So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

身もフタもない日本文学史 [本]

10月31日(水)
清水義範『身もフタもない日本文学史』(PHP新書)読了。

身もフタもない日本文学史 (PHP新書)

身もフタもない日本文学史 (PHP新書)

  • 作者: 清水 義範
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2009/07/16
  • メディア: 新書


小説家の清水義範が、ざっくばらんな文章で、日本の文学史を語る。

清水義範氏の本を読むのはこれが4冊目。
清水氏は1947年生まれで、愛知教育大学を卒業。
国文学の専門家ではないと言いながら、日本文学史の名作の分析はきわめて正確で、納得できるものだった。
〇『源氏物語』は奇跡。
〇『枕草子』はセンス自慢。
〇吉田兼好は意地悪おじさん。
〇『土佐日記』『奥の細道』『坊っちゃん』などの紀行文学は悪口文学。
〇井原西鶴と近松門左衛門は庶民の文学を創始した。
〇現代の文章は夏目漱石が作った。
などなど。
これ一冊で、日本文学史がわかる。
とてもためになる本です。

11時より、キャラメルボックス2018クリスマスツアー『リトル・ドラマー・ボーイ』の第二回美術会議。
美術プランが概ね決まりました。
続けて、衣裳会議もあり、各役の衣裳プランも決定。
準備は着々と進んでいます。
で、17時より、稽古3日目。
4・5・6場の立ち稽古をしました。
わかっていたことですが、鍛治本大樹と阿部丈二は出ずっぱりで、大変そう。
6場でちょうど半分ですが、2人はほとんど舞台上にいます。
本番中、下痢になったらどうするのかしら。
食べ過ぎ飲み過ぎにはぜひとも注意してほしいです。



nice!(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 2