うらやましい!

nice!(3) 

nice! 3